[2388]rumiko[北海道]2010/12/04(Sat)01:44

マーチン先生こんにちは。Kです。
よろしくお願い致します。

先生に助けていただきながら、現在彼とのお付き合いは順調に続いていますが、1つ悩んでいることがあります。彼との関係というよりは、私自身の気持ちの問題なのですが、最近「自宅に帰ることに違和感を感じる」ようになりました。

私は今年で26歳、実家暮らしです。今の彼と付き合うようになり約8ヵ月、彼との仲は順調で、ここ1カ月ほどは自宅で寝るよりも彼の家に泊まることの方が多くなりました。仕事の休みが合わないので、昼間は仕事や趣味などそれぞれの時間を過ごし、夜にまた会って2人で彼の家に帰るといった感じです。

そんな生活の中自宅に帰ると「ここは私の家じゃない」という感覚になる自分がいます。彼と同棲や結婚の話をしたことはなく(世間話として話題に出ることはありますが)、当面は今のお付き合いが続くだろうなと思うのですが、自宅(実家)に帰っても落ち着きません。

気持ちが先に実家から離れてしまった以上、現時点での選択肢は「実家を出て1人暮らし」以外にはないかなと考えています。ただ、実は私は今年いっぱいで現在の会社を辞め、年明けに転職が決まっています。

やりたかった仕事に始めてめぐり会えての転職なのですが、スタートは収入がかなり低く(半年後には安定する予定です)、「1人暮らしの生活費+実家への仕送り」はかなり厳しい状況です。(1人暮らしの生活費だけならなんとかできるのですが、実家の経済事情により、仕送りはしないわけにはいきません。。)

彼に相談しようかとも思ったのですが、これは完全に私の問題ですし、もしも彼がそこでじゃあ一緒に暮らそうと言ってくれたとしても、それでは彼に生活を頼ることになり、私自身のためにもならないと、彼にはこのこと(自宅=実家への違和感)は何も話していません。

半年間は今のまま新しい仕事に全力投球をするべきか、ムリをしてでもまずは実家を出るべきか、それとも他の選択肢があるのか、悩んでいます。

・・・正直、自分に甘いなぁと思いながらの相談です。
マーチン先生の喝をお願いします(苦笑)!


こんにちは、マーチンです。
お話拝見いたしました。

>マーチン先生の喝をお願いします(苦笑)!

はい!では、申し上げますと、

> 気持ちが実家から離れてしまった以上、

というか、社会人になったらひとり暮らししてくださいーーーっ!ひとり暮らしについてのお話は、このメルマガでも何度も出てきていますが、僕は本当に「一人前になるために、ひとり暮らしが必須だ」と考えています。大人になって巣立ちをしない動物なんて人間だけですよ、ホントに。

ですから、僕の答えも同じで「ムリしてでも実家を出るべき」だと思います。ただ、この結論は、今述べた「僕の考え」が根底ではありますが、ちゃんとrumikoちゃんの状況を踏まえた上でのお話です。それをお話させて頂きますね。

理由は、ここで僕に相談なさっている事実です。もし、このお話が「絶対にひとり暮らしはムリで実家にいるしかない」なら、僕に相談することもなく悩むことにもなっていないと思います。つまり、選択の余地がないということですね。

しかし、こうして僕に相談なさっているという事実。更に、「ムリをしてでも実家を出るべきか」というお話から、「ムリをすれば」=「頑張れば、実家を出られる」ということだと思うのです。だったら、「頑張って実家を出よう!」というのが、僕の意見なのです。

マーチン論、我慢は何の役にも立ちません。
我慢ではなく目標に向かう努力をしましょう。
我慢して行動しないより、前向きなやる気を持って努力する方が成長できるのです。

ところで、rumikoちゃんのお話は、「現状、彼の家で半同棲になっているなら、そのまま半年後まで継続したらいいんじゃない?」という意見も多々あると思います。これを僕がお勧めしない理由は、転職の半年後に、生活が安定する保証はどこにもないからです。

こういった経験がある人は多いと思います。予定はあくまで予定であり、未定なのです。そうなった場合、結局半年後にも行動できないままとなり、成長できないまま……になってしまうのです。

また更に、この話をマイナス思考の人が聞くと「じゃあ、転職して安定しなかったら、更に苦境に陥るじゃないですか?」ということを仰います。これは、転職&ひとり暮らしを実行することで、「そうならないように頑張る力が変わってくるため、半年後に安定する可能性が高まる」と僕は考えるのです。これが、目標に向かって頑張る人間の強さ、なのです。

「自分の選んだ道を、自分が望むように実現するため」には、人は120%の力で頑張れるのです。それを身を持って学んで欲しいと思うわけです。

また、最悪なときは、再度実家に戻ればよいのです。また住む家も「自分の力量」に応じて選べばよいのです。これは、rumikoちゃんに限らず、ひとり暮らしを思案している全員へのアドバイスですので、該当する方は、ぜひよく考えてみて欲しいと思います。

ひとり暮らしをしない人に、「どうしてしないの?」と聞くと、「だってお金がないし」と仰ることがとても多いです。だったら、まずは、自分の経済力が届く範囲のアパートに住めば良いのです。それが「今のあなたの実力」ということです。

僕だって過去を思い返すと、ちょうど今時分、朝起きるとあまりの寒さに「すーはー、すーはー」と鼻から出る息が、白くなっていた部屋もありました。24歳~27歳、埼玉県和光市に住んでいたときですね。体は布団に入っているんですよ(笑)

でも、鼻が冷え切っていて、目が覚めると息が白いのです。更に、朝にトイレでおしっこすると、おしっこからも湯気がでますしっ!

女性にはわからないでしょう……。
この、自分のおしっこの湯気に直撃される苦しみが。

だから、湯気が顔に来ないように「ふーっ!」と吹き飛ばしながらおしっこしたり、「うおおお!こっちくるな!」と顔を背けたりしてました。 ←男性はわかるハズ

こうして、思うわけです。
「もうちょっと、いい家に住みたいなぁ(笑)」と。

この「もっといい家に住みたい」と思う力が、原動力となり、もっと仕事を頑張ったり、昇進を目指すことに繋がるのです。また、女性でしたら「いい男性と結婚して、幸せになりたい」と思う力にもなり、「そういう男性に好かれるために、どうしたらいいか」と本気で学ぶ力にもなるのです。

…………。

こうして書くと、「最初の家はひどくて当然」のように聞こえるかもしれませんが、どんな家でも「はじめての自分のお城」です!とってもワクワクして、嬉しいものですよ。

ぜひ、頑張って欲しいと思います。
この度は、ご相談頂きありがとうございました。

2010/12/13 wrote

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
●マーチン先生の恋愛教室 メインサイト
個別相談のご案内
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽