花で贈るメッセージ (2000年6月21日 第17号)

親愛なる君へ

お姫様が川面に綺麗な花を見つけました。
でも手が届かず取れません。
そこに鎧をまとった騎士が現れました。
騎士はお姫様の為に花をとってあげることにしました。
ところが、足を滑らせてしまい川に落ちてしまったのです。
鎧が重くて泳げません。
騎士は沈みゆくなか、花をお姫様に投げながら
「どうか、私のことを忘れないで下さい」
と言って沈んでしまいました。

この話知ってる?
「勿忘草(わすれなぐさ)」の由来なんだ。
そして彼の遺言が花言葉になった。

花にはあまり詳しくないけれど
この話から、
花言葉に興味を持つようになったんだ。

バラの花言葉。
共通するのは「愛」。
色によって愛の種類が違うんだ。

パンジー。
「私を想って下さい」

胡蝶蘭(こちょうラン)。
「愛しています」

以前、北海道に行った時、ラベンダー畑を見た。
時期が外れていて、
満開の花は見られなかったけど
画面や写真で見て「うわーっ」と思ったんだ。

気になった花は調べてみる。
「沈黙」
だめだ、かっこよくない。

あれ?でも花言葉って一つじゃない。
「私にこたえて下さい」
「あなたを待ってます」

指輪の誕生石みたいに誕生花もある。
僕は12月12日生まれ。

ほうれん草。
「活力」
僕はポパイじゃないぞ!

わた。
「優秀」
いいけど、
なんてロマンチックじゃないんだ・・・。

ちなみに今日は6月21日。

月見草。
「自由な心」

悩んだ時には、
あれこれ考えずに自由に生きよう。
自然のままが一番いいんだろうね。

P.S.君の誕生花は何だろう?
                                From Martin


戻る