第4話 もう誰も信じない

「あははは。それでね。。。」
「ふーん、そっかー」
「そう言えばさ、あの返事まだもらってないんだよね」
「あ。。。覚えてた?」
「もちろん!!」

そう!この子はあの彼女なんだ。
ラブレターを贈って実に1年3ヶ月が過ぎていた。
中学2年、2月。
もうすぐ3年生になろうとしていた。

「何の返事だっけ?」
「げぇー、すっげー意地悪ぅ〜」
「。。。もう一回言ってよ」
「え!?」
「お願い。。。」

どきどき!どきどき!

なんかいい雰囲気だ。。。
これは。。。

「俺とさ、俺と付き合って欲しい」
「。。。うん、いいよ」

待つ事1年3ヶ月。
僕達は晴れて付き合う事になる。
僕の人生も脳みそもバラ色!
そんな中学3年がスタートする。

一学期が終わり、二学期、体育祭が終わり文化祭。
ちょうどその頃、何か彼女との空気が変だった。
何か分からないが変だった。
そんな中、文化祭が終わった。

いろいろ忙しかったので
よし、これで会えると思った。
デートの約束をした。
10月10日体育の日に遊園地に行くことに。

僕は親友N君に彼女の事を相談する。
いろいろアドバイスをしてもらう。
とにかく楽しく過ごすのが一番だろうと。
頑張ってこいと励ましてもらう。

10月9日前夜、多分遅い時間だった。
11時とか12時とか。
彼女からの電話がなる。
明日は私の家に来て欲しいと。
特に断る理由も見当たらず、うんいいよと返事をする。

10月10日当日。
僕は生意気にケーキを買っていざ出陣。
彼女には妹がいるので少し多めに。
さぁ、いくぞ!

バスで彼女の家へ。
停留所を降りて5分だ。
この角を曲がれば到着。

え!?

!!

なぜか僕は隠れてしまった。
ちょっと待て。
もう一度。。。

彼女の家の前にいるのはNじゃないか!
どういうことだ!?

訳がわからないままNの前に。
「なんで?」
「。。。」
彼の手を引き、曲がり角まで連れて行く。

「えっ、そういうこと?」
「。。。うん」

!!

言葉が出ない。
そこに妹が彼を探しに来る。
走り去った後に彼女も現れる。
そして家の前まで引き戻された。

そこで何を話したのか覚えていない。
僕はケーキを投げつけ、
生まれて初めて女の子にビンタをはった。
涙まじり、渾身のビンタだった。
その後どうやって帰ったのかも覚えていない。

中学3年、14歳にこの出来事はつらかった。
大人になった今でさえ、こんな出来事はそう無い。
みんな子供だった。
だからこんな事になったのだろうか。

遠いあの日の、
君と彼とのこの事件が
後の僕に大きな影響を与えていく。

Form Martin


戻る