コロナ禍、結婚式どうしよう?

結婚式まであと10日、コロナで予定していた結婚式ができない!?

 
「うわー、結婚式なのにコロナ(オミクロン)が流行ってしまったよ~(>_<)」

「ねぇ、どうしよう?」

2月の3連休、2/11(祝)の大安に、都内の超有名ホテルで結婚式を予定していたあなた。楽しみにしていたのですが、年始からのコロナ禍で挙式が危うくなってしまいました。

コロナが落ち着いている時に、会社の上司や同僚、友人も含めて披露宴を予定して40人規模です。1月後半にまん延防止措置が始まり、2/1(火)に東京では、緊急事態宣言の目安となる「病床利用率50%」を超えたとの報道がありました。

「どうしてもやりたい!」という気持ちで迎えてしまった 2/2(水)、あなただったらこの後、どうしますか?

2/11(祝)挙式の予定。どうしますか?

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
★絶対失恋者チェック!

Q:2/11(祝)挙式の予定。あなただったら、どうしますか?

A. 予定通り挙式する!
B.延期する!
C.親族だけにして挙式する!

(回答はコーナー最下部にあります)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

……えっ?

「キャンセルの選択肢はないのか?」って?(^^;

キャンセルすると、キャンセル料全額負担になるのでナシにしました。延期の場合は、元々コロナ禍という事情もあったので負担金はありません。というわけで、考えてみましょう~!

では、参ります。例によってこのお話も実話でして、ご相談者さんの友人が当事者。ご相談者さんが招待された友人でした。あっ、別にこのことでご相談頂いたわけじゃないですよ(笑)別件の相談が本命で、こちらは余談の1つでした。

それで、実際のご本人が取った措置は「B.延期する」だったそうです。

「先生、さすがに2/2になって“延期します”もないですよね~(笑)私は都内に住んでいるのでいいんですが、遠方の人などは困っちゃうんじゃないかと(^^;」

「そうですね~(笑)もっと早く決めるべきだったかなと思いますね。1月半ばの時点で、2月にヤバくなるのは予想できましたからね」

「そうですよね~(笑)」

「まあ、いい式場を押さえていらっしゃったので、やりたくて仕方がなかったのだろうとは思いますけど(^^;」

「ですね~(^^;」

「それで、ここまで引っ張ってしまったなら、親族だけにして挙式するのが、私は良かったと思いますけどねぇ」

「あーっ、やっぱりそうですよね!私もそう思いました(^^)」

うん、この方は恋愛上級者です(笑)

ポイント1.もっと早めに決断しよう

さて、今回のお話は2つのテーマがありました。1つめは、「もっと早く決めること」です。元々親族だけでしたら、まだ良かったかもしれませんが、会社の上司や同僚まで声をかけていますので、1月半ば~20日頃までには決めるのが礼儀のように思いました。(あくまで僕の意見です)

そして、今回の場合は「人様にお越し頂く」わけですので、「気持ちよく来て頂けない状況だったらナシ」でしょう。そう考えると、1月半ばに決定できたように思いました。

ポイント2.延期とは日程が決まってこそ

2つめのポイントが問題の内容で、結論は「延期する」か「実施する」かの二択です。この場合は「実施する」の一択だと僕は思いますーーーっ!

「5月に必ず実施できる」といった延期でしたらそれもアリですが、コロナ禍の場合はそういうわけにはいきません。延期といっても、先の見えない延期です。だとしたら、やるべきだと思います。

それに、延期したらコロナに負けちゃった感じがしませんか? 僕はコロナなんかに負けたくないですし、皆さんにも負けて欲しくないですーっ! コロナに人生の一大イベント「結婚式」を台無しにされてはアカンです!

というわけで、お勧め回答は「C.親族だけにして挙式する!」です(^^)

「行動するか、しないか」で悩んだら、「する」方向で

規模が小さくなる分、負担金が発生すると思いますが、それはもう、それでいいと思います。「負担金が発生する」よりも、「本来の費用より安くできた(笑)」と考えたら良いでしょう。これも大事なプラス思考です(^^)

それに変な話、ご祝儀はほぼ全員が送ってくださると思いますので、お金のことよりも、「挙式すること」を考える方が大事だと思います。

「行動するかしないか」で悩むなら、「する」方向で。それが恋愛上級者……いえ、「生き方の上級者」だと思いますよ。

□■ 絶対失恋者チェック!回答 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
A.強い人です! これはこれで頼りになる人だと思いますが、ちょっと頑固者になるかもですね(^^) 周囲との調和も大切にできると良いでしょう。

B.絶対失恋者です。「延期」とはハッキリ代案が出せてこそですし、この期に及んで延期ではコロナに負けた感じが強いです。コロナに負けない生き方で、これからは進んでいきましょう。

C.恋愛&生き方上級者です。そうです! 予定していた100点満点ができない時は、90点や80点で良いので、代案を考えて実行するのがお勧めです。「100%予定通りにできる方が、人生少ない」と考えるのもアリだと思います。これからも「行動する」選択肢で動いていきましょう。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

P.S.
2/11(金)の「マーチン先生の恋愛教室PREMIUM」は、

「愛されるための体質改善」です。

今、ある女性(30代半ば)とマンツーマンで体質改善のカウンセリングを行っています。実施にあたり、僕なりに「全ての人に共通する、愛されるための体質は何だろう?」と考え、その答えを見つけました!

・愛される体質って、どんな体質?
・愛されない原因って……?
・「体質改善」と一言で言っても、何をどうしたらいいの?

これらを具体的にお伝えします(^^)

題名が女性向けっぽいですが、男性も必見です!
ご興味頂けましたら、ぜひ一度ご覧になってみてくださいね。

ご購読はこちらです。
(月4回発行、税込550円。初月は無料です)
https://www.mag2.com/m/P0000272

今月の4本をご覧頂いてお気に召さない場合は、月末までにキャンセル頂ければ料金はかかりません。また毎月1回ご参加頂けるオンラインお茶会(相談会)も開催しています。※今月は2/27(日)に開催です。

メルマガについて、詳しいご案内はこちらです。
https://www.martin.ne.jp/school/premium.htm

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
個別相談のご案内
https://www.martin.ne.jp/counseling/

マーチン先生の結婚相談所、ご案内はこちらです。
https://www.martin.ne.jp/counseling/marriage.htm
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Follow me!