第8話 初めて感じる大切さ

「このまま入院ですね」
え!?
今までのは間違いだったの?

中学2年、冬のある朝
目覚めるとなぜか腰が痛く
靴下が履けない。
独りで着替えることができず
母に手伝ってもらう。

絶対変だと思い病院に行く。
「神経痛ですね」
痛み止めをもらい家へ帰る。
こんな事が高校1年の冬まで何度か続いた。

「腰椎間板ヘルニア」
これが病名だった。
背骨の骨と骨の間にある軟骨がはみ出し
骨の側を通る神経に触れ
激しい痛みを伴い下半身が不自由になる。
その時僕は
まともに立つことも
座ることも出来なかった。
寝ることも出来ず
徹夜明け
別の病院へ行ったのだ。

この日が高校1年から
2年になる時の春休み初日。
病院は高校から30m向かい
道路を挟んだ所にあった。

一週間程度で激しい痛みからは開放され
ひょこひょこと歩けるようになる。
黄昏(たそがれ)て屋上へ行く。
高校のグラウンドで
元気に部活動をしている生徒達が見える。

ほんの一週間前までは
僕も元気だったのに。。。
そう思うと涙が出てきた。

健康第一

誰もが知っている言葉だ。
しかし
本当の意味を知っている人は少ないと思う。
失って初めて感じる大切さ。
この世には
初めから不自由な体で生まれてくる人もいる。
その人たちの分も
健康な体で生まれてきた人は
精一杯健康に生きていく義務が
あるのではないだろうか?

正直、君には出会いたくなかった。
でも君のお陰で大切なことを知った。
出会ってしまった以上
プラス方向に生かしたい。
君とは一生の付き合いになるらしいからね。


Form Martin


戻る