今週の恋愛教室PREMIUM、内容はこちらです。
─────────────────────────────────────
                               2020/07/31

 -/ マーチン先生の恋愛教室PREMIUM /-

   『 素直に、まっすぐ、真心を持って- 』

   20年間、のべ1万人を超える実績で磨かれ続ける、マーチンの恋愛論

恋愛の全てがわかる!更新中です。>> https://www.martin.ne.jp/?page_id=2905
━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆━
☆ I N D E X
━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆━

<1>これぞメイン!マーチン論の極意 実践マニュアル
    PREMIUM講座/【特大号】婚活、出会い初期によくある事例2

<2>番外編の特別授業!
    恋愛教室 課外授業/いい男、いい女って?

<3>最後にもうひとつお話を☆
    あとがき/復活の日「人類は滅亡した。南極に863名を遺して」

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
●マーチン先生の恋愛教室PREMIUM/実践マニュアル
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Ω 【特大号】婚活、出会い初期によくある事例2

はい、今日は前回に続いてのお話です(^^)
婚活をするにあたって、出会い初期にありがちな事例にプラスして、
ご紹介した事例の続きをヒアリングすることができました!
こちらについて、お話していきたいと思います。

まずはこちら。関西にお住まいのYさんのお見合いからです。

◆ 意気投合したのに、お断り。なんで? ◆

Yさんは先日、神戸でお見合いをしました。
当日の流れとしては「お見合い → 意気投合してお茶」と進んでいきました。
こういう流れの場合、だいたい「またお会いしたい」となることが多いのですが、
そこで一旦保留になって、Yさんからこんなご相談が届いたのです。

<相談メール>-------------------------------

結論として、好きかどうかは一旦置いておいて、
違和感がなく信頼できそうな方だなぁと思いました。

ここからがご相談で、本当にこんなことでお相手にも申し訳ないのですが…
歯が色素の問題なのか茶色く、少しうっ…と思ってしまいました(>_<)
お見合いの時はほとんどマスクをされていたので、お茶の時に気づいたのでした。

チューできるかは、その時にならないと分からないという、先生の言葉を信じて
頑張りたいのですが、自信が無くなってしまって申し訳ありません…m(_ _)m
それでも、その時になれば出来るものなのでしょうか。
--------------------------------------

「ううううう、それって相談して解決するものなのーーーっ!?」
と、だいたいそのまんま、お返事しました(笑)

これ、皆さんでしたらどうでしょう?(^^;
キスできると思いますか?

たぶん、大多数の人がキツイだろうと思います。
僕は……おっぱいが大きかったら、するかなぁ(*^^*) ←話が噛み合っとらん!

いや、本当はしません。したいと思わないです。
おっぱいフニフニするためにでき……できないっ!(>_<) 

んで、これって、いわゆる不潔感のお話になるかと思います。
「最低限、これはやっとこうぜ」という、モテないくん向けのお話に必ず
あがる内容ですが、それすらできていないという……キツイ実例だったと思います。

で、驚きの事実!!
この男性には、結婚紹介所のカウンセラーがついていたのです。

……ごめんなさい。僕はサイトやメルマガでは何度かハッキリお伝えしていますが、
結婚紹介所のカウンセラーさん……もっと頑張ってください(>_<) この話などは、
担当カウンセラーがいたら、絶対にさせてはいけないことだと思います。

しかもこの日、男性は10分遅刻したそうで、これまたやってはいけないことです。
ちなみに僕はYさんに「20分前には着くように」と指導をしていました。
Yさんのご報告メールから察するに、遅刻のことはあまり気にしていなかった
ように感じましたが、これも本来は「あってはならないこと」なのです。

しかもしかもっ! このお見合いは男性からの申込みをYさんがお受けしたもので、
尚且つ、お見合い場所は男性の希望場所に、Yさんが出向いた形だったのです。
これで男性が遅刻をするなど……論外なことが、お分かり頂けると思います。

そんな状況で遅刻をする人だから、歯も汚いわけで……。ということは、
仮に交際をしても、同じようなことが随所に垣間見えるでしょう。

これは歯が汚い、時間にルーズという話ではなく、
「お見合いに臨む姿勢、婚活に臨む姿勢」の話なのです。

◆ 「ありそうで、ない」じゃなく、「なさそうで、あった」お話 ◆

こんなお話をしていたところ、教室のSさんが、

「あああ! それ聞いて、思い出しました!」
「ん? どうしたの?(^^)」

「私が8年くらい前に参加した婚活パーティでのことなんですが……」
「歳がバレるねぇ(笑)」

「みんな知ってるからいいです!(笑)
 で、そのパーティである男性と話していたらですね!!」

「うんうん」

「その人……


ご興味頂けましたら、こちらからどうぞ。
・まぐまぐ 
 ご購読ご案内

・FC2ブログ 記事1本からご購読頂けます。
http://dr-martin.jp/blog-entry-1728.html

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`fc2` not found]