愛を伝える上手な撫で方1

愛してる。愛しているよ。

1日100回「愛してる」と言うつもりで、セックスをしましょう。すると……

必ずあなたは、恋人を抱きしめ撫でています。
まずは、ここから実践してみてください。

❤上手な撫で方
これからのお話は、「愛を込めて」という点は、大前提としてお聞きください。普通、撫でるといえば「手のひらでさする」ですよね?うん……普通です。これを普通でないようにすれば、或いは上手な撫で方になるのかもしれない……そんな気がします。

その1。
手のひらだけでなく肘まで使って、広い範囲で撫でましょう。例えるなら、車のワイパーがありますよね?肘から先をワイパーにするイメージで撫でるとOKです。ただ、動きはワイパーのように扇状だけではなく、縦にも横にも円のようにも動かしましょう。これは主にペッティングの最中が効果的です。

その2。
マーチン流、これは男女問わず感じてしまう撫で方です。どうするのかというと……指を立てて、指圧しながら撫でるのです。言葉で説明するのは難しいのですが、例えば、家に恋人が遊びにきました。そこで……

「よく来てくれたネ!」
「うん」
ぎゅうっ。

と、立ったまま抱きしめ合うじゃないですか?そのときに、
え……?抱きしめない??それが、そもそもいけませんよー!抱き合いましょうーーっ!!

で、そのときに……指1本または2本で、背中に線を引くように強めに撫でると、ゾクゾクしちゃいます!これは簡単ですから、すぐにトライしてみてください。そして、この発展版。

1、手のひらの下部でやや強く背中を撫でる。→強くというのは、手のひらを押し付ける感じです。
2、1をしながら、親指から小指まで、「1、2、3、……」と順番に指を立てる。

難しかったら、手のひらを背中に当てて、指を順番に立てるだけでいいです。ポイントは、「撫でる」よりも「指で押す」というイメージ。強さは、ミカンの実に穴が開くか開かないかくらいがベストです。また、撫でる場所は、背中からわき腹にかけてと内股。そして、ペッティング中に胸を撫でるときにも効果的です。

胸といえば、一種のツボだと思うのですが、乳首の外側斜め上5~10cmくらいに、指圧すると感じるポイントがあります。場所の説明が難しくて申し訳ありませんが……う~ん、乳首と脇の下をつなぐライン上にあるようなイメージです。頑張って探してみてくださいね。

❤乳首の正しい(?)愛し方
乳首の話がでてきましたので、ちょっとお話を。胸を愛撫するときに、乳首をさわったり舐めたりするのは誰もがすることだと思います。詳しい愛し方は、該当講義のときにお話しますが、ここで、ふたつ大きなポイントをお伝えしておきます。

まず、女性の方へ。男性も乳首は感じます。女性と同様だと思ってください。ですから、できるだけ男性にもしてあげてくださいね。

そして、ふたつめのポイント。これは男女共通です。あなたは胸を愛撫するとき、どうやっていますか?多分……片方ずつ愛撫していると思うのです。そうではなく、両方の乳首を同時に愛しましょう。片方ずつするより、はるかに感じます。以外に知られていないポイントですので、是非お二人で試してみてくださいね。

両手とお口を使えば、両方の乳首プラス……もう一箇所。もう一箇所をどこにするかはあなたにお任せしますよ!

つづく

Follow me!