仕切り直して2ヶ月半。「ありがとう法」だからこそ

「先生、先日婦人科の検査に行ってきたんです」

「はい」

「結論をいいますと、私が妊娠できる可能性は、あと1年もないそうです。妊娠できる期間って個人差があるのですが、私は短い方だということでした……」

「なるほど……。それで婦人科の先生は、なんと?」

「先生と同じことを仰っていました。だからといって、子供、子供っていうと、彼氏は逃げちゃうだろうと。だから、ちゃんとお付き合いして、二人の気持ちが揃ってから励めるように、交際を頑張るのがいいんじゃないかって」

「完っっっ璧に僕と同じこと仰ってますね(笑)いい先生だ~(^^;」

「昨年~今年、ご成婚になった皆さんは、交際3ヶ月目には結婚が決まっていたのに、私は4ヶ月経っても全然で……」

「はい……お気持ちはわかりますよ。でも本気でそう思うなら、今こそ仕切り直しですよ。今からスタートするつもりで、これから3ヶ月後に結婚の話が出るようになったらいいじゃないですか? Nさん、そう思って頑張りましょう」

「はい……。はい、そうですね!わかりました(^^)」

……というお話をしたのが5月でした。それから2ヶ月、7月半ば。彼から「通知表」を頂いたのです。

◆ 彼から通知表が ◆
この通知表はAmazonで売っています。「Amazon 通知表」で検索をかけたら出てくるので良かったらご覧ください。内容は「彼や彼女に送るメッセージカードのデカイ版」だと思ったらよいです(笑)

男子力、女子力、社交性、人間性という項目があり、それぞれに小項目があります。例えば女子力の欄は「女らしさ」「可愛さ」「セクシーさ」となっており、彼からのメッセージは次のように書いてありました。

・女らしさ
おっぱいあるだけで女子力高い。一緒に食べるご飯おいしい。

・可愛さ
写真のポージング最高。いつも笑顔でありがとう。

・セクシーさ
上品なセクシーさを感じます!

おっぱいあるだけで……のコメントはギャグでしょうか(笑)でもちゃんと「一緒に食べるご飯おいしい」と、お料理が出てきていましたね。男性にとって、お料理は大きなポイントになるのです(と言いますか、それなしで結婚はナイです)。

写真のポージングというのは、僕も拝見したのですが、水着を着てモデルのようなカッコをして撮った写真を彼に送ったのです。そしたら、ななななんと!!

「先生、彼があの写真見て、自分でしてるって言うんですよ~」

「うおおおお、メチャクチャ嬉しい話じゃないですか!!」

自分の彼女の水着写真をおかずにして、自家発電する人も珍しいです!!(ひとりエッチのことネ)普通は他の女性をおかずにするものです(笑)……と冗談みたいな話ですが超本当。

なので、この話からは「彼、本当に惚れてくれてるんだね(^^)」ということがわかるのです。「上品なセクシーさを感じます!」というのも、気に入っていることの現れなのでしょう。

そして見逃してはならない、「いつも笑顔でありがとう」

皆さん。マーチン先生が、ずっと、ずーーーっとお伝えしている女性の武器3つ。何だったか覚えておられますか?

それは、次の3つです。

1.エッチ
2.お料理(ご飯)
3.笑顔

これが、彼の通知表には全て入っていたのです。

◆ 自分が変わることが一番 ◆
5月、僕はこんな話をしました。「ここの教室のメンバーみんなが、“Nさん変わったね”って言うようになったら、結婚の可能性が出てくると思うよ」

Nさんは、教室に熱心に通っておられるのですが、同じことを何度も質問したり、何度も言わせたり……というキャラだったのです。ノートも熱心に取るのですが、「何度も同じことを書いているだけ」に僕には思えていました。

なので、「もうノート取らなくていいんじゃない? それ、同じこと何度も書いてるでしょ? 本当に必要なことを書いて、あとはきちんと覚えて帰る気持ちでやった方がいいよ」と伝えたのです。それから1ヶ月と少し……6月が終わり、7月には「変わった」のです。

ムダにノートを取らなくなり、同じ質問をしなくなりました。目に見えてわかるので、僕も、教室の皆さんも「Nさん、変わったね~(笑)」と口にするようになったのです。

そしたら、彼からの通知表。やっぱり二人の関係を変えたいなら、相手を変えようとするのではなく、「自分自身が変わること」が一番なのだと思います。

◆ この一言は凄い ◆
「通知表がもらえたのが、そんなに凄いのですか?」と思った方もいらっしゃると思います。これはですね、まず「男性がこんなもの(通知表)を入手して、書いて渡してくれる」ということが、非常にレアだということ。

余程気持ちが彼女に向いていないとしない、ということですね。更に、終わりにこんなメッセージがあったのです。

<メッセージ>--------
初めて会った時、付き合うとは思ってなかった。一度会ってみたいな、くらいの感覚だった。会ってみるとユニークで結婚という枠に収まる人じゃないなと思った。そのイメージが覆され、徐々に受け入れられるようになった。今では大切な人です。
---------------

……いかがでしょうか。これをご覧になって、「ああ、彼は本当にNさんのことが好きなんだなぁ」と伝わってきた人はナイスです! これはそういうメッセージなのです。

これを見て、僕は「ああ、彼が結婚を意識しはじめてるなぁ」ということがわかりました(^^) そう、これが「結婚を意識する」ということなのです。

◆ 彼の変化 ◆

……というわけで、Nさんに「自分から、お嫁さんにしてくださいと伝えましょう!」とアドバイスしたのですが、どうにも怖気づいて、7月末現在は伝えられていません(その後、8月19日現在もまだです・苦笑)。でも通知表後の追加のお話が聞けました。

「彼に、もし子供ができたらどうする? って聞かれたんです」
「えっ!それはスゴイ!」

なぜスゴイのか、わかりますか? 「子供ができたらどうする?」という話は、一般的に男性は避けたい話題です。だから、言われることはあっても、責任を取る気持ちがない限り自分から言うことはないのです。

つまり、その話をしてきたということは、「責任を取るつもりがある」ということなのです!だからスゴイ!そこで僕は続けました。

「それで何と答えたの?」
-ここでNさんは、はっきりせずに、ゴニョゴニョ答えていました。-

「“もちろん、嬉しいよ~”とか、言わなかったの?」
「はい……、それは言えませんでした」

「なんじゃ、そりゃ~_| ̄|○ あれだけ子供欲しい、欲しいって、ギャーギャー言ってたのに(笑)」
「そうなんです~、なんか怖気づいちゃって

「で、ごにょごにょ言った後、彼はなんて?」
「俺は出来たら嬉しいよーっ!って言ってくれました」

『素晴らしい彼だぁ~(*^^*)』 ←教室の一同

「できなくても、Nと二人でいられたら幸せだ、とも言ってくれました(^^)」

ご馳走さまですっ!!!
これだけ揃うと、ほとんどプロポーズと同じじゃないですかねぇ?(^^;

…………。

Nさんは今年40歳。彼は少し年下の30代後半です。5月からの2ヶ月半で、ここまで来れます(メルマガ執筆時、7月後半)。そして、前回のメルマガでご紹介したF君は、ご婚約が成立して結婚相談所をご成婚退会となりました!

こちら、ご紹介記事です。
https://www.martin.ne.jp/?p=8066

どちらも、素直にまっすぐ、真心持って接していく「ありがとう法」だからこそ。

僕は、そう思うのです(^^)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
無料相談/悩みの足跡 ご相談募集中です(^^)
https://www.martin.ne.jp/gatex/bbs.cgi?mode=inp

無料メルマガ/マーチン先生の恋愛教室
https://www.mag2.com/m/0000052108
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

Follow me!