今週の恋愛教室PREMIUM、内容はこちらです。
──────────────────────────────────────

          - まぐまぐ大賞2020、投票受付中 -

            ご投票よろしくお願いします!

コチラ >> https://www.mag2.com/events/mag2year/2020/form.html?id=P0000272
─────────────────────────────────────
                               2020/11/27

 -/ マーチン先生の恋愛教室PREMIUM /-

   『 素直に、まっすぐ、真心を持って- 』

   20年間、のべ1万人を超える実績で磨かれ続ける、マーチンの恋愛論

メルマガ、バックナンバー更新中! >> https://www.martin.ne.jp/?p=5782
━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆━
☆ I N D E X
━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆━

<1>これぞメイン!マーチン論の極意 人生哲学
    PREMIUM講座/人はどう生きるべきなのか ~鬼滅の刃に学ぶ~

<2>番外編の特別授業!
    恋愛教室 課外授業/コロナ禍での顔合わせ、結婚式、妊活、
                           何を優先すればいい?
<3>エッチはぜったい大切!
    メイク・ラブ指南/女性を口説くときのキスの仕方

<4>最後にもうひとつお話を☆
    あとがき/鬼滅の刃、とても良かったです!
                  & 今月のオンライン教室についてご案内

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
●マーチン先生の恋愛教室PREMIUM/人生哲学
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Ω 人はどう生きるべきなのか ~鬼滅の刃に学ぶ~

鬼滅の刃、観て来ましたー!

結論っ!!

今までで、一番涙が出た映画でした……(;_;)ううう。

物語が素晴らしいのもあるのですが、この映画は子を持つ親、又は、弟子や後輩を心底可愛がって育てている、そんな大人が見ると、クライマックスは涙が出っぱなしになると思います。とても胸を打つ、そして為になるお話でしたので、お話させて頂きたいと思います。

※ネタバレがありますので、その旨宜しくお願いします。

◆ 人は、どう生きるべきなのか ◆

鬼滅の刃、僕も映画でしか観ていませんが、どんな内容なのかざっとお話しますと、「人を喰らう、永遠の命を持つ鬼」と「限られた命を持つ人間」の戦いの中で、人間の素晴らしさ、命の尊さ、そして、「紡がれていく想い」語る物語だと言って良いと思います。

親から子へ、子から孫へ、師から弟子へ……と「紡がれていく想い」を、眩しすぎるほど伝えてくれるものでした。僕はリアル教室やこのメルマガで、今の日本への疑問を投げかけることがあります。ここ数年でよく口にするのは、「個人の自由ばかり尊重されていて、すべきことや義務がないがしろになっている」ことです。

人は、どう生きるべきなのか。
日本国民は、どう生きるべきなのか。
それを自信を持って語れる人が、今の日本に何人いるのでしょうか。

僕は、こんなお話をしたことがあります。僕たちが受け継いだ「日本」を、次の世代により良い形で渡していく義務があると。これは地球規模でも同じことが言えます。だから僕は、あれだけ痛い目を見たのに原発を再稼働させようとする政治には、信じられない気持ちで一杯になるのです。

……なんてグチを言う場ではありませんね☆

「日本国民はどう生きるべきなのか」という話。これを問われると、皆さんも尻込みしてしまうだろうと思いますが、どう答えるかは人それぞれでいいのです。えっと、「答えはひとつでなくて良い」ということです。「自分はこう思う!」「私はこうだと思う!」という、熱い想い胸に持つ。そしてそれを子へ、弟子へ、紡いでいくことで想いが大きくなっていく。それが、人の素晴らしさなのです。

◆ 母から子へ、師から弟子へ ◆

鬼滅の刃、映画では「煉獄杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)」が主役となります。この人です >> https://www.cinematoday.jp/page/A0007490

見ての通り、煉獄さん(映画でこう呼ばれますので、そのままいきます)は、僕よりもオチャラケた人ですが(笑) 秘める熱い想いは、僕の比ではありません。映画のクライマックスで、煉獄さんは死にそうになりながら鬼と戦います。そんな中で子供の頃にした、お母さんとの会話を思い出すのです。お母さんは、小さな煉獄さんに問いかけます。

「なぜ自分が人よりも、強く生まれたのか わかりますか」

小さな彼は「わかりません」と答えます。するとお母さんはこう続けます。

「弱き人を助けるためです。生まれついて、人よりも多くの才に恵まれた者はその力を、世のため人のために、使わねばなりません。天から賜りし力で、人を傷つけること私腹を肥やすことは許されません。

弱き人を助けることは、強く生まれた者の責務です。責任を持って果たさなければならない、使命なのです。決して忘れることなきように。母はもう長く生きられません。強く優しい子の母になれて幸せでした。あとは頼みます」

この場面で、僕は涙が止まりませんでした。 ←映画観たらわかります!(>_<)こういった想いを紡げる人が、今、どれだけいるのでしょう……。

そして煉獄さんは……


ご興味頂けましたら、こちらからどうぞ。
・まぐまぐ 
 ご購読ご案内

・FC2ブログ 記事1本からご購読頂けます。
http://dr-martin.jp/blog-entry-1797.html