今回は、僕個人に最近おこった出来事のお話です。

んん!誰ですかっ。
身を乗り出して読み始めた人はーっ☆

実は、「こんな偶然ってあるの??」ということが、8月?9月にかけてあったのです。何があったかといいますと……数年前にお付き合いした(しかけた)女性から、メールが来たのです。しかも、時を同じくして3人も!

もちろん、3人は住んでいるところも交流も全くないので、タイミングを計るなんてことはできません。数年越しの連絡なんて、過去7、8年はなかったのですが、それがこの1ヶ月に3件も集中する。星の巡り……とでも言えばいいのでしょうか、本当に不思議なものです。

今回は、この理屈で説明できないような事件(?)を題材に、「数年後にメールするときのメール術」をお話したいと思います。

◆ なぜメールしてきた!? ◆

メールを送る側の心理を最初に考えてみましょう。それは、まず間違いなく「お返事が欲しいから」です。再度連絡を取りたい……ということですね。メールの内容が、受け取り側に対する「文句やグチ」でなかったら、100%そうだと思っていいでしょう。

では、「自分がメールを送る側」になったときに、どうすることが大切か。それは、受け取る人がメールを見たときに、「ああ、懐かしいなあ。お返事してみようかな」と思うようなメールを送ること。これが一番大事だと思うのです。

今回、僕に届いたメールは3つとも全然違うものでした。それぞれについて、プライバシー保護はしつつ……いえ、僕のプライバシーではなく(笑)相手の女性のですよ!考えていきましょう。

◆ メールその1 「え??」 ◆

最初に届いたのは、「えっ?」と思うメールでした。それは、何も書いてなかったのです。無題。本文も何もなし。ただ、送り主の名前が「送信者欄」に出ているだけ(こちらの携帯に登録してある名前が出ている、ということです)。この人を仮に「東さん」とします。

驚いたのは、この2日か、3日前に、ふと。ほんの一瞬ですが、「東さん、最近元気にしているかな?」と思ったことがあったのです。ウソみたいですが、本当の話です。世の中には、理屈で説明できないことって、本当にあるみたいです。

なので、メールをみて「え??」と驚いたのです。そして、考えました。
「これって、なに? ただの間違いメール……??」

まずは、誰もがこう思うと思います。題名も本文もブランクで送られてきたわけですから、間違いメールなのだろうと。僕も、最初はそう思っていました。しかし、これをある友人に話をしたとき、やっと気づいたのです。

間違いメールのわけがありませんよーーっ☆
だって、題名も本文もブランクのメールを携帯から送るには、

・アドレス帳から僕を選んで、「メール作成」を選んで、作成画面を開いて送信。
・新規メール作成を選んで、あて先の欄でアドレス帳を開き僕を選んで送信。
・もし、過去のメールがあったなら、それを選んで「変身」じゃない、「返信」を選んで、題名の「Re:」を消して、本文も消して送信。

の、いずれかをしないといけないのです。……どれをとっても、間違いでできることではありません。つまり、このブランクメールは、意図的に送られてきたはずだと言えるのです。

うん、名探偵コ○ンみたい。
これもマーチン恋愛術の面白いところです☆

このメール、僕は職業柄、すごく勉強になりました。数年ごしに、連絡をしてみたい。でも、どんなメールを送ったらいいかわからない。勇気がない。そんなとき、このブランクメールの方法は、かなり効果的だと思います。

恋愛は、「相手に自分のことを考えさせる」ことが大事です。それを踏まえたら、このブランクメールは「死ぬほど考えてしまう」ので、その時点で、ある意味成功だといえるのです。受け取り側にその気があったら、間違いなく返事が来ると思います。

えっ……?
僕はどうしたのかって?

わはははは。
残念ですが、お返事はしませんでした。

◆ メールその2 「ん!?」 ◆

2つ目に届いたメールは、ちょっと困ったものでした。正直なところ、読んで残念な気持ちになってしまったのです。ご紹介すると、皆さまも同じような気持ちになってしまうと思うので、概要だけお話すると……

1.元気ですか? という普通の挨拶に始まっている。
2.途中で当時のクレーム?が書いてある。(私も悪かったけれど、あなたも悪いといった話)
3.僕と出会ったことで、今はステキな人と付き合っているという話。
4.ちゃんと彼女はできましたか?という話。
5.応援しています。という話。

こんな感じです。途中、2の内容を読んだ段階で、かなり残念な気分になりました。これは、1.3.5の内容だけに留めることが大切でしょう。そうでないと、誰が見ても2は気分を害するし、4はそういう気分で読むので「余計なお世話だよ」と思えてしまいます。

「思いは伝えてナンボ」ではありますが、相手が受け止めやすいように伝えることが大切です。このような話は、実際のご相談例でもあるのです。相手に思いを伝えるときに、

・好意を伝えたいのか。
・お詫びをしたいのか。
・相手に意見を言いたいのか。

が、ハッキリしないメールを送ってしまうときがあるのです。
例えば、「ケンカをして謝ろう」というときに、
こんなメールを送ってしまう失敗があります。

-------------------------
題名:ごめんなさい(>_<)

この前は、本当にごめんなさい。
あのときの私は、どうかしていました。

でも、約束していた日の夕方に、突然キャンセルされた私の気持ちもわかって欲しいです。とっても悲しかった。すっごく楽しみにしてたのにって……。だから、ああいう行動を取ったんだと思うし……。

それに、その前の約束も急に変更になっていたし、本当に私のこと好きなのかわかんなくなってて不安だったんです。

以下、同様な感じが続く~
-------------------------

これは、題名と最初の2行は「お詫び」なのですが、結局は、自分の言いたいことを、延々と告げてしまっているのです。これでは、仲直りは難しくなります。メールを送るときよりも、メールを送った後にどうなりたいのか。それを考えて送ることが大切でしょう。

◆ メールその3 ほんわかするメール ◆

そして、3つ目に届いたメールは、ほんわかするメールでした。

-------------------------
こんにちは。○○に住むレモンです。
お会いしてからもう○年も経ちましたが、
私のことを思い出してくれるでしょうか?

当時は ~略~ 本当にうれしかったです。

先生のがんばっている姿を見て連絡したい
気持ちが抑えられず、メールしてしまいました^^
これからもそっと応援しています。
-------------------------

一番正攻法なのが、このメールだと思います。やっぱり、こういったメールですと「ありがとうございます」などと、きちんとしたお返事をしたくなる人が多いのでは……と思います。

…………。

数年越しにメールをするときには、メールした後にどうなりたいのか。それを考えて送ることが大切なのだろうなぁ……と思いました。もしも、皆さんにこういった機会ができたなら……そのときの参考にして頂けたら嬉しいです。

                written by Martin 2007.09.28 / 2020.12.01

P.S.

このメルマガのプレミアム版、恋愛教室PREMIUMも、是非どうぞ!

9月のメインコンテンツ

・笑顔で、そのままを伝えよう
・恋愛におけるベストの距離は0cm! ☆距離の取り方がわからない人、必見
・ピロートークを楽しむエッチをしよう
・24(トゥエンティ・フォー)に見る、男の魅力  ☆男性諸君はぜひ!
・プチセックスレスから脱出できた私たち
・自分から行動できる恋愛で成長しよう
・問題が多い恋を克服しよう! ~ライバルがいる遠距離を実らせるには~

該当号はこちらです!
https://www.mag2.com/archives/P0000272/2007/09/

☆¨・..。.・¨☆¨・..。.・¨☆¨・..。.・¨☆¨・..。.・¨☆

いかがでしたでしょうか?
ご興味頂けましたら、ぜひ、一度ご覧になってみてくださいね。

毎週金曜日発行(第5週目はお休み)
1ヶ月分/4本で550円(税込)定期購読もぜひ。(2020年現在)
ご購読の初月は無料でご覧頂けます。

ご登録は、簡単にできます。

・お申し込みはこちらです。
https://www.mag2.com/m/P0000272

・詳しいご案内はこちらです。
https://www.martin.ne.jp/cm/premium.htm

● 恋愛教室、最新情報はこちらです。 https://www.martin.ne.jp/

● マーチンに直接ご相談をご希望の方は、こちらからどうぞ。

 無料相談コーナー > https://www.martin.ne.jp/gatex/bbs.cgi
 有料相談コーナー > https://www.martin.ne.jp/counseling/

●最近の活動(2007年)
コンビニや書店でお見かけの際には、ぜひお手に取ってみてくださいね。
9月27日 主婦の友社より、新刊発売!「あぁ残念! ここにもいたか、○○男」
10月23日 TOKYO1週間 「カップル LOVEの新基準」(仮)
10月27日 with 12月号 今さら人に聞けない!全女性必読!恋のお悩み100実例解決