今週の恋愛教室PREMIUM、内容はこちらです。
─────────────────────────────────────
                               2020/11/13

 -/ マーチン先生の恋愛教室PREMIUM /-

   『 素直に、まっすぐ、真心を持って- 』

   20年間、のべ1万人を超える実績で磨かれ続ける、マーチンの恋愛論

Youtube 11/6 更新しました。>> https://www.youtube.com/watch?v=hG_w8TmyJVk
━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆━
☆ I N D E X
━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆━

<1>これぞメイン!マーチン論の極意 実践マニュアル
    PREMIUM講座/婚活で「今までに何人と会ったか」を
                           聞いてはいけない理由
<2>21世紀を良いものにしていこう!
    人間力を高めよう/新型コロナ、第3波の中での過ごし方。婚活の進め方

<3>番外編の特別授業!
    恋愛教室 課外授業/また1名、新たに正式交際突入!

<4>最後にもうひとつお話を☆
    あとがき/フォークギター、再始動!?

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
●マーチン先生の恋愛教室PREMIUM/実践マニュアル
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Ω 婚活で「今までに何人と会ったか」を聞いてはいけない理由

はい! 早速ですが題名の通りです。

婚活で……いえ、恋活も同じですね! 出会いの場でお相手に、
「今までに何人と会ったか」を聞いてはいけない理由は何でしょう?

ん? 「今までに何人と会ったか、聞いてはいけないんですか?」って?

はい、ダメですよ~(>_<)(>_<)(>_<)

「それを聞くのは、恥ずかしいことですよ」というのが、
恋愛教室の標準マナーですので、ぜひ覚えておきましょう。
というわけで、今初めて知った人も「聞いてはいけない理由」を考えてみましょう!

はい、では参りましょう!

◆ 三段重箱の答え ◆

これ、分かる人には簡単に思える問題ですが、答えは単純な回答ではありません。
「三段重箱」のような回答になります(^^)

というわけで早速一段目から、これはほぼ全員お分かりだと思います。
「自分が質問されたらどうだろう?」と考えますよね。すると、初めてや二人程度
なら事実のままに答えられると思いますが、5人、6人……10人、20人となると
「そのまま答えるのは、どうなの?」と感じることがわかります。

ゆえに、この時点で「聞くとお相手を困らせる質問である」ことがわかります。
だから聞くべきではないだろう、となるわけです。

そして、ここで出てくるのが「聞かれたら、どう答えたらよいか」という質問です。
はい! 「今までに何人とお会いしたんですか?」と聞かれたら、
どう答えたら良いでしょうか? これは簡単な問題ですので、頑張って!

はい、「○○さんが初めてです(^^)」とお答えしたらOKですね!
5人目だろうと、10人目だろうと、答え方はこれで良いです。

今、婚活や恋活をしているわけです。その時点で大事なことは、事実を言うことでは
ありません。この出会いを実らせることであり、そのためには「お相手にとって心証
の良い返答をすること」がポイントになるからです。

では、ここで応用です。
次のような場合は、どう返答したらよいでしょうか?

「でも、私は入会して1年経っているので、
 初めてと言うとウソっぽいんですが……」

これも答えは同じで、「○○さんが初めてです(^^)」で良いのです。
ただ、それをホントっぽくする補足をしたら良い、と考えてみましょう。
どんな話を付け加えたら良いでしょうか?

僕のお勧めはこのような感じです。「○○さんが初めてです(^^)」とお伝えした後に
「1年前に入会したのですが、事情があって休会していました。先月活動を再開した
んです」等と添えたら良いでしょう。

この辺り、事実を言うことではなく「お相手にとって心証の良い返答をすること」が
大事だとよくわかるお話だと思います。

◆ 伝え方を考えてみよう! ◆

そう言えば先日、この「お相手にとって心証の良い返答をすること」でご縁を繋いだ
お話がありました。10/30号の「何としても今年中に結婚したいにリーチ!」でご紹介
したお話です。

●PREMIUM No.908 「何としても今年中に結婚したい」にリーチ!
まぐまぐ:https://www.mag2.com/archives/P0000272/2020/10/
FC2 :http://dr-martin.jp/blog-entry-1781.html

僕がこの女性Iさんに男性を紹介したのは、10/7(水)でした。しかし、
男性からIさんにお見合いの申込みを頂いたのは、9/23頃だったのです。
普通2週間も放置していたらダメになりますが、このご縁が繋がったわけです。

9月、Iさんは別の男性とお見合いをして、何度かお会いしている最中でした。
僕の紹介所では同時進行は禁止していますので、このご紹介は止めていたのです。
通常、こういった場合にお申し込みを頂いても丁重にお断りするのですが、この彼は
僕が見て「かなり良さそうな男性」でしたので、ダメ元で保留にしていました。

そして2週間後の10/7(水)のリアル教室の時に、その時頑張っていた男性との
お話を聞き、かなり難しい(進展が考えられない)状況がわかりました。
あっ、この状況もメルマガでご紹介していますね。こちらです。

●PREMIUM No.905 メール&LINEで体質改善していこう
まぐまぐ:https://www.mag2.com/archives/P0000272/2020/10/
FC2 :http://dr-martin.jp/blog-entry-1769.html

その話の中で「実は今、保留にしている男性がいらっしゃるけど、どうですか?」
とご紹介したところ、即決! その場で「お会いしたいです!」となったのです。

が!! ここで、当然の心配が出てきます。
男性の立場で言えば、自分が申し込みをして2週間も放置されているわけです。
今更、「お見合いOK」と返事をもらっても……良い気分はしませんよね。

では、これを良い気分で受けて頂くには、どうしたら良いでしょうか?
さあ、まさに「事実を言うことではなく、お相手にとって心証の良い返答をする」
です! 考えてみましょう。


ご興味頂けましたら、こちらからどうぞ。
・まぐまぐ 
 ご購読ご案内

・FC2ブログ 記事1本からご購読頂けます。
http://dr-martin.jp/blog-entry-1788.html