want the moon って知ってる? (2002年7月16日 第129号)

親愛なる君へ

「元気ですか?」

元気です。
ずっと連絡しなくてごめん。
話がしたいけれどできない・・・
そんな気持ちだったんだ。

「何でこうなったんだろう・・・。
 私にはわかりません」

でも、本当は・・・きっと君もわかっていると思うんだ。

いつの頃からだろう・・・。
もの言いたげな君が、だまって僕の側にいるようになったのは・・・。


出逢ってすぐに行った一泊旅行、とてもよく覚えています。

彼とふたりで旅行をするのがキライだった君。
何も知らずに誘った僕。

旅先で、そんなことを言われて仰天して。
でも、僕は君の心配ごとなんてクリアして。
・・・とても楽しかったよね。

本当に、いつの頃からだろう・・・?
もの言いたげな君が、
だまって僕の側にいるようになったのは・・・。

遠慮して僕の顔をみている君をみると、
どうしても・・・僕もなにも言えなくなってしまう。

恋って、だまっちゃいけないんだ。
恋って、気持ちを出さなきゃダメなんだ。
恋って、気持ちのキャッチボールなんだよ。

これじゃダメだって・・・。
がんばったんだけど・・・。

「楽しいことも辛いことも、沢山ありました。
 ふり返れば、全部優しい想い出です」

うん・・・。
うん・・・。

「今まで本当にありがとう。・・・・・」

・・・ありがとう。
・・・・・。

P.S.「want the moon って知ってる?」って僕に聞いたじゃない?
    立派に答えたけれどもね、
    実はあのとき、あせって辞書をしらべてたんだよ。
                                From Martin


戻る