今週の恋愛教室PREMIUM、内容はこちらです。
─────────────────────────────────────
                               2019/09/03

 -/ マーチン先生の恋愛教室PREMIUM /-

   『 素直に、まっすぐ、真心を持って- 』

   19年間、のべ1万人を超える実績で磨かれ続ける、マーチンの恋愛論

恋愛の全てがわかる!更新中です。>> https://www.martin.ne.jp/?page_id=2905
━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆━
☆ I N D E X
━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆━

<1>これぞメイン!マーチン論の極意 実践マニュアル&人生哲学
    PREMIUM講座/結婚5年目の先輩に学ぼう

<2>番外編の特別授業!
    恋愛教室 課外授業/プロフィールで判断!この男性はあり?なし?

<3>女性向けの授業!
    女性の恋の頑張り方/復縁することができました!

<4>最後にもうひとつお話を☆
    あとがき/それが当たり前ではないことが、日本の良い所

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
●マーチン先生の恋愛教室PREMIUM/実践マニュアル&人生哲学
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Ω 結婚5年目の先輩に学ぼう

8月の終わりに、愛知県にお住まいの女性Jさん(35歳)からお便りが届きました。

Jさんは、2008年からご相談を頂いておりました。
現在35歳でいらっしゃるので、当時24歳ですね!若いなぁ~(^^)

Jさんは、2012年に一度ご結婚されたのですが訳あって離婚。
その後しばらくして再婚なさって、今回お便りを頂いたのです。

今婚活中の方にとっては、先輩のお話が凄く参考になると思いましたので
今回ご紹介させて頂きたいと思います。随時僕のコメントを入れながら参ります!

<メール>-------------------------------

マーチン先生こんばんは。愛知県のJです。
いつもメルマガを楽しみにして、読ませて頂いてます!
今回も、読んで思ったことをお伝えしたくてメールしています。

最近も取り上げていらっしゃったと思いますが、

1.女性にとって料理が大切であること。
2.相手をよく見ることって、まさにこういうことなんだ。

と、感じることがありました。

料理について、今でこそ振り返って言えるのですが、本当に私は料理が下手でした。
前回の結婚の時、私の料理はまずかったと思います。だから前の夫もなかなか食べて
くれなかったのだと思うと、そこは申し訳なかったと思います。

再婚した今は、義父が料理のできる人なので、色んな作り方を教えてもらいました。
旦那さんが好きな食べ物や、私が苦手で作らない煮物など、少しずつ時間をかけて
教わりました。

そして一人で作ってみて旦那さんに感想を聞くと素直に答えてくれるので、
それを改善しようと、また作ってみたり……。そんなことを繰り返して、
結婚5年目の今は、だいぶいろんな料理ができるようになりました。

私は元々お味噌汁が好きではなかったので、作る日もあれば、ない日もありました。
すると「味噌汁は毎日作って欲しい」と言われ、それからは毎日用意したり、
「○○が食べたい」と言われたら翌日の夕食に出したり、とにかくいつも上手に
なりたいと思い頑張ってきました。

<コメント>
うんうん、まずお料理についてですね。リアル教室の生徒さんには
口をすっぱくして何度も話しているのですが、本当にお料理は大事です!!

> 前回の結婚の時、私の料理はまずかったと思います。
> だから前の夫もなかなか食べてくれなかったのだと思うと、

…………(^^;

それはシャレになってなかったと思います。
美味しくない料理を食べないといけないのは、拷問ですからね~。

「あははは、先生言い過ぎ(^o^)」と笑った人もいらっしゃるかもしれませんが、
自分が「美味しくない料理を食べさせられる」ことを想像すると、深刻な度合いが
わかるだろうと思います。

・お料理を作っても食べてもらえない時。
・「作るよ~」と言っても、「大変だからいいよ」「外で食べてしまおうよ」等、
 一見気を遣っているような素振りで遠慮される場合。

いずれも、ハッキリ言って不味いのです!
特に後者の例で気づかずに、放置している女性が目立ちます。要注意ですよ。

そして、ここでの重大ポイントは、お味噌汁!

> 私は元々お味噌汁が好きではなかったので、作る日もあればない日もありました。

それはアカンです!
「オーノー!」なレベルです!!(>_<) > すると「味噌汁は毎日作って欲しい」と言われ、

そりゃ、言われますよ~。
毎日あって当たり前だと思ってくださいね。 ←他のスープがあれば別ですけど。

こちらでも何度も出てくるお話ですが、
一般的に男性は、定食屋のお料理が好きだと思ってください。
とんかつ定食、生姜焼き定食、唐揚げ定食、ハンバーグ定食……などなど。

どれをとっても、味噌汁は絶対についています。
夏でもついています! だから、なくしてはダメなのです。

あともうひとつ、知らない女性は100%陥る「味噌汁の失敗」があります。
それは、「具だくさん味噌汁」を作ってしまうこと!

男性は「汁」が飲みたいのです。
具はいらないのです!

いや、まあ、ちょっとは欲しいですが、
ええっと、「汁:具 = 9:1~8:2」くらいがいいのです!

→定食屋の味噌汁はケチなので(笑)汁ばっかりですよね~。
 あれに慣れてしまっているのです(^o^)アハハ

これを知らない女性が味噌汁を作ると、
まず間違いなく「汁:具 = 5:5~3:7」くらいの、
「汁に浸かった具」が出てきます!

ぐわわあぁぁぁぁー!
もはや、飲む汁はないのだーっ!!

か、悲しい……_| ̄|○
女性も良かれと思ってやっているので、悲しい……_| ̄|○
男と女の好みは違いますので、これをよく覚えておきましょう。

他にありがちな例は、男性は白いゴハンが好きだということ。
炊き込みゴハンよりも白いゴハン。
お弁当なら、おにぎりは「塩むすび」がベストです!(女性は逆です)

<続き>--------------------------------

以前は一品作るのに一時間かけていたのが、この頃は手際も良くなったのと
レシピを覚えたおかげで、一時間で3品くらいは作れるようになりました。

また手抜き料理も覚え、旦那さんがたくさん食べることもあって、
毎日おかず3品+サラダと味噌汁を用意してます。(素晴らしい!マーチン)

子供の頃、母が作ってくれた料理は美味しかったです。
家に帰ってきて美味しいごはんがあれば嬉しいのは、皆さん一緒だと思います。
だからこそ、仕事で疲れた旦那さんがホッとできるように、女性は料理上手な方が
いいと思うのです。

マーチン先生が「お料理頑張りましょう」と仰る内容の時は、
「私がやってることは間違ってないんだな」と勇気をいただいています。


ご興味頂けましたら、こちらからどうぞ。
・まぐまぐ 
 ご購読ご案内

・FC2ブログ 記事1本からご購読頂けます。
http://dr-martin.jp/blog-entry-1546.html

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`fc2` not found]