今週の恋愛教室PREMIUM、内容はこちらです。
─────────────────────────────────────
                               2019/09/17

 -/ マーチン先生の恋愛教室PREMIUM /-

   『 素直に、まっすぐ、真心を持って- 』

   19年間、のべ1万人を超える実績で磨かれ続ける、マーチンの恋愛論

恋愛の全てがわかる!更新中です。>> https://www.martin.ne.jp/?page_id=2905
━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆━
☆ I N D E X
━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆━

<1>これぞメイン!マーチン論の極意 超恋愛論&人生哲学
    PREMIUM講座/「恋人ができる人、できない人」の本質的な違い

<2>番外編の特別授業!
    恋愛教室 課外授業/「ずっと一緒にいると、うっとおしくなる」のウソ

<3>女性向けの授業!
    女性の恋の頑張り方/ちゃんとした常識を身に付けよう

<4>最後にもうひとつお話を☆
    あとがき/季節の変わり目、体調にはお気をつけて

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
●マーチン先生の恋愛教室PREMIUM/超恋愛論&人生哲学
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Ω 「恋人ができる人、できない人」の本質的な違い

最近、新しい方が「マーチン先生の恋愛教室」を知って、
メルマガをご覧くださったり、ご相談を頂くことが増えました。
ありがたいお話です。ありがとうございます(^^)

さて、そうなると……です。ご相談に「ある傾向」が出てくるのです。
それは、「基本的な男女交際の進め方がわかっていない」というものです。
今日は、ここからお話を進めていきたいと思います。

◆ 基本的な交際の進め方を120%理解しよう ◆

「基本的な男女交際の進め方がわかっていない」とは、例えばです。
恋愛教室を長くご覧の方でしたら、「女性からアタックしても問題ない」
という話は、当然のように理解している方が多いと思います。でも、それが
わかっていない。「女性から誘ってもいいんですか?」という感じです。

そこで、まず皆さんに確認です。
皆さんは「男女交際の正しい進め方」を、友達に説明できるでしょうか?
できるかできないか、考えてみてくださいね。

……はい、よろしいでしょうか?

ここで大事なことは「それはわかっている」では、足りないことです。
マーチン論を知らないお友達に、説明できることが大事です。

そこで、説明できない方は、できるようになるまで、
下記を毎日、時間がある時に繰り返し読みましょう!

出会い~交際初期のポイント
https://www.martin.ne.jp/?page_id=2946

交際中のポイント
https://www.martin.ne.jp/?page_id=2984

このお話に限りません。
物事は自分が100%知っていても、他人にそれを100%伝えることはできません。
他人に100%伝えようと思ったら、自分は120%理解していることが必要なのです。

つまり、他人に説明できるようになったら、120%理解できているということで、
それは同時に、自分がそうなった時に、ちゃんと実行できる可能性が高いのです。

ほら、自分が悩んだ時に「先生の話をずっと聞いていたのに、できなかった」という
お話は多く、リアル教室でも度々出てきます。これは、恐らく理解度が50~100%
くらい(?)のため、いざという時に実行できないのだと思います。
と同時に、それは他人にも説明できない、ということなのです。

だから、マーチン先生をずっと知っている方も、最近知ったばかりの人も!
まず、上記2つのページをしっかり覚えましょう。とても大事な基本ですよ。

内容の一例をあげますと、

・デートは好きになってもらうためにすること。
・好きになってもらうのが先! 自分が好きになる、ならないは後回し。
・出会って1ヶ月以内に、付き合うかどうかの結論を出すように動く。
・基本、連絡は毎日取るようにする。(中一日までは空いてもOK)

……等などです。
まだまだありますので、あとはご自身で確認して下さいね。

◆ どこがズレているのか ◆

さて先日、こんなお話がありました。
結婚紹介所で知り合った男性と、お見合いをすることになったと。
その際に、どんなことをしたら良いかと質問がありましたので、
いつもの通り、手土産を持って行ってお別れの時に……

「今日はお時間を作って頂いてありがとうございました。
 これ、よかったらお家で召し上がってください(^^)」

と伝えてお渡ししましょう、とお話したのです。
すると、こんなお返事が。

「以前、自分がイマイチだと思った人からされたことがありますが、
“そこまでしなくていいのに”と思ったので、しない方が良いと思います」と。

……僕は、死にそうになりました。
こんなズレた考え方では、実るわけがありません。
これ、僕が何を言いたいか、わかりますでしょうか?


ご興味頂けましたら、こちらからどうぞ。
・まぐまぐ 
 ご購読ご案内

・FC2ブログ 記事1本からご購読頂けます。
http://dr-martin.jp/blog-entry-1556.html

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`fc2` not found]