一緒にいくために大切なこと

セックス、その最大の喜びであり幸せなことは「一緒にいくこと」だと思います。しかし……です。一緒にいくことができないカップルは、かなりの数いらっしゃるように感じます。そこで今回は「ふたりが一緒にいくために大切なポイント」をお話します。

❤必要なことは?
まず初めに「一緒にいくために必要なことは何か?」を考えましょう。簡単なようですが、こんなことを「理論的」に考えた人はいないのでは……と思います(笑)実はこのポイントは2つ。

1.二人ともいくことができる。
2.どちらか、又は両方がいくタイミングをコントロールできる。

つまり、この1と2を同時に満たさなければ一緒にいくことはできないのです。そこで順に考えます。「1」については、いくことができない女性が多いようです。例えば最近ですと(2020年)、リアル恋愛教室の女性生徒さん10名程度に「いくことができますか?」と質問したところYESは2人程度でした。そこでまず、女性がいけるようになるためのポイントから、お話したいと思います。

❤女性がいくために
このご相談をご覧下さい。27歳の方からのご相談です。
・-・-・-・-・-・-・-・
今までに何人かの男性と体験してきました。彼は今まで付き合った中で一番上手に愛してくれますが、いけないんです。こんなに気持ちよくなるのにいけないので、彼に申し訳ない感じです。彼は私がいっていると思っているようですが本当はいっていないんです。でも、そんなこと今さら言えません。

どうすればいいのか悩んでいます。
でも彼の愛でいきたいんです……。
・-・-・-・-・-・-・-・

この方に、僕はこんなお返事をしました。

解決の糸口は「彼にまだいったことがないと伝えること」です。 僕の青春記をご覧になったでしょうか? 僕も大学時代、同棲していた彼女がいっているものだと勘違いをしたまま過ごしていた時期がありました。つまり、彼女は演技をしていたのです。もちろん、それをさせてしまっていた僕にも責任はありましたが、隠すと「隠している」という罪悪感から、ますますいけなくなるのです。

こういう話は男性でも同じです。セックスしていて、ちらっとでも「あぁ、今日は疲れてるな。ツライな」と思うと、もういけなくなります。それどころか元気くんが萎えて小さくなってしまい、セックスそのものができなくなることもあるのです。

そして「まずい!頑張らないと!」と焦れば焦るほど泥沼に落ちてしまうのです。この心境は「いかなければ!頑張らなければ!」と思う女性がいけないのと同じように思うのです。

こんなとき僕はこうします。「ごめん、今日はちょっと調子悪いみたい……」と正直に言うのです。「えっ?そんなことしたら……」と思われるかもしれません。しかし、それで怒る人はいません。「いいのよ」と優しくしてくれるものです。

すると今度は「ありがとう、心が通じ合ってるなぁ」と思えて嬉しくなり、ちゃんと頑張れるものなのです。恋もセックスも二人でするものです。問題を一人が抱えこむと解決するものも解決できなくなるのです。

青春記のお話、彼女が途中で告白してくれたなら、どうにか解決できたのでは……と思います。少なくとも、二人で頑張れたことは間違いないですよね。「まだいったことがない」と告白したことによって、怒る人なんていないと思います。万が一怒ったりする男性なら、もともとそれまでの仲ではないでしょうか。一日も早く、彼に相談するのがいいと思いますよ。

暫く経って、こんなお返事が届きました。
・-・-・-・-・-・-・-・
毎回じっくりと読ませて頂いています。前に勇気をもって、真面目なH相談室で、ちょっと人に言えないことを質問しましたところ、親身になってお答えして頂けたことがとても嬉しかったです。

彼とのセックスでいくことができない……。先生の彼女がとった行動を私もしていたんですよね。青春記も読ませていただきました。そして、先生からのアドバイス通り彼に告げてみました。

そしたらいけました。
いけたんです!やっほー!!
・-・-・-・-・-・-・-・

❤いくことをコントロールする方法
二人がいけるようになれば、あとはタイミングを揃えられればOKですよね。う~ん、やっぱり恋愛はタイミングなのです(笑)すると方法は二つ。男性が女性に合わせるか、女性が男性に合わせるか。一般的には、男性が女性に合わせる方が簡単です。

もちろん、どちらが合わせてもいいので、こだわる必要はありません。タイミングを合わせるために必要なことも同じです。それは、いきそうになったらガマンして、いつでもいける体制で相手を待つことです。

そこで、ガマンを覚えるにはどうしたらいいかですよね? 実践で覚えてもいいのですが、オススメはひとりエッチです。僕が具体的にお話できるのは男性へのお話ですが、友人(♀)と話してみた限りでは、どうやら女性も差異はないようです。ですので、この話は男女共に有効だと思います。

それは、いきそうになったら、手での愛撫をゆるめてガマン。ちょっとクールダウンしたら、また愛撫。これを何度も繰り返すことです。

えっ……?「私は、手じゃないんだけど」って? ……いいです。好きなようにしてください♪ 他人に迷惑がかかるわけではありませんから。

そうそう、よく「ひとりエッチをするのは、やっぱり良くないですよね?」なんてご質問も頂きますが、全然そんなことはありません。したいなら毎日でもしてください。マーチン論、してはならないことは「他人に迷惑をかけること、悪意を持って他人を貶めること」くらいですからね。

<ご注意>
男性の場合、毎日のようにしていると、手での強い刺激に慣れてしまい、本当のセックスでいきにくくなります。いくのが遅いとお悩みの方は、この点だけ注意してください。

❤いくのを我慢する方法
例えば、気持ちいいポイント10点でGo to Heaven!だとします。さぁ、ひとりエッチ開始!

<気持ちいいポイント:1,2,3・・・7・・・・8> このあたりです。7、8のあたりで、手を休めるわけです。すると、

<気持ちいいポイント:8・・・7・・・・> と下がってきますので、ここでまた再開するのです。

<気持ちいいポイント:・・・・7・・・・・8> はい、また中断。

<気持ちいいポイント:8・・・7・・・・> あとは、これの繰り返しです。

こうしてガマンをすると同時に、いつでもいける体制をできるだけ長時間キープし続けることがポイントです。ガマンはできるけど、そこから再度昇りつめるまでに時間がかかるようでは、意味がありませんからね(笑)

そうそう。この訓練はいくのが早いとお悩みの方にとっても、有効な練習方法ですよ(^^)

❤では、実際の頑張り方!
これを実践にうつす場合、男性側ではひとつ問題が出てきます。ひとりエッチの場合は、自分がいきそうになったら愛撫を緩めればOKでしたよね? ということは、これをセックスに置き換えると、「いきそうになったら、動くのをやめる」ことになるのです。しかし、実際にこれをやると……

<盛り上がり中>
自分/・・6・・・・7・・・・・8  よし、ストップだ!
相手/・・5・・・・6・・・・・   ←このとき、相手はこんな感じ。

<動くのをやめる>
自分/8・・・・7・・・・・ ←自分がクールダウンすると同時に
相手/7・・・・6・・・・・ ←お相手もクールダウンします。

<そして、再開>
自分/・・6・・・・7・・・・・8
相手/・・5・・・・6・・・・・7

また、こうなのです。これでは一体何をしているのか、さっぱりわかりません。つまり何が大切かというと、自分がガマンしている間も相手は冷めないようにする。自分はいかないような動きをするか、手で愛撫を続けることがポイントになるのです。

「自分はいかないような動き」というのは、スピードを落としてゆっくり動くとか。手での愛撫はクリトリスを優しく触ってあげるのがベストでしょう。えっ? 手の向きが悪くて痛い? それくらいガマンして優しく触ってあげてこそ男ですよっ! チャレンジしてみましょうね!

最後に女性について。多くの場合、女性は何度でもいけるようになります。こうなると特にガマンしなくてもいいのです。何度でもいきながら、彼と一緒にいける時を待つ!これで構いません(^^) 二人で幸せなメイク・ラブ❤ 頑張って下さいね!

セックスに関するお悩みも、お気軽にご相談ください。
(エッチに関するご相談は、無料相談掲示板では節度が保てなくなる恐れがありますので、個別相談にてお待ちしております)

Follow me!