今の君はハタチの君 (2001年4月2日 第85号)

親愛なる君へ

「泣かないけど目が濡れてた。
 また逢える日は遠い。
 どうしよう・・・」

次に逢える日を楽しみにする。

これが大事だと思うけれどね。

「明日があるさ」※1という歌が流行っている。
知ってるかい?

あし〜たがある♪
あし〜たがある・・・っていうヤツ。

確かに明日はある。
明日は万人平等、必ずやってくる。

でも明日をどう使うか?
明日をどう迎えるか?
これは君次第なんだよね。

僕はこう思う。
明日が楽しみな人生は楽しい。
明日もつまんないなぁという人生は
つまらないんだ。

暫く逢えないことを嘆くより、
彼と結ばれたことを喜んで
次に逢える日を楽しみにしよう。

長い片想いの末
やっと結ばれた二人。
幸せに浸るまもなく・・・
離れ離れになるのはツラい。

でも・・・
もう30歳。
これくらい頑張らなきゃ。

忘れていた、
眠っていた切ない想い。
今の君はハタチの君・・・
なのかもしれないね。

P.S.桜が満開だよ。明日は花見にでかけよう。
                                From Martin

※1 Re:JAPAN「明日があるさ」/ウルフルズ「明日があるさ(ジョージアで行きましょう編)」より

戻る