婚約しても、結婚しても、そこがゴールではありません
本当のスタートは子育てが始まってから

離婚しない結婚をしよう

今の世の中、あまりに簡単に離婚する人が多いです。結婚したら離婚しなくて当たり前のはずです。「離婚は人生最大の恥」だと自覚して、離婚しない結婚をしましょう。「この先、50年添い遂げる」そういう心構えを持ちましょう。

婚約しても安心しないで。1/3が婚約破棄に至る現実があります

ご婚約に至った皆さんへ。2018年現在、結婚したカップルの1/3が離婚する現実はご存知だと思います。そして当サイトでのデータを集計すると、婚約したカップルも同様に約1/3が婚約破棄になっています。「婚約破棄なんて滅多にあることじゃない」と油断しないように、入籍まであぐらをかかないようにしましょう。そして、入籍しても初心を忘れないように、感謝の気持ちを忘れないでいてください。

人の気持ちは変わるもの。「変わって当たり前」だと考えよう

離婚、婚約破棄という現実からもわかるように、人の気持ちは変わります。「変わることがある」ではなく、「変わって当たり前」なのです。好きになってもらうことはできても、「好きでい続けてもらうこと」は10倍難しいと心得ること。そして、そのための努力をし続けることが大事です(その方法が ありがとう法 です)。

毎日それが必要とまでは言いません。もちろん、毎日できたら素晴らしいことですが、まずは、<1>それが必要だと知って、<2>時々はそういった行動をする。この心構えを大切にしていきましょう。

結婚したら、家のお財布はひとつにしよう

結婚したらお財布はひとつです。「財布はそれぞれ別にしたい」と思っていることが、その先の離婚に繋がってしまう原因のひとつだと感じます。独身時代のように、自分のお金を自分が使いたいと思ってしまう間は、結婚しない方が良いです。独身時代とは全く別の生活になるのが結婚生活、その自覚と覚悟を持ちましょう。

覚悟とは「捨てること」です(中谷彰宏先生のお言葉)。補足するなら「欲しいものを得るために、先に何かを捨てること」。この件でいえば、独身時代の生活スタイルを捨てること、となるでしょう。

法的には結婚した後の貯金は共同財産。お財布を分ける意味はありません

上記に関連しますが、仮に財布を分けていても法的にはひとつの財布です。一例をあげますと、妻が専業主婦で収入0円。夫は会社員で年収1千万円。1年後に夫の口座に300万円残っていたとするなら、150万円は妻のものです(専業主婦としての役目をきちんと果たしていることが前提です)。

結婚する前から持っていた財産は個人それぞれのものですが、結婚した後に得た貯蓄は二人のものです。詳しい話にご興味がある方は、ネットや専門書でお調べになってみて下さい。

男の子と女の子は違います。男女を尊重して子育てをしましょう

男の子と女の子は違います。今の時代、間違った男女平等の考え方によって、男女を同じように育てようとする人がいますが、これは誤っていると感じます。男の子は男らしく、女の子は女らしく、それぞれの良さを伸ばしてあげることが大切です。特に婚活をしていた人なら、自分が異性に何を求めていたかよくわかると思います。その経験を子育てに生かしましょう。

男の子、女の子、分かりやすい違い

分かりやすい男の子、女の子の違いとして、ぜひ次の2つを覚えて育児に生かしましょう。

  • 喋り言葉の発達スピード(女の子は、男の子に比べて2年程度早い)
  • 活発さ(男の子はじっとしない。歩き回ったり、走ったりする)
  • 他人の子と我が子を比べない

    他の子と、我が子を比べないようにしましょう。「○○さんのお子さんは、もう自転車に乗れるのに、ウチの子は全然出来ない」「○○さんのお子さんは、お店では静かにしているのに、ウチの子はすぐに大きな声を出して騒いで……」などなど。

    比べて劣っている点を見るのではなく、「自転車には乗れないけれど、歌が上手」「すぐ騒ぐけれど、運動は上手で逆上がりができるようになった」など、良い点をほめて伸ばしてあげることが大切です。

    他の子は他の子、ウチの子はウチの子です。交際時代に「前の彼女(彼)は~してくれたのに」などと言われたら誰でも気分を害したはず。同じ失敗を我が子にしないようにしましょう。

    兄弟でも全く違って当たり前

    上記と似たようなお話ですが、兄弟でも全く違って当たり前です。「お兄ちゃんは4歳でこれが出来たのに、弟は5歳になってもできない」等、比べないようにしましょう。「この子はダメね」などと考えると、その気持ちは必ず子供に伝わって、素直な成長を阻害します。

    子供が「できない」と泣いていても、「大丈夫、大丈夫。あなたはママ(パパ)の子なんだから、ちゃんとできるようになるよ(*^^*)」と微笑んで言ってあげてください。子を信じる親の愛情が、子供をまっすぐに成長させる大きな力になります。

    「自由に育って欲しい」はNG!「○○になるのよ」等、道標を見せてあげましょう

    「自由に育って欲しい」と子供を育てるのは誤っていると感じます。そのような育て方をすると、楽な方にしか進まないと思った方がよいです。

    子供は親が見せてあげた道にしか進まない、とほぼ言い切れます。わかりやすい例が、芸能人の子供は芸能人に、政治家の子供は政治家に……と親の職業を継いでいる人が多いことです。強要はいけませんが、まずは「○○になって欲しい」「○○高校に進んで欲しい」「○○はどうかしら?」など、具体的な道を見せてあげましょう。

    英語よりも、国語ができる子育てを

    英語も大事ですが、それよりも「ちゃんとした日本語」を教えてあげましょう。そのために、まずご自身の日本語力を再確認して頂けたらと思います。例えば、社会人になった際に「日報」「報告書」などを書く機会があると思いますが、この時「ちゃんとした文章が書ける人」は5人に1人くらいかと、私自身の経験で感じます。

    また、あまりに字が下手な人が多いです。「字なんか読めたらいい」などと思わないで、キレイな字が書けるように意識しましょう。意識しない限り、キレイな字が書けるようには絶対になれません。自信がない方は、ペン習字を習うことをお勧めします。

    いずれもパソコン社会、LINEやTwitter、そういったコミュニケーションツール発達の悪影響かと思いますが、次世代の子共たちのために、きちんとした文章を書ける、喋れるように心がけて勉強しましょう。


    <お勧めのメルマガ>
    旦那からの冷たいLINE。ええっ、私が原因っ!?
    生活費についてどうするか

    母親の役目・父親の役目(有料メルマガ)
    ヒステリーを繰り返すと愛は消し飛ぶ(有料メルマガ)

    <関連する メルマガのカテゴリ>
    ありがとう法、結婚を意識してもらう交際
    婚約してから結婚までの道のり
    幸せな交際、結婚生活の続け方
    彼や夫の浮気
    セックスレス
    世の中に物申す!

    <関連する 有料メルマガのカテゴリ>
    恋愛教室PREMIUM バックナンバーパック
    10.幸せになりたい、幸せな結婚をしたい、続けたい
    12.イイ男、イイ女&気づかいの極意
    13.人生哲学、成功、勝ち組への道

    2019年4月迄、まぐまぐ恋愛・結婚のカテゴリNo.1(4月で掲載ページ終了)
    恋愛教室PREMIUM 定期購読はこちらです。
    個別相談のご案内はこちらです。