今回は、色んなお話バージョンで行きたいと思います。
人生哲学あり、恋愛のお話ありで参ります!

◆ 世の中、本当にヘン? ◆
7月からコンビニでレジ袋が有料化されましたね。皆さん、ご不便を感じておられることだと思います。僕も、とってもそのひとりです(笑) そこで、なぜ有料化になったのか、という話です。

リアル教室でこの話をした際、半分以上の人が理由を御存知なかったので、こちらでも聞いてみたいと思います。わからない人は最近のニュースを思い出して考えたら正解がわかりますので、考えてみましょう!はい、どうぞー!

はい、答えは「プラごみを減らして、環境への悪影響を減らすため」です。

最近、クジラなどの海洋生物が、海に浮いているビニール袋を食べてしまい、それが原因で死んでしまっている……そんなニュースを何度も目にしています。他には、無人島にプラごみが流れ着いて、砂浜全部がプラごみの山になっているというお話もあります。こういったことをなくすために、プラごみ(レジ袋)を減らそうと。それで有料化すれば、ゴミが減るだろう……という話なのです。

で、皆さん、このお話どう思いますか?
「うん、そうだよね! 私も協力しよう!」と思いましたか?
「はあ!? それって、なんかヘンじゃない?」と思いましたか?

僕は圧倒的に後者ですーーーーっ!!!

> 答えは「プラごみを減らして、環境への悪影響を減らすため」

「それ、違うでしょ!?」と。

レジ袋が大量にあるから、ゴミの山ができるわけではありません。ゴミを海や川などに捨てる人がいるから、ゴミの山ができるのです。レジ袋を有料化したら、出回るレジ袋の数が減るだろうということはわかります。マイバックを持ち歩く、マメな人が出てくるからですね。

でも、ハッキリ言います!!!海や川にレジ袋を捨てる心無い人が、マイバックを持ち歩くワケがありませんっ!ぜっっっったいに、持ち歩かないですよーーーっ!!持ち歩くのは元々モラルの高い、ゴミを捨てない人でしょう。もしくは、「レジ袋代がもったいない!」と思う人☆

そして、この施策は政府主導で行われているわけで……。こんなこともわからないのかと僕はアソコが痛く……いや違う、頭が痛くなってしまうのです。政治なので、ポーズとしてやっている面も少なからずあるでしょうが、それにしても、「お粗末すぎる」と感じてしまうワケなのです。うむ(-_-)

このお話は「結果と原因」を履き違えた、わかりやすい例です。恋愛で言えば、例えば次のようなお話です。

「私から彼に告白したらダメでした。やっぱり女から言ってはダメなんですね」
→違います。あなたがダメだっただけです。自分から言ってダメなら、待ってもダメ。

「毎週彼に会っていたら、会う回数が減ってきました。やっぱりたくさん会っていると、飽きられてしまうんですね」
→あなたがつまらない人だから、会ってもらえなくなったのです!(会うメリットがない、ということ)

待ってもダメ。会う回数を減らしてもダメ。
レジ袋を有料化してもダメなのです。

はい! では、ここで考えてみましょう。
本気でプラごみを削減して、環境への悪影響を改善しようと思うなら、どうしたらいいでしょうか? 「これなら本当に効果がある!」と言える案が2つあります。それを考えてみてくださいね!

はい、答えはこちら。
まず1つめは、原因にそのまま向き合った案です。

ゴミを捨てる人が原因なのですから、ゴミを捨てさせなければいい。つまり、シンガポールみたいに「ゴミを捨てたら罰金10万円!」といった厳しい罰則を用意したらいいと思います。これなら効果が見込めるでしょう。

実際、この方法で飲酒運転(酒気帯び運転)は激減しましたよね。思えば、僕が学生の頃は「飲み会に車で行く」のは当たり前でしたからねぇ。車を持っている多くの人が、六本木の246号沿いに路駐して合コンに行っていました☆

そして、もうひとつは、ビニールのレジ袋を完全廃止すること!
これだったら根治療法になるでしょう。

廃止して以後は紙袋だけに……というと、今度は森林資源がどうのこうの、という話になると思うので、「絶対に袋を持ち歩く!」というルールにする。ない場合は手で持って帰るか、1つ300円くらいの袋を買うしかない、とすれば良いでしょう。

反対意見が出ても、「そうする」。 ←僕だってかなりイヤです(>_<) それは今の有料化だって、同じことですからねぇ。そして、それが「当たり前」になれば定着します。飲酒運転がほぼなくなったように(苦笑)

これが「正しい現状把握と対策」です。
「正しい現状把握が大事」だと、マーチン先生はよくお話します。
それは、この原因と対策を履き違えないための出発点だったのです。

◆ 見えない壁が問題に ◆
さて、次は下記メルマガでご紹介しましたSさんのお話です。

●PREMIUM No.882 交際5ヶ月、うち3ヶ月セックスレス。これからの頑張り方
まぐまぐ:http://www.mag2.com/archives/P0000272/2020/04/
FC2 :http://dr-martin.jp/blog-entry-1681.html

簡単にお話しますと、当時のセックスレスがそのまま続いて記録更新中!現在半年を経過したところです。そのせいもあってか、Sさんは26歳の割にミョ~に大人びておられます(笑) 達観した雰囲気を感じる、そんな印象です(^^;

で、何があったかと言いますと……。お二人は今も、毎週末2泊3日(金土日)一緒に過ごしているのです。そんな話を聞く中で、「着替えをどうしているのか」という話になったのです。

「私は、トイレでいつも着替えています」 ←Sさんだよ。
「トイレっ!?」 ←驚きのマーセンセ!

「はっ、はい。トイレで着替えてるんですが……」
「えええええ~っ、何それ~!? それはおかしいよ~」

『でも先生、女性は恥じらいが大事って言うじゃないですか?』 ←別の生徒さん

「それはそうだけど、トイレで着替えるのはやりすぎだよ(>_<) そんな人、僕は見たことないよ~」

そう、僕はそんな人見たことがないのです。……ということは、僕の経験人数を考えたら(笑) Sさんがしていることは、激レア事例ということですっ!!

「じゃあ、もしかして、彼も目の前で着替えない人?」
「はっ、はい。お風呂上がりとか、ちゃんとパンツ履いて出てきます」

「ええーーっ! フルチンじゃないんだ!?」
「はっ、はい」

うーん、「男女交際、互いは互いを写す鏡」とお伝えしていますが、まさにそうなっている事例です。彼が僕みたいにフルチンで着替える人だったら、Sさんも普通に部屋で着替えていたかもしれませんね。

そう、ちなみに僕がオススメする「普通」は、男性は風呂上がりに「暑っーーー!」と言いながら、フルチンで涼む。女性はバスタオルを巻いて出てくるか、バスタオルを手に持ってやや隠しながら裸で出てきて、すぐパンティやシャツを着る、という感じでしょう。まあ、風呂上がりは脱衣所で服を着てきても良いと思います。

ちなみにただの着替えの時は、皆さん例外なく部屋の隅や、あっち向いてブラをつけたりしますねぇ。僕はブラをつける姿が、女っぽいと言いますか、ソソるので好きです♪ 自分は使わないからでしょうね☆ ←あんたが付けたらコワイわ!(~o~)

「じゃあ、ちょっと待って……。もしかして、彼のオナラも聞いたことがないんじゃないの?」
「あっ、はい。ナイです」

うーん、なるほど。レスなのがわかる気がしますねぇ。レスだからそうなるのか、そうだからレスになるのか!?鶏が先なのか、卵が先なのかよくわかりませんが、どこかわかる気がします☆

あ!もちろん、女性がオナラをしちゃダメですよ~(>_<) 「出てしまったことがある」のは良い(仕方がない)ですが、これこそが「女性は恥じらいが大事」というお話です。

さあ、ここで僕が何が言いたいか、わかりますか?
この一連のお話に繋がる共通点は何か、考えてみましょう~!

はい、男性諸君はオナラをしよう!

ちっがーーーう!!(>_<) ←違わないけどね(笑)

そうではなくて、答えは「壁がある」ということです。有名なマーチン論、「平均週1.5回以上会えない交際は実らない(結婚できない)」というお話がありますが、これと同じ状況になっていると言えます。

これはどういうことかと言いますと、週1回になる人は例えば週末に会った後、火曜や水曜に仕事が早く終わっても「数日前に会ったし、またすぐ会えるからまあいっか」と遠慮して誘わない、と。

この遠慮が二人の間の「見えない壁」となり、本来なら気楽に言うべきことを言えない関係になってしまう。結果、本当の信頼関係を築くことができずに、どこか踏み込めないまま終わりを迎えることが多い……というお話です。それと、同じ状態になっているということです。

「それ、どこかで打開した方がいいと思うよ」
「は、はい……」

「例えばね、近いうちに温泉旅行に行くんだよ。その時に旅館で勇気出して、同じお部屋の中でSさんが着替えるんだよ」
「はい」

「その後、家に戻ってからは、同じように、同じお部屋の中で着替えるようにしたらいいと思うよ。そういうキッカケがあれば、できる気がしないかい?」
「ああ、それでしたらできそうです!」

「だよね。今までトイレで着替えていたのに、何も理由なくいきなり部屋で、というのも難しいだろうから、そういうキッカケを作るといいよ(^^)」
「ちょうど温泉に行こう、っていう話が出ていましたので、やってみます(^^)」

うん! Sさんガンバレ~!\(^o^)/
……と言いますか、一緒にお風呂に入ったらよいのでは!?(笑)

◆ 彼がゼクシィを置いて行った。これって、どういう意味!? ◆

「あと先生、ひとつ気になることがあったんですが……」
「ん? どうしたの?」

「彼はいつもリュックサックをしょって、ウチに来てくれるんです。この前帰る時に“リュックが重い!”って言って、中をごそごそして……」
「うん」

「“ああ、これだ!”って、本をぽいっと投げて、私の部屋に置いて帰ったんです」
「うん」

「裏返しになってたんで、何だろうと思って表紙を見たらゼクシィだったんです」
「ほお!」 ※結婚情報誌です。式場とか、そういった情報が載っています。

「ただ、紐で括ったまま開封はされてなくて……。彼はどういうつもりなんでしょうか?」

はい、皆さんはこの答え、どう思いますか?
考えてみましょう!

「それ、彼は結婚して欲しいってことですよー!“結婚してくれるの?”って聞いたらいいじゃないですか~!」と、最近教室に加わったIさんが、得意気に言いました。

「そんなワケないでしょ……。こういうのが、この前指摘してあげた“出しゃばり”ってことなんだよ……(>_<)」

※厳しい言葉ですみません。ご本人にはまず一度丁重にお伝えしており、この時が2回目でしたので、そのままの状況を再現しています。

Iさんは、この人です。
なんとか復縁できました

なんとか復縁できたのに、たった10日間で再破局 _| ̄|○ガックリ その理由がこういうところだと、前回の教室で指摘してあげていました。僕だけでなく、他の生徒さんからも指摘してもらっていたのですが、それが今回また出たと。

これはどういうことかと言いますと、「私には悪いところがある」「直すために来ている」という姿勢の無さが問題だということです。姿勢が変わらないと、同じことを繰り返してしまうのです。

少し前のメルマガや、最近サイトでもよく登場している、石川県のKさん。彼女は一度僕に破門を言われた後、教室に参加する際は「本当に申し訳なさそうに」小さくなっておられました。これって、当たり前のことなのです。そんな状態でデカイ顔して来るようでは、話になりません。

これがIさんにはない。だから変わらない……と。
Iさん、しっかり頑張ってくださいね(”)

話が逸れましたが、Sさんの彼がゼクシィを置いて行った話ですね!これ、「ゼクシィを置いて行った」と考えると答えがズレてしまいます。彼は「ただ重たい荷物を減らして行った」のだと考えましょう。つまり……

>  彼はどういうつもりなんでしょうか?

どういうつもりでもない。
本当に、ただ荷物を減らしただけ、というのが僕の回答です。

仮にです、本当に「彼は結婚して欲しいってことですよー!」だとしましょう。そういう気持ちなのに、「リュックが重い!」と文句を言いながら、「ああ、これだ!」本をポイッと投げて帰るような人間は、終わっていませんか!?間違っても、結婚していい人ではないでしょう。また、これまで伺っている彼の性格から、そんなことをする人でもありません。

じゃあ、なぜゼクシィなのか?
僕が思う推理はこちら。

まず、彼は実家住まいなのです(だから毎週末はSさんの家でお泊りスル)。そこで出かける時に「あんた、そろそろ結婚しなさいよ」などとご両親に言われて、ゼクシィを渡された。それをすぐ見る気もしないので、リュックに入れて出かけた。

「Sさんの家でお泊り」だと伝えているなら、「彼女と早く結婚してあげなさいよ」と言われて渡されたのかもしれません。また、渡されたものがゼクシィだと気づいていない可能性もあると思います。(お見合い情報誌とか、そういう本だと思った可能性もあるでしょう)

いずれにせよ、そうしてリュックに入れて出かけたけれど、忘れていた。そして、帰り際にリュックを背負って、なんか重たいのでイラっとした。中を見たら、「余計なもの」が入っていたので出した。……というのが、事の真相だと思います。

『じゃあ、この後はどうしたらいいんですか?』 ←教室の生徒さんね。

「Sさんは、今の状態で彼と結婚したいの?」

「彼と結婚はしたいですが、このままではしたくないです……」(セックスレスのままでは結婚したくない、ということです)

「だよね。だったら……」

ということで、ご本人には、この後どうしたらよいかお伝えしました。

さあ、どうするのが良いのでしょうか。

答えはご自身で。
これまでのお話を踏まえて、考えてみて下さいね。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
個別相談のお申込み
毎週2回開催 / リアル恋愛教室
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`fc2` not found]