前回のメルマガでは、「相手の気持ちがわからないときには?」と題して、「実は、恋を実らせるには、相手の気持ちを知ることは必須ではない」という切り口でお話をさせて頂きました。

これは、本当にその通り。
相手の気持ちを知ることよりも、もっと大事なことがありましたね。

前回はこちら
https://www.martin.ne.jp/?p=5767

後日、こんなご反響が届きました。
「恋を実らせるために必要なものを、ひとつひとつ実らせていく。この考え方は、とても目からウロコでした。でも、先生!やっぱり彼の気持ちが気になるんです!」

かしこまりました! それでは、彼、彼女の気持ちがわからないときの考え方を、今回はお話させて頂きます。

▼ 気持ちがわからないと思うとき ▼

ではまず考えてみましょう。そもそも「気持ちがわからない」というのは、どういうときに感じるのでしょうか?例えば、こんな状況を思い浮かべて下さい。ある異性Aさんが、あなたに「好きなんです。付き合ってください」と言ってきたとします。

きゃーーっ!おめでとうございますーーっ☆

お・わ・り☆

……コホン。

で、お付き合いをOKしたとします。その後、1日1回の電話かメール、週に1~2回はデートの誘いがある。これはどうでしょう?「彼(彼女)の気持ちがわからない」と思いますか? ……思いませんよね。「ああ、本当に好きでいてくれてるんだな」と思うでしょう。

では、こういうのはどうでしょうか。お付き合いをOKしたのはいいけれど、その後1週間連絡がない……。きっとあなたは、「彼(彼女)の気持ちがわからない」と思うでしょう。この違いは、1点のみ。「言動(言うこと、行動)が一致しているか、いないか」だけなのです。

つまり、相手の言動が一致していないときに、僕たちは「相手の気持ちがわからない」と感じているのです。

▼ 言葉と行動、どちらが真実? ▼

先程の例について考えます。言動が一致しないとき、僕たちはこう考えます。

「Aさんは、私のことを好きだと言う。……(1)
 だけど、付き合うようになって1週間連絡がない。 ……(2)」

この後に、(1)(2)を「結びつける、納得できる答え」を探すのです。「(1)(2)である。これは(3)だからだ」という感じです。この例でいうと、(3)に該当するのは、こんな感じではないでしょうか。

a.「きっと、Aさんは今忙しいんだ」
b.「Aさんの身に、何かあったんだ」
c.「本当は私のこと、好きじゃなかったんだ」
d.「他に彼(彼女)がいるのではないか」
e.「少なくとも、私を大切には思っていないのではないか」

このとき、あなたが(1)を優先すると、a~b になり、
(2)を優先すると、c~e になるのです。

では、どちらの意見が正しいのか?

マーチン論、「言葉と行動では、行動の方が真実味、説得力がある」です。

そして、(1)というのが、相手の「言葉」。(2)というのが、相手の「行動」を指しています。つまり、正解は(2)を優先した答え、c~e になることが多いのです。

▼ 精度を高める方法 ▼

先程の「行動を優先した答え」。あなたの感覚でも70%程度は「うん、間違っていないだろう」とご納得頂けると思います。「でも、信じたい」「こうであって欲しい」という気持ちもわかります。そこで、こういう場合は、「もう1つ何か事例を考えてみたらよい」のです。例えば、次のような感じです。

「1週間ぶりに連絡が取れて会った。会っているときは好きだと言ってくれてエッチもした。だけど、やっぱりその後は、また5日間連絡がない……」

そして、これについて先程と同じように考えるのです。「(1)(2)である。これは(3)だからだ」の考え方ですね。すると、(3)にあてはまるのは、こうなります。

f.「連絡が取れたということは、まだ私のことを好きなんだ」
g.「もしかしたら、エッチだけ?」
h.「やっぱり大切には思ってくれてないんだ」

ここで、相手の行動を優先して答えを見つめると……g~h に該当してしまいます。ここで2つの事例を掛け合わせて、相手の心理を見つめるのです。

> 先程の「行動を優先した答え」。あなたの感覚でも70%程度は「うん、間違っていないだろう」とご納得頂けると思います。

これを基準にしますと、「相手がちゃんと自分を好き」な可能性は、前者の事例で30%に該当します。右のお話ですよ。→ 「Aさんは、私のことを好きだと言う。だけど、付き合うようになって1週間連絡がない」この事例において 「相手がちゃんと自分を好き」な可能性は30%しかない、ということです。

更に、後者の事例でも30%に該当することになります。このお話です。→「1週間ぶりに連絡が取れて会った。会っているときは好きだと言ってくれてエッチもした。だけど、やっぱりその後は、また5日間連絡がない……」

ということは、「お相手がちゃんと自分を好き」な可能性は、30%×30%=9% しかないのです。つまり、91%は「やっぱり好きじゃない。大切に思っていない」になるのです。これが、冷静に「相手の気持ちを考えるときの、論理的な方法」なのです。

▼ 大切なものを見失わないように ▼

相手の気持ちを考える……この場に、上記のような論理、確率論を持ち込むのは、多少乱暴かもしれません。でも、これを重ねて2つ、3つとなるべく多くの事例で相手の心理を浮き彫りにしていく考え方は、十分実用的だと僕は思います。

…………。

相手の気持ちを考えるときには、「相手の行動」にフォーカスして、「筋の通る答え」を見つけることが、ポイントになります。そして、自分と相手の間にある、数多くの事例を考えることで、その精度をあげることができるのです(全体像を見つめる、ということです)。

ただ……どこまで精度を高めても100%にはなりません。

また、相手の気持ちを考えることは、前にもお話しましたように恋を実らせるために必須ではありません。相手の気持ちを知り、「それを自分の行動に活かせる場合にのみ、意味がある」のです。

相手の気持ちを測ることだけに捉われないよう、
恋を実らせるための行動を忘れないでくださいね。

                written by Martin 2007.11.02 / 2020.11.21

P.S.
このメルマガのプレミアム版、恋愛教室PREMIUMも是非どうぞ。昨日発行のプレミアムは、以下の内容をお話しております。

・ステキにお部屋にお邪魔しよう (品格のお話です)
・気持ちをどこまで出していいかわからないとき
・「沈黙」という行動を上手に使おう 

また、今月は次の特集を行います。
 ☆ 女性向けに「無事に結婚までたどり着くには?」
 ☆ 男性向けに「デートになると、緊張しちゃってダメなんですという君へ」

ぜひ、ご覧になってみてくださいね。

該当号はこちらです。
https://www.mag2.com/archives/P0000272/2007/11/


毎週金曜日発行(第5週目はお休み)
1ヶ月分/4本で550円(税込)定期購読もぜひ。(2020年現在)
ご購読の初月は無料でご覧頂けます。

ご登録は、簡単にできます。

・お申し込みはこちらです。
https://www.mag2.com/m/P0000272.html

・詳しいご案内はこちらです。
https://www.martin.ne.jp/cm/premium.htm

● 恋愛教室、最新情報はこちらです。 https://www.martin.ne.jp/

● マーチンに直接ご相談をご希望の方は、こちらからどうぞ。

 無料相談コーナー > https://www.martin.ne.jp/gatex/bbs.cgi
 有料相談コーナー > https://www.martin.ne.jp/counseling/

●最近の活動(2007年)
 コンビニや書店でお見かけの際には、ぜひお手に取ってみてくださいね。
 10月23日 TOKYO1週間 「イマどき 恋愛マニュアル」
 10月27日 with 12月号 今さら人に聞けない! 全女性必読!恋のお悩み100実例解決
 12月6日 PHPカラット 「男で笑う女、泣く女の超意外な!?別れ道」

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`fc2` not found]