10月2日の恋愛教室PREMIUMで、「会話のない状態」を取り扱ったお話がありました。それは、こんなお話です。会話がない状態にも二種類あると思います。1つは、「二人にしっかりした繋がりがあるけれど、会話がない状態」。もう1つは「二人の繋がりが弱く会話がない状態」です。

これについて、色々な事例を掘り出して分析してみたのです。すると、かなり「すっきり」見えてくるものがあったのです! 例えば、メールのやりとりをしても「うわべだけだよな〜」と思うことってありますよね。

「お疲れさま!今日もいい天気だね。木曜日はつらいけど、がんばろう!」といったメールばかりが何度も往復すると、そういう気分になります。一見、気遣っているように見えますが「うわべだけ」に感じてしまうのです。

で、こういうやりとりは「出会ってから交際に至るまで」に多いのです。例えば、合コンで知り合って、「来週末にゴハンに行こう!」となったとき、「来週末までの間」がこういうメールの往復になってしまいやすいのです。

ただ僕自身、これは仕方がないと思っています。相談事でもしたなら深い話ができるでしょうが、取り合えず「いいな」と思った者同士の状態では、新たに話すことがないのです。しかし、ちゃんとした交際にしていくには、これを「どこかで切り替えることが必要」なのです。

恋愛教室PREMIUM10月号、ご購読はこちらです。
https://www.mag2.com/archives/P0000272/2008/10/

このメルマガをご覧になった方から、こんなご相談が届きました。

<メール>−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

はじめまして、まきと申します。
私の悩みは、彼が本音で接してくれていない気がすることです。

2ヶ月、週1〜2日は会っていますが、違和感を感じることが多いです。メールもうわべだけのやりとりが続いてる気がします。「私に合わせて我慢してるんじゃ?」と思うことが沢山あるんです。そういうのが苦しくて、

「もっと言いたいことや、したいことがあったり、嫌なことがあったら言ってくれたら嬉しいな」と言うのですが、「あったら言うから大丈夫だよ。」と。

それに、やりすぎの親切って、かえって気を遣ってしまう場合がありますよね? そういうのも多く、「そこまで気を遣われると、逆に申し訳ないくてどうしたらいいかわからないよ」と伝えるのですが、「大丈夫、気にすることないから」と言われます。

映画を観たときなど、私は自分が感じた印象や思ったことを話すのですが、彼は「刺激になった、良かった」などで、具体的なことは話してくれません。「例えば?」と聞いても腑に落ちない感じで。

結婚も意識しています。でも、結婚するには、お互いが本音で話せることが絶対条件だと思っているのです。どうしたら、彼が本音を言ってくれるような環境をつくれるのでしょうか。普段から本音を言い合えるには、どう接したらよいでしょうか?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

交際しているけど、本音を言ってくれないお相手……。さあ、あなただったら、どうしますか? 一緒に考えてみましょう!

▼ 自分と他の人は、やっぱり違う ▼

本音で接してくれない彼とのお話、僕はこれを見て、まず1つピンときたことがありました。例えば、僕やまきちゃん。そして、多数の人は、人と接するときに「基本は本音」で接すると思います。でも、他人と接するときに、「必ず距離を取って接するクセがある人」もいらっしゃるのです。

本人は、別に距離を取っているつもりはなく、普通のつもりなのです。だから、「気を遣わなくてもいいよ」と言っても、「遣ってないよ、大丈夫だよ」という返事しか戻ってこないのです。

昔、ツライことがあったり、人間関係がうまくいかなかったり……という経験を持つ人に割と見られる傾向があります。人と本音で接すると、少なからず傷付きますので、これを防ぐための無意識下による自己防衛なのですね。

自分の普通が、相手の普通とは限りません。また、自分にできることが、相手にできないことも多いのです。これは、恋愛に限らず学問、ビジネスでも共通する、「相手を伸ばそうと思うとき」に、特に大事なことなのです。

▼ 気持ちを代弁して引き出そう ▼

では、「距離を取って接するクセがある人」と交際する場合、どうしたらよいのでしょうか? このようなとき、

> そこまで気を遣われると、逆に申し訳ないくてどうしたらいいかわからないよ。

と言っても、もちろん効果はありません。相手の本音を引き出すには、こちらが代弁してあげるのが有効です。例えば、映画を観たお話がありました。そういうときには、

「主人公が女の子を助けたシーンがよくなかった?」
「主人公が女の子を助けたシーンがよかったでしょ?」

など、相手が思ったであろうことを予想して代弁するのです。「主人公が女の子を助けたシーンがよかったよね!」と言うと、ただ自分の感想を述べただけです。でも、「主人公が女の子を助けたシーンがよくなかった?」と言うと、彼の気持ちを聞いているわけなのです。

もっと自信があるときは、「主人公が女の子を助けたシーンがよかったでしょ?」と言うと、彼の気持ちを言い当てる形になります。こういった方法ですと、

> 「例えば?」と聞いても、腑に落ちない感じで。

これより、彼の気持ちが引き出しやすいことがわかるでしょう。普段気持ちを出さない人でも、気持ちを言い当てられてしまうと、それを否定してまでウソは言いません。そこに、本音を引き出すカギがあるのです。

そして、この代弁が当たっていると、「そうなんだよね。俺はさ〜」と、この話が誘い水になって、ペラペラしゃべり出してくれることがあるのです。一般に「この人にはなぜか、色々話してしまう」という人が、いらっしゃいます。こういう人の多くは、これを自然にやっているのです。

何を隠そう、僕もその一人ですので、
この方法が有効なのは間違いないですよ。

ゴハンに行くときも、きっと彼は「まきの好きなものでいいよ」と言うタイプだと思います。こんなときは、

「じゃあ、○○くんが食べたいものを当ててあげよう!(笑)んーーーーっと、お肉!」

「うーーん……」 ←悩んだ時点でハズレです! これ、大事!

「あ、じゃあ、魚!」 ←間髪いれずに突っ込みます。

<肉→魚と行けば、まあ、誰が相手でもほぼ当たります(笑)同様に、和食→洋食などもOKです>

「そーだねー……」

「じゃあ、刺身がいっぱいある居酒屋さんがあるから、そこはどう?」

「あー、いいねー♪(笑)」

という感じで楽しく言い当てっこをすると、いい感じになりますよ。

▼ 誘い水を打って、気持ちを引き出そう ▼

代弁をすること、誘い水を打つことで、相手の本音を引き出すのは、あらゆる場面で有効です。例えば飲み会で目の前にいるAちゃんに、こんな質問をしたとします。

「ねえ、Aちゃんは、彼氏いないの?」

これについて、「いる、いない」以外の次のような返事がきたとき、その後に続く言葉はおよそ予想できるので、誘い水を打つことができるのです。

「私、彼氏はつくらないんだ」→「ふーん……。で、何があったの?(笑)」

この場合、「彼氏は作らない」と思ったキッカケとなる出来事があると想像できます。だから「何があったの?」と言うことで本音を引き出しやすくなるのです。

「いると言えば、いるんだけど……」→「だけど……問題があるんだ?(苦笑)」

「だけど……」という逆接で繋がっている場合、「だけど、ずっと会ってない」「だけど、もうダメみたい」「だけど、相手は結婚してるんだよね」などが想像できます。それを引き出すわけです。Aちゃんにアタックしているときなら「だけど、俺にもチャンスがあるわけだ(笑)」なんて切り返しもOKですよ。

「さあねー」「ひみつ☆」→「じゃあ、いないってことで(笑)俺、立候補ね」

これは誘い水ではありませんが、相手の心理を読んでのアタックになります。「さあねー」も「ひみつ☆」も「いるけど、言いたくない」可能性が高いです。どうして言いたくないかというと、何か問題があるのかもしれませんし、「あなた」に興味があるのかもしれません。ゆえに「立候補ね」と言う隙があるわけです。

例外として、相手がカケヒキをうって「謎めいた感じ」を演出している場合がありますが、このときも要するに脈はあるので上記返答でOKです。また、非常に素っ気なく「さあねー」の場合は、完全に脈無しです。これは一見でわかると思いますので、混同しないでくださいね。

-----

また、会社の雑談では、次のような感じです。
下記、A子〜C子3人の会話、全員彼氏がいるとします。

A子「この前の連休、彼と温泉行ったんだぁ〜」
B子「わあ、いいなー☆ どこ行ったの?」

A子「九州のなんとか地獄っていう、温泉だらけの所〜!」
B子「うわー、すごいねー!」

C子「……いいなぁ〜」

この時点で、C子は交際中の彼との間に、問題があることがわかります。なので「あなた」が側にいた場合、

「Cちゃん、どうしたの? 最近、彼とはどこにも行ってないの?」
「Cちゃん、どうしたの? 最近、彼とは会ってないの?」

と誘い水を打つことで、悩みを引き出すことができます。ちなみに、

「Cちゃん、どうしたの?」だけとか、
「Cちゃん、どうしたの? 彼と何かあったの?」だと、

「ううん、なんでもないの」と引き出せないことが多いです。飲みながら1:1で話をしているときなら上記で十分ですが、複数の人がいる場面で気持ちを引き出すコツは、間違ってもいいから「具体的に言ってしまうこと」です。

上記では、「最近、どこにも行ってないの?」「最近、会ってないの?」と「何かあったの?」よりは、一歩踏み込んで聞いていることがわかります。

誘い水を打つコツは、次の2点です。
1.どうしてその発言をしたのか、根拠を見抜く。
2.その発言の後、どういう会話が続くのかを予想して、誘い水を打つ。

一見、難しそうですが、「そういう気遣い」を持って接していれば、いつでも自然にできてしまうようなことです。うん、ホントに「できて普通」になるようなことなのです。そして、もちろん、このお話はビジネスでも非常に役立ちます。お客さまの気持ちを汲んで、先に行動ができるようになるわけですからね。ぜひ、身につけましょう。

まずは、「そっかぁ。できて普通になれることなんだ」という意識を持って。そして、「思い出したときだけ」でも良いですから、ランチの雑談のときなどに「○○さんは、なぜさっき***って言ったのかな……」とコッソリ考えてみましょう。

これを何度かやっていくうちに、「会話を聞く→その理由を考える」という思考回路が、自然と身についていきますよ。

                    written by Martin 2008.10.17

●このメルマガのプレミアム版、恋愛教室PREMIUM。

毎週金曜日発行(第5週目はお休み)、1ヶ月分で税込550円です。(2020年現在)
ご購読の初月は無料でご覧になれます。

・詳しいご案内はこちらです。
https://www.martin.ne.jp/cm/premium.htm
・今すぐお申し込みの方はこちらです。
https://www.mag2.com/m/P0000272.html

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`fc2` not found]