第2話 頑張ることを教えてくれた君

「お兄ちゃんかっこいい!」

兄がフォークギターを弾いている。

チャンチャカ♪チャンチャカ♪
「夏もそろそろ終わりねと、きぃ〜みぃがいう〜♪」
※長渕剛「夏祭り」より

ぼー。。。
「お前もやる?」
「やるやる!」

フォークギターには大きく3つの弾き方があるんだ。
ジャカジャカやる「ストローク」
静かに語る「アルペジオ」
フォーク特有のリズムにのる「スリーフィンガー」
「夏祭り」は一番難しいスリーフィンガーだ。
右手の指が凄い速さで動くんだ。
初めて見ると、人間技とは思えない。

やってみる。
出来ない。
そもそも左手で弦が押さえられない。
痛くて10秒もたない。

「お兄ちゃんの手はどうなってんの?」
。。。!!
硬い。
タコができて、かかとの裏みたいに硬い。
すごいなぁって感動する。
兄がとてもかっこよく見えた。

「お母さん、ギター買って!」
次の日に早速おねだり。
買ってくれるわけがない。
どうせすぐに飽きるんだからと。
3日、5日、7日。

「お母さん、見て見て!」
チャンチャカ♪チャンチャカ♪
得意顔で弾いてみせる。
一週間で前奏が弾けるようになったんだ。
これには兄も驚く。

お年玉を前借りするという条件で買ってくれる事に。
近所の質屋さんへ。
質流れのギターがあるかもと母に連れられて行く。
あった!凄いタイミングだ。
1万円也。

もう嬉しくて仕方ない。
勉強そっちのけでギターを弾く。
弾く弾く弾く。

深夜は怒られるからタオルを巻いて弾く。
左手が痛い。
バンドエイドは大きすぎて邪魔だから
セロテープをぐるぐる指先に巻いて弾く。

2、3曲弾けるようになった頃
友達が急に増えた。
実はそれまで僕は嫌われ者だったんだ。
生意気だって。

でも、マーチンはギターが弾けるらしいと
これまで喧嘩しかしなかった人達が
集まって来るようになった。
今まで仲が悪かった人達ほど
仲良くしてくれるようになったんだ。

僕はギターと出会って頑張ることを知った。
頑張った僕を認めてくれた人が友達になった。
先生も認めてくれて音楽の時間に伴奏させてくれた。
認めてもらえる事の喜びを知ったんだ。

君に出会って僕の人生は大きく変わったと思う。
もうすぐ17年の付き合いになるね。


Form Martin


戻る