恋愛のことなら何でもわかる!恋愛相談、婚活応援サイト。「ありがとう法」で素直にまっすぐ真心持って恋しよう。

出会い~交際初期のポイント

このページでは「出会い~交際初期のポイント」をお伝えします。


・婚活をする際、同時進行で進めるのはNGです。様々なアドバイザーが同時進行を勧めていると耳に入りますが、結果が出ない典型例です。誰かと会う約束をしたら、他の方はストップして「その人との結論」を出しましょう。並行して「どちらがいいだろう」と比較することが不誠実で、そんな心構えだから結果が出ない……という悪循環を何年もやっている人が多いです(特に結婚に焦る30代女性)。

<例>
○ :誰とも会う約束がないので、数人の異性とやりとりをする。
△ :来週初めて会う人ができたが、同時にやりとりしていた別の人とも会う約束をする。
(なるべくしない方が良く2名までギリギリ許容範囲。この場合、1回会ったらどちらかに決める)
× :来週、初めて会う人がいるのに、サイトやパーティで更に出会いを探す。
× :何度か会っている人がいるのに、新たな異性と会う約束をする。
××:何度か会っている人が複数いる。


婚活をする際に結婚紹介所やネット婚活で出会いを探すなら、顔写真の掲載は必須と考えましょう。時折、顔写真を出していない人をみかけますが、正直なところ閉口してしまいます。

・自分は何のためにそれをしているのか。
・お相手は何を望んでいるのか。

考えたら分かることであり、それを考えないこと。また考えることができても自分の防衛(?)を優先してしまうその考え方が問題になって、結果に繋がりにくくなっていると言えるでしょう。傷つかないための婚活ではなく、結婚するための婚活をしましょう。

参考までに「マーチン先生の結婚紹介所」では、プロフィール写真は一番重要なものと位置づけ、撮影・掲載をしています。カメラの連写機能を使い、およそ700枚~1000枚の写真を撮り、その中から「心からベストだ」といえるものを1~3枚掲載しています。

一例です。最高の笑顔を掲載しましょう。
https://www.martin.ne.jp/counseling/after06_2.jpg


・男性女性、どちらから誘っても恋は実ります。女性の皆さん、男性に誘ってもらおうとして待ちの姿勢にならないようにしましょう。(男性はぜひ率先して誘って下さい。女性は男性のお誘いを待っています)


・デートの目的は、相手を見極めることではありません。デートとは、お相手に好きになってもらうためにするものです。特に女性の皆さん、無意識に勘違いなさっている方が大半なので気をつけましょう。

自分が「この子、どういう女なんだろう。しっかり見極めないと!」と考えている男性とデートしたと思ってみてください。そんな男性を好きになれますか……ということです。なれませんよね。だから、それではダメなのです。デートはお相手に好きになってもらうために、おもてなしの気持ちで臨みましょう。


・ただデートを繰り返すだけでは「あなたと結婚したい」とは思ってもらえません。何度か繰り返すデートの中で、どんな努力をしたかが大事です。ゆえに、数ヶ月~半年経っても婚約出来ない時は、プロポーズをしてくれない(受けてくれない)お相手が悪いのではなく、「結婚したいと思ってもらえない自分が悪い」のです。


・出会い~交際初期、お付き合いが安定するまでは、お相手の誘いを断ることはNGだと考えて、最優先して合わせる努力をしましょう。先に約束したことではなく「大事なこと」を優先できる臨機応変力が大切です。

婚活は人生賭けてしていることなのです。

1日会社を休んでもクビにはなりませんが、今頑張っている彼や彼女と結婚できたら人生変わります。同様に「ここぞ」というご縁を逃しても人生変わります。だから、大切な場面では、会社を休んででもデートする姿勢が必要であり、お友達との約束などは言うまでもありません。

これは「気軽に会社を休んでデートすべき」と言っているのではありません。「ここぞ」という場面では、それが必要だというお話です。誤解の無いように、臨機応変力を身につけていきましょう。

下記、それが必要な場面の一例です。
https://www.martin.ne.jp/?p=3234


・知り合ってから交際に至るまで。そして、交際に至ってからも毎日~1日置き程度連絡を取り合いましょう。初期に起こりやすい失敗として、会う約束をした後にそのまま何日も連絡をしない という事例が目立ちます。これをやるとお互いにテンションが下がって約束が流れたり、会えても先に進まなくなる可能性が高くなります。


・出会いの場で知り合った場合、初めて会ってから1ヶ月以内 に結果が出るのが普通です。当社で統計を取ったところカップルの約85%がそうなっており、これは言い方を変えると「1ヶ月以内に答えが出ない場合は、実る可能性は15%」ということです。少なくとも平均週1回は会えるようにお誘いしていきましょう。

トントン拍子に進む二人の場合は、平均週1.5回~2回会えますし、「実る=トントン拍子に進む」ということです。これはちゃんと実った経験がある、交際できた経験がある方はご納得頂けるはずです。


・つまり正直に言いますと、この時期に「お相手が忙しくて会えない」「次にいつ会えるのかわからない」と悩んだら、その時点で99.9%終了です。なぜなら、お相手が向き合っていない(=交際するつもりがない)ことが証明された結果だからです。


・上記を踏まえて大事なことは、「自分が頑張ったら進められるお相手の時に、頑張ることができるか」ということです。待ちの姿勢では実らないお相手でも、自分が前向きにリードすることで実る事例は多々あります。


・恋愛は「やるだけやってダメなら仕方がない」そういう性質のものです。最大の失敗は「やるべき時に、やるべきことをしなかった失敗」です。特に女性は盛り上がっている時は何もせず、ダメになってから行動しはじめる人が多いです。そうではなく、お二人が盛り上がっている時に、上りつめるように努力しましょう。


・お誘いする場合、週末にこだわる必要はありません。「来週の火曜か水曜あたり、どうですか?」とお誘いしてみましょう。順調にやりとりが出来ているなら、当日に「今日、仕事が早く終わりそうなんですが、よかったらゴハン食べに行きませんか?」とお伝えしても大丈夫です。


・土曜日にデートして楽しく過ごせたなら、その中で「よかったら、明日もお会いしませんか?(^^)」とお誘いしてみましょう。「2日連続して会う」という発想がない方が多いですが、やってみると意外に会えるものです。恋愛上手な人は、こういう所が上手なのです。


・お誘いする場合「都合のいい日を教えて下さい」とは言わないこと。「来週の○日か○日はどうですか?」のように、具体的な日程をあげてお誘いするのがマナーです。自分が誘われた場合、どちらが答えやすいか考えてみましょう。


・「仕事が忙しい」などの理由で二週間、三週間会えないことはありえません。それは他に優先する事項がある(多くは他の異性がいる)のです。つい先日まで、そのお相手は 出会いを探す暇があった人間 だということを忘れずに。


・「1ヶ月に1度、食事をするだけのデート」を半年~1年繰り返しても、付き合えるようになることはありません。親密になりたいと思うなら、男女ともに自分から「男女として進展するデート」を企画してお誘いしましょう。


・「男女として進展する」とはハグ→キス→エッチと関係が進むことです。進展させたいと思う時は、それができる場所に行くことが必要です。お家に誘う、旅行に誘う等、デートプランを考えましょう。


・上記に「お付き合いしましょう」という言葉が伴って交際成立です。結婚紹介所での出会いの場合は、正式交際に移行する手続きをしましょう(多くの紹介所では、そういう手続きがあります)。


・女性の皆さん、キスやエッチをしたら(誘われたら)「私は○○さんと、ちゃんとお付き合いしたいと思ってるよ」と伝えて下さい。この時、YES以外の返答をしてくる男性はその場で終了した方が良いです。なぜなら「付き合うつもりはないけどエッチしたい」と自白しているのと同じだからです。


・マッチングアプリやサイトで知り合って付き合うことになったら、その場で二人一緒に退会しましょう。これも、YES以外の返答はその場で終了すべきです。「3ヶ月プランだからまだ退会できない」など、理由になっていないことを言うお相手は全てNGです。


・この時期に「敬語だと仲良くなれないからタメ語にしたいんですが、どうしたらいいでしょう?」といった質問をする人がいますが、敬語のままで構いません。敬語でも十分仲良くなれますし信頼関係も築けます。大事なところはそこではないのです。


・違和感を感じたら、そこから目をそらさないことが大切です。目をそらして延命しても、延命はあくまで延命であり必ず終わりが来ます。違和感(=問題点)と向き合って解決を試みましょう。


出会ってすぐにわかる、ダメ男判別法。
次のような言動がある男はNGです。

<1>婚活の場で知り合ったのに、そぐわないことを言う男。
・「1~2年は付き合ってから、結婚を考えたいと思っている」
→「今は結婚を考えていない」という本音が出ています。ご成婚事例を見てもお分かり頂けるように、婚活の場で知り合ってゴールインするカップル、過半数は半年以内です。

・出会いパーティで出会って、そのまま食事→お散歩。そして「出会いって、貴重だと思うんだよね。もう二度と会えないかもしれないから、キスしていい?」
→もう二度と会えないならキスしなくていいです。

・マッチングアプリやサイトで知り合って、お付き合いすることになって「一緒にサイトやめよう(^^)」と伝えた際に、OKしない男。「3ヶ月プランだからまだ退会できない」、「もうサイトは使ってないから大丈夫」、「え、そんなこと気にしてるの?」など、どんな理由を口にしてもNGです。

<2>出会ってすぐ~早期に(二週間程度)、女性が喜びそうなことを言う男。
該当する場合、何度も繰り返して言う傾向があります。
・「○○ちゃん、世界一好き!」「○○さん、ほんっとに俺のタイプ」と言う男。
・1回めのデートから「結婚を前提に付き合って欲しい」と言う男。
・「○月○日に、告白しようと思っている」と言う男。
・「将来、どんな家に住みたい?」「どこに住みたい?」「子供は何人欲しい?」など、思わせぶりな話をする男。

<3>ショートカットする男。
初デートの待ち合わせが、いきなりその男の家。又は、ホテルの部屋。
一見信じられないお話ですが、多く目にする事例です。下記、実例紹介です。

ショートカットする男の実例 ~これが詐欺師の全貌だ!~
(この事例では、上記<2>の話も該当しています)
http://archives.mag2.com/0000052108/20170909160000000.html

ショートカットする男の実例2 ホテルバージョン
http://archives.mag2.com/0000052108/20171021100000000.html

<4>「子供欲しい?」と聞いた際、「どちらでもいい」と答える男。
女性がアラフォーになると、出産できるかどうか定かでなくなります。こういった年齢の女性が、婚活の場で出会った男性(30代~40代)に「子供は欲しいと思っていますか?」と聞いて、次のように返答する男は全てNGです。

「どちらでも大丈夫」
「欲しいけど、別にいなくても大丈夫」
「子供は授かりものだから、こだわっていない」

どれも女性にはありがたく、耳障りよく聞こえますが、全てエッチ目的で口説いているだけです。ハッキリ言いますと30代以降の独身男性、どうして結婚しないのかというと「結婚するメリットが何もないから」です。そういう男性が出会いの場に出てまで、真面目に婚活をするのは「家族が欲しくなったから」、それ以外に理由はありません。なのに、上記のように曖昧に答えるのは、本気で婚活をしていない証拠なのです。

もちろん、どの事例も「二人っきりなら、それはそれで一緒に旅行したり楽しいと思う」「自分は子供が苦手だし」「子育てに自信がない」など、それらしく聞こえる理由を口にしますが信頼性は乏しいのです。

例外として、お相手がバツイチ子供あり。又は、50代以降になると、本当に「どちらでもいい」「子供は欲しいと思っていない」という男性が出てきます。特に50代以降は該当者が多くなります。また、年齢を問わず「子供はいらないと思っている」とハッキリ答える男性は、信頼できる可能性があります。ご自分が出産に自信がない場合は、こういった男性をターゲットに婚活することをお勧めします。

ツライ、苦しい、結果が出ない。そんな婚活から抜け出すコツは、上記1~4に該当したらすぐに切る。そして次に進むこと。これが心の消耗を少なくして、元気に婚活していくコツです。


男性からエッチに誘われるなどの場面で、次のように言う女性が目立ちます。

・まだ付き合っていないから、エッチできない。(家に行けない、等)
・私、付き合っていない人とは、そういうことはしない。
・私、彼女がいる人とは、そういうことはしない。
・ちゃんとするまで、そういうことはしない。

このように「否定、拒否」の意思表示をする人は恋が実りにくいです。なぜなら、実らせるための努力になっていないからです(しかも、こう言いながらエッチに至る事例が大半です)。

こうした場面では、女性も進展を望んでいる方が多いです。であるなら「否定、拒否」ではなく、実らせるためにチャンスを生かしましょう。例えば、「家に行くのはいいんだけど、ちゃんとお付き合いしてくれる?」と伝えたらよいのです。

また、「彼女がいる人とは~」などと言うくらいなら、初めからその男性とはデートするべきではありませんね。頑張るなら「彼女がいても頑張る」と気持ちを決めておきましょう。

同様のお話で「まだ付き合っていないから~しない」「付き合っていないのに、そんなことしていいんですか?」という考え方の人も、恋が実りにくいです。

例えば、デートでドライブに行くことになったとします。この時、サンドイッチやおにぎり、お弁当を作って持っていくのは、恋愛教室ではもはや当然のレベルなのですが、こういったアドバイスをした際に「えっ、付き合ってないのにそんなことしていいんですか?」という具合です。

「ハッキリ言って、その質問の意味がわかりません」という感じです。

デートでドライブに行くのに、お弁当作って持っていって「そんなことするなよ」「重たい女だな」なんて言う男性、見たことも聞いたこともありません。仮にそんなことを言う男性だったとしたら、どう頑張っても結婚なんかできるわけありません。ここに気づいて欲しいと思います。

思いついたことは何でもやってみる。
それを相手に確認せずにやる。(超重要!)

これが成功者の法則であり、ありがとう法なのです。


成功者のマネをしましょう。「うまく行っているカップル」は、ほぼ上記全ての項目に当てはまります。だから、自分自身もそうなるように進めていくことが大事です。以下のメルマガも、ぜひご覧になってみてください。


<出会い~交際初期 お勧めのメルマガ>
1.恋活と婚活の違い
2.初顔合わせ→次に繋げる方法 その1~3
3.会うことの大切さ&遠距離でうまくいく法則
4.恋愛の「技あり&有効」一覧表(信頼できる彼の行動一覧)
5.マメにLINEをくれるけれど(信頼できるようで、できない男)
6.連休にデートした皆さんへ(続けていくために大切なこと)
7.お付き合いに至れない、そんな悩みからの脱出法
8.お見合いパーティ、その外で得た気づき

<関連する メルマガのカテゴリ>
出会いを生かす、ズレた交際を直す
やめた方がいい男&女
気持ちの伝え方、切り返し、告白の仕方
男心と女心、相手の心理を読む
社内恋愛

<関連する 有料メルマガのカテゴリ>
恋愛教室PREMIUM バックナンバーパック
1.恋を実らせるために
2.恋人が欲しい!
3.男女心理のズレを学ぶ、相手の心理を読む

まぐまぐ恋愛・結婚のカテゴリNo.1
恋愛教室PREMIUM 定期購読はこちらです。
個別相談のご案内はこちらです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © マーチン先生の恋愛教室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.