第5話 僕の居場所がなくなった

彼女との事件の翌日。(第4話「もう誰も信じない」参照)
僕はクラスで一番仲良かったH君に
前日のことを話す。
彼もまた良き相談相手だった。

「信じられないだろ。なんなんだ、これ!」
すると、彼は一言こう言った。

「ごめん、俺も知ってた」

「なにぃィィィ!!」

僕はグーで彼を殴った。
もうビンタではすまされない。
今思うとやっぱり僕は手が早いようだ。
大人になっても違う方面で手が早いが。

彼女との雰囲気が悪くなり始めた頃から
「JちゃんがNとマーチンを二股にしている」
と学校中で有名になっていたそうなのだ。
よくそれで、一言も僕の耳に入らなかったものだ。

クラスに僕の居場所はもうない。
彼女と僕は3組。
1組に無二の親友がいた。
そう、モーホー伝説の彼だ。(MyDear...「笑えない大人」参照)

彼を中心に3、4人仲のよい人がいた。
そこが唯一のより所となった。
彼らはこのことを知らなかった。

事の成り行きを説明する。
なんと言ってもらえたかは覚えていない。
でも「まだ僕には味方がいるんだ」と
救われたのを覚えている。
みんながいなかったら
その時僕はどうなっていたか。。。

絶望の縁に立った中学3年、秋。
この後暫く僕は好きな人ができなかった。
三度に渡る裏切りは
人間不信になるのに充分な理由だった。

人は簡単に信用しない方がいい。
信用するのは勝手だが、裏切られるのもまた勝手なのだ。
嫌なことを学んだ。

しかし、全部が敵にまわったと思っても
必ず味方になってくれる人がいる。
嬉しいことも学んだ。

僕は君達に救われたよ。

Form Martin


戻る