男女交際における気になるポイント。問題解決のポイント

別れた後にポツリと届く、男性(元彼)からのメールやLINEについて

別れた女性(元彼女)に、1ヶ月~数ヶ月後にポツリと「元気? どうしてるかなと思って(^^)」という感じでご機嫌伺いをしてくる男性は非常に多いです。これは正直に言いますと、「またエッチしたくなった」というだけの話であり、復縁したいなどの気持ちは全くないのが現実です。

※交際に至る前に、女性が「やめた方が良い」と感じて距離を置いても、同じことが起こりえます。

私はこのお仕事を21年間続けていますが(2021年現在)、こうしたご機嫌伺いの連絡からきちんと復縁した事例は1件もありません。それくらい、こういう男性の気持ちは真剣ではないということです。

復縁する気持ちがある男性は(つまり、向き合ってくれている男性は)、「この前はごめん。もう一度やり直したい」「自分が悪かったので許して欲しい」など、きちんとしたメッセージが届きます。この場合は復縁できる可能性があります。

別れる時に大事なことは、きちんと別れること

上記のような連絡は、なぜか女性がケジメをつけて次の恋に進もうとした時に届くことが多いです。これを振り切れない場合、また心をかき乱されて再び蟻地獄のようなグレーな交際に逆戻りしてしまいます。

そうならないために別れる際には、「お相手のからの連絡が届かないようにすること」が需要です。具体的には、LINEやメール、電話をブロックすることです。自分が連絡をしないだけではなく、お相手からの連絡も届かないようにしておきましょう。

復縁の方法。復活愛を狙うなら、復縁の三ヶ条を成そう

復縁したいと思っている時は、そのまま頑張って復縁しても同じことが続きます。なぜなら「フラれた自分」のままで何も変わっていないからです。そこで、次の三ヶ条を実行しましょう。自分が変わることができてこそ成就への扉が開きます。(片思いでフラれた場合も同じです)

<復縁の三ヶ条>
1.ダメになった原因を明確にする。
2.それを改善する。
3.お相手に「ああ、あなたは変わったね」と感じてもらう。

少しわかりやすく説明しますと、男女交際は「色と色を混ぜるようなもの」なのです。仮に

・今のあなた = 赤
・彼 = 青

の場合、二人の交際は「紫」という色になります。これは「別れ」という結果でした。つまり、お二人が今のまま「赤と青」で再度交際をしても、結果は同じ「紫」になるので別れることになるのです。

これを防ぐには、どちらかが別の色(別の性格や考え方)になることが必要です。お相手が変わらない前提ですと自分が変わるしかありません。これが先程の

1.ダメになった原因を明確にする。
2.それを改善する。に該当するのです。

「ちょっと話がある」「少し時間を作って欲しい」は禁句

どんな場合でも「ちょっと話があるので時間を作って欲しい」といった言い方は禁物です。言われた側はネガティブな印象をうけますので、望まない別れ話を誘発することが多いです。

およそ、この発言をしてしまうのは「雰囲気がよくないと感じていて、ちゃんと話し合いたい」といった場合です。しかし、このような時は相手の気持ちが盛り下がっているため「ちょっと話がある」なんて言うと、別れ話をされてしまうのです。

また、雰囲気が良くない時に「ちょっと渡したい物があるので会えないかな?」と口実を作って会おうとするのもお勧めできません。渡したい物があるなら「旅行のお土産を渡したい」「お菓子があるから渡したい」など、きちんと伝える方が好印象です。

超重要!恋愛は話し合いでは解決しない

恋愛は話し合いでは解決しません。なぜなら、男女は話し合って交際するものではないからです。分かりやすく言いますと、話し合って交際を決めた人なんていないはずですし、話し合ってセックスするカップルもいないです。

つまり、男女交際は話し合ってするものではないのです。そこで雰囲気が悪い時は、話し合いではなく以下を実行することをお勧めします。

  • 楽しく過ごす。「会ってよかった」と思ってもらうことに注力する。
  • 「○○しよう。○○に行こう」など受け入れてもらえそうなデートの提案をする。
  • <参考>
    話し合いで解決できるのは、お互いが同じ方向を見ている時です。例えば、次のような時です。
    ・お互いに仲直りしたいと思っている時。
    ・お互いに旅行に行きたいと思っていて、計画する時。
    ・お互いに結婚したいと思っていて、計画する時。

    これは言い方を変えれば、話し合いに応じてくれない時は、お相手はそれを望んでいないということです。結婚の準備をしている中で、そういった状況になる場合があります。こんな場合は無理強いしないこと、そして正しい現状把握が必要です。悩んでしまう時はご相談下さい。 >>ご相談のお申込み

    どうしたらいいかわからない。そんな時はどうしたらいい?

    「何をしても効果がなさそう」、「連絡しても望まない返答がきそう」などと感じる時は、何もしないのがベストです。何か行動しないと不安になるため「何かしないと」と焦ってしまいがちですが、それこそが落とし穴です。少なくとも自分自身が冷静になれるまでは、何もせずにじっとすることをお勧めいたします。

    女性が年上。「女性 > 男性」の年齢差について

    20代の男性は女性との年齢差を一切気にせずに口説いてくることがあります。例えば25歳の男性が、35歳の女性にアタックするといった具合です。この時女性は「どうせ遊びなんでしょ?」「からかわれてるんだわ」と感じる方が多いですが、男性目線では「どうしてそんなに年の差を気にするのか、理解できない」という場合が多いです(マーチン自身にも経験があります)。

    その男性が本気かどうかは、お二人のご様子全体から判断する必要がありますが、女性が年上だから、一概に遊ばれているとは言えない ということです。マイナス思考でご縁を棒にふることのないようにしましょう。

    女性が年上の男女交際について

    上記とは別問題として「女性>男性」の交際は難易度が高いです。特に成婚を目指す場合は、成婚した後のことも十二分に考えておくことが必要です。仮に10歳差の場合は、男性が40歳の時に奥さんは50歳。この時男性は「もし逆だったら、奥さんは今30歳なのか」と思い、若い女性とのご縁を欲する可能性が高くなることがあります、そういった事情を踏まえておきましょう。

    マイナス思考の直し方、その1。深みにハマる前にリセットしよう

    ポイントは次の2つです。

  • 深みにハマる前に抜け出す
  • 良い交際のイメージを持つ。
  • まず「深みにハマる前に抜け出す」について。
    マイナス思考になる人は「彼からLINEの返事がない。どうしたのかしら?」→「他の女性と会っているのかしら?」→「そういえば、最近は連絡が減った気がする」のように、どんどん深みに落ちてしまうのが特徴です。

    プラス思考の人は「彼からLINEの返事がない。どうしたのかしら?」→「まあ、そんな時もあるよね。それよりも、今度のゴハンは何を作ってあげようかな?」のように、不安になることを考えても深みにはまらずに、浅い所で元の思考に戻るのです。

    マイナス思考になってしまうクセがある人は、自分が「ああ、またヘンなこと考えてる」と気づいた時に、「ダメダメ!それは考えても仕方がないから。それよりも、今度のゴハンは……」のように強制的に思考を切り替える訓練をしましょう。マイナス思考は深みにはまらなければ大丈夫なのです。

    次に「良い交際のイメージを持つ」について。
    マイナス思考になってしまう人は、良い交際のイメージを持っていない方が多いです。簡単に言いますと幸せな交際をした経験がない人が多いため、幸せな交際、良い交際とはどういうものか、というイメージが持てないのです。そのため、過去のツライ交際のイメージに今を重ねてしまって、「また彼が他の女性を好きになったら、どうしよう」といったマイナス思考が始まってしまうのです。

    これを防ぐために必要なことが「良い交際のイメージを持つこと」です。そこで当サイトの「 ご婚約者&ご成婚者のお便り 」をご覧ください。この中には、どういう交際をして成婚に至ったか詳しくご報告くださっているものがたくさんあります。これらの幸せな交際を見て「良い交際のイメージ」を頭の中で映像として掴みましょう。

    頭の中で「ほわわん」と仲良くお付き合いしている映像が持てたら良いです。この映像でイメージできるということが非常に重要なのです。

    例えばあなたが「家を建てる」という状況を想像してみてください。まず、あなたはハウスメーカーの人に自分の希望する家を伝えることでしょう。「こんな庭があって、二階にはベランダがあって、何部屋あって、屋根の色は何色で、お風呂はこんな感じで……」などなど。

    でも、言葉だけではどういう家なのか、具体的にわかりません。そのためハウスメーカー担当者は超精密な模型を作って持って来てくれるのです。そうすることで、お互いに相違ない「家のイメージ」を持つことができるのです。

    更に大工さんにもその模型を見せて、「この場所に、このような向きでこの家を建てます。ここに玄関が来て、ここに車庫があって……」とこれから建てる家をイメージしてもらい、それからやっと工事が始まるのです。家を建てるにも設計図だけでは不足で、実際のイメージが必要だということです。これと男女交際も全く同じだと理解して頂けたら良いでしょう。

    マイナス思考の直し方、その2。崖っぷち思考から卒業しよう

    マイナス思考改善に関するお話をもうひとつ。マイナスの口癖、「崖っぷち思考」から卒業しましょう。アドバイスをわざわざ、次のように言い直す人がいらっしゃいます。

    ・「食事にお誘いしましょう」
    →「食事に誘うしかないですよね」

    ・「次に会った時に“ちゃんとお付き合いしたいと思ってるよ”と伝えましょう」
    →「やっぱり、ちゃんと伝えるしかないですよね」

    ・「家が汚いなら、掃除しましょう」
    →「やっぱり、掃除するしかないですよね」

    どれも「ただ、お誘いしたらいいだけ」「ただ、伝えたらいいだけ」「ただ、掃除したらいいだけ」です。わざわざ崖っぷちにいるような言い方をして、難しくしないようにしましょう。

    同じ失敗を繰り返してしまう時の対処法

    同じこと、同じ失敗が続いてしまう。そんな時は「これまでと違う行動」をしましょう。当たり前ですが「これまでと同じ行動」をすると、これまでと同じことが続きます。

    セックスの悩み。痛くてエッチができなくなった

    これまで普通にエッチできていたのに、ある日のエッチを境に痛くて挿入できない……という場合、カンジダ症に感染している可能性が高いです。

    これは新婚さんや若いカップルによく見られる病気で深刻なものではありません。手に雑菌がついたまま性器を触ることで炎症を起こしてしまったものです。きちんと病院に行けばすぐに治りますので、怖がらずに婦人科で診て頂きましょう。

    同じカンジダ症で「1回目は普通にエッチできるけれど、2回目をしようとすると痛くてできない」という事例もありますので、これに該当する方も早く病院に行きましょう。また、この病気を防ぐために、エッチの前は手洗いを心がけて下さいね。

    ※マーチンは医師ではありません。経験に基づくお話をしていますので、ご自身の責任の元、有効にご活用下さい。

    どんな悩みにも言える解決方法。占いに依存しないようにしよう

    ただ悩んでいるだけで解決することはありません。悩んだら答え(行動案、改善案)を出す。そしてそれを実行する。これで初めて改善の可能性が出てきます。もちろんですが、占いに行っても何も解決しませんので、占いに依存しないようにしましょう。

    結婚詐欺に遭わないための心構え

    婚活をする際、入籍するまではお金の貸し借りをしないようにしましょう。時々残念なニュースが報道されることがありますが、金銭の貸し借りさえしなければ巻き込まれることはありません。こちらのページも参考にしてください。


    <問題解決 お勧めのメルマガ>
    1.臨機応変な恋愛をしよう
    2.LINEが既読スルーになった時の対処法 ~他に女がいるみたい~
    3.まだ元彼のことが/俺より相応しい男が、と言われたら
    4.ヘンなことで不安になった時の対処法
    5.お金の出し方
    6.どのくらい連絡が無ければ「別れた」として次に進むべき?
    7.次の恋への進み方

    <関連する メルマガのカテゴリ>
    グレーな恋、セフレ、ライバルがいる恋の頑張り方
    既婚者との恋
    厳しい恋の頑張り方、次の恋への進み方
    脱マイナス思考&面倒くさい女、体質改善
    彼や夫の浮気
    セックスレス
    復縁、復活愛、仲直り

    <関連する 有料メルマガのカテゴリ>
    恋愛教室PREMIUM バックナンバーパック
    5.グレーな恋、ライバルがいる恋の頑張り方
    6.下り坂の恋、可能性が低い恋を実らせたい
    7.フラれた後、別れた後の頑張り方
    8.復活愛
    11.体質改善・自己成長
    13.人生哲学、成功、勝ち組への道

    メイク・ラブ指南
    ・彼、彼女に愛を伝えたいときのテクニック
    ・ベッドシーンで役立つ(秘)テクニック
    ・知っていると役立つメイク・ラブのお話
    ・こんなとき、どうしたら?+α

    2019年4月迄、まぐまぐ恋愛・結婚のカテゴリNo.1(4月で掲載ページ終了)
    恋愛教室PREMIUM 定期購読はこちらです。
    個別相談のご案内はこちらです。