前回、恋愛体質のつくり方について、大きく2つのことをお話しました。

1.恋ができない、しづらいと思っている場合、その理由を解決すること。
2.実る可能性が0%の恋はないと考えること。

そして、1の例として「ペットを飼っている」というお話があったのですが、ペットを愛していらっしゃる方から、

「あんな方法、可愛そうです!」
「ペットを飼ってないから言えるんですよ」
「1日放っておいて、本当に死んでしまったのを知っています。訂正してください」

といったご意見を頂きました。まず、ご不快にさせてしまったことをお詫び申し上げます。すみませんでした。ただ、だからこそ……前回、そして今回のお話は必要なのだと思いました。

今回の内容、お話の目的は1つです。ペットを飼っている方にとっても、飼っていない方にとっても、「今よりも、もっと恋を実らせるには、どうしたらいいか」という答えを見つけることです。では、早速参りましょう!

▼ 僕が今、ペットを飼っていない理由 ▼

どこからお話しようかなぁ……。
僕、ペットは長い間飼っていました。3歳のときから18歳の大学生になるまで。

ネコ、犬、にわとり。 ←同時進行。

そうそう!「こけっこっこー!」と朝に鳴くのは「雄鶏」だけだって、ご存知でしたか? セミとか、コウロギとかと同じで、普通は雄だけが鳴くのです。でも……ウチのにわとりは、雌鶏がマネをして鳴いてました。

「こけっ……ここーっ!」 ←どこか違う。

……というわけで、ペットの良さは良くわかっています。今でも実家に帰ると「ミーニャ」というネコが元気にいます。すごく可愛いので、帰省するたびに撫でまくって嫌われて帰ります。

ミーニャには僕の愛は重いらしい。がーん。

そんな僕が、どうして今はネコや犬を飼わないか。それは、副作用が大きいからです。世話をするのが面倒くさいとか、そういう話ではありません。「他の人との関係」に与える影響が、すごく大きいと気づいたからなのです。

▼ 色んな例で考えてみよう ▼

ペットを飼うことが正解や間違いという議論は成り立ちません。TVを見るとか、野球をするとか、そういう話と同じです。では、どうやって考えたら良いかというと、「何を優先するか」という立ち位置というか、視点を決めて考えることなのです。すると、「その視点」において、正解、間違いは話せるようになります。

少し話がそれますが、仕事においても「これは話してもラチがあかない」ということがありますよね。こういう場合は、ほぼ「それぞれの立ち位置が違う」のが原因です。だから、どちらも正論を話すため、話の収拾がつかないのです。では、このメルマガの視点は何か。それは「恋愛」という視点から考え、お話しているということです。

あるご相談者から、「あなたの家にはネコと小鳥がいるよね。それも、やっぱり私にはダメだったんだ」と、お別れを言い渡されたお話がありました。過去こういった話で、婚約破棄にまでなった例もあります。

「ペットを飼っているからダメ」ではないのですが、「それも大きな理由のひとつになった」というお話です。これ、「恋愛」の視点から見ると相手は悪くありません。

・仕方ないとあきらめる。
・結婚したいなら、ペットをなんとかする。

既に説得ができないなら、この2つしか解決策はないのです。恋は今が真実だとお話しますが、「人生は、今の決断が今後も真実」だったりします。何が言いたいかと申しますと、「今の決断」が「今後に影響することがある」のです。

そうですね、例えば。今日トンカツを食べてもラーメンを食べても、基本的に明日以降には何も影響ありません。多少胸やけがする(?)くらいです。

こういうお話はいいのですが……では、500万円の車を買ったらどうでしょうか。明日以降が、その決断によって変わってくる可能性があると思います。タトゥー(刺青)を入れた。これは明日以降に影響するでしょうか。今の時代なら小さなワンポイントは、あまり影響しないと思います。でも、大きな広範囲のものを入れたなら、明日以降に影響してくる可能性があると思います。

このとき、ペットの話と同じようにそれぞれに「正解とか間違い」があるわけではありません。でも、考える視点によっては、正解も間違いもあるのです。そこで「恋愛」という視点から考えてみます。

とんかつ か ラーメンか。
……どちらでもいいですね。
ダイエットをするなら、どちらもダメですー。

車を買うか、買わないか。
購入、維持にあたり、金銭的に今と同じ生活が保てるなら、僕は「買ったほうが良い」と思います。あくまで恋愛の視点ですよ。恋人を得るためにも、既にいる恋人と過ごすにも、「あったらあっただけ」の大きな効果が期待できます。

しかし、金銭的にムリがあるなら「購入しない方がいい」です。ムリをして購入したためローンにおわれ、恋人ができても……「ローンがきついから、バイトしないと」「残業して稼がないと、お金ないから」「毎日仕事で疲れてるんだ」となり、恋愛の視点で考えると買った意味がありません。だから、買うべきではないのです。

タトゥーについてはどうか。
恋愛の視点で考えると「大きなものは、入れるべきではない」と僕は思います。自分の満足は得られても、今後出会うであろう「恋人になりえる人」に、それが受け入れてもらえるかどうか、わからないからです。(既に入れていらっしゃる方、厳しい意見でごめんなさい…)

そういえば、ある芸能人カップルは、お互いの胸に「半分のハートのタトゥー」を入れているそうです。二人が裸で抱き合うと、それが1つのハートになるそうです。うん、これだけ聞くとすごいです。ぜひ、末永く続いて欲しいと……思います。

では、ペットを飼うか飼わないか。これは、どうでしょうか。実は車やタトゥーと同じレベルの話になるのです。恋人になりそうな人がいるとき、或いは、恋人がいるとき。「戻ってペットの世話をしないと」と言うのは、「ローンがきついから、バイトしないと」と言うのと同じでしょう。

「ネコアレルギーだから、ごめんなさい」と言われるのは、タトゥーを受け入れてもらえない事例と同じだと思うのです。

▼ 将来を大きく変える可能性がある決断 ▼

人生における「今の決断」が、将来を大きく変える可能性がある。そういう「決断がある」ことは、誰もが気づいていると思います。遠方、海外に転勤する。留学する。こういった話は、誰もがその後の自分のことを考えます。これは、その後に影響が出るだろうということが、わかりやすいからです。

恋愛という視点で考えるなら、実はペットもこれと同じレベルで考える必要があったのです。ネコや犬なら、元気に生きてくれたら10年?20年は一緒にいます。ということは、例えば25歳で独身の状態でペットを飼ったら……

・ペットOKの人としか、恋愛も結婚もできない。
・動物のアレルギーを持っている人は、説得のしようもない。
・いい人に出会ったとしても、ペットの世話をしつつ、上手にお付き合いをこなしていかないといけない。

恋愛の視点に立つと、これだけのハンディを抱えてしまうのです。だから、僕はペットを飼っていないのです。もちろん「恋愛の視点」でも、ペットを飼うことの利点はあります。相手の人もペット好きで、「わあ!見てみたい!」という話になれば、縁結びになってくれる可能性もあります。しかし、残念ながら、それは希少な例になってしまうと思います。

過去、知人に「かわいい犬がいるから、ウチにおいでよ」と縁結びにしまくっている人がいました。こういう風に、なれればいいのですが……。

……。

何を優先して考えるか、それは誰も自分次第です。
あなたの恋を実らせるために、このお話がお役に立てば嬉しく思います。

                written by Martin 2007.03.30 / 2021.02.22

恋愛教室PREMIUMは 「もっと、あなたの気持ちを叶えます」

来週、4月5日号は、超ロング!人気の1本立て。

「ヒット率99%の超理論」に学ぶ、恋愛術。

                ※参考:PHP研究所/ヒット率99%の超理論

・ヒット率99%の理由。
・相手の気持ちを正確に読む方法。
・相手に気に入ってもらう方法。

など、ビジネスに恋愛に通じるお話をしてまいります。
そして、僕自身、今、この理論を実践しております。
ぜひ、一度ご覧になってみてくださいね!

該当号はこちらです。
https://www.mag2.com/archives/P0000272/2007/04/

☆¨・..。.・¨☆¨・..。.・¨☆¨・..。.・¨☆¨・..。.・¨☆

毎週金曜日発行(第5週目はお休み)
1ヶ月分/4本で550円(税込)定期購読もぜひ。(2021年現在)
ご購読の初月は無料でご覧頂けます。

ご登録は、簡単にできます。

・お申し込みはこちらです。
https://www.mag2.com/m/P0000272

・詳しいご案内はこちらです。
https://www.martin.ne.jp/cm/premium.htm

● 恋愛教室、最新情報はこちらです。
https://www.martin.ne.jp/

● マーチンに直接ご相談をご希望の方は、こちらからどうぞ。
 無料相談コーナー > https://www.martin.ne.jp/gatex/bbs.cgi
 有料相談コーナー > https://www.martin.ne.jp/counseling/

● 最近の活動(2007年)

 4月 7日発売 GLITTER 5月号

 3月23日発売 ViVi 5月号

● ドコモ公式サイト ★マーチン先生の恋愛予備校★ 好評運営中!(2007年)
 [iメニュー]→[メニューリスト]→[占い]→[心理・診断テスト]
 週に5回、皆さまの相談にお答えしています!

●著書のご案内
「がんばりが報われる恋愛術」
「逆転の恋愛ルール」
「秘密の恋愛ルール」