今回は6/9(日)にお届けしましたメルマガの続きです。
では、早速まいりましょう!

◆ お持ち帰“られ”大作戦 ◆

次なるお話は、こちらのお話。
まず、ご覧になってみてくださいね。

自力では辿りつけなかった状況だと思います
https://www.martin.ne.jp/?p=4284

影響のない範囲でざっくりお話しますと、知人に男性を紹介してもらったのです。男性は関東、Sさんは東北で元々遠距離だとわかってお会いしたのですが、2回だったかな? 食事をした後に男性から「やっぱり、遠距離は難しいと思う」と言われてしまったのです。

ここで僕がご相談を受けて、作戦を伝授した結果が上記のご報告で、6/1(土)に彼に会えることになったのです。土曜日でしたので、昼間は恋愛教室にいらっしゃったのですが……!!「死ぬほど暗い美人」と言えばよいでしょうか、「幸薄いぃぃぃぃーーーっ!(*_*)」という感じだったのです。

「え? なんでそんなに暗いんですか?(^^;」

「だって、今日どうしたらいいか、全く想像できなくて……悪いイメージしか浮かばないんです」

「せっかく会えることになったのにぃ~(^^;」

「……いえ、もう。ほんとに……吐きそう」

「そんなに暗いと、幸薄すぎて男逃げるよー。せっかくのチャンスなんだから、作戦立てましょうよ(笑)」

「せ、せんせい……」

「Sさん……」

チュー♪

こら、勝手にチューするなー。
「いやあ、僕、手が早いんです♪」

しかもそれ、教室やってる時だろー。
「人目を気にして、恋ができますかっ!」

> 悪いイメージしか浮かばないんです
「僕は良いイメージしか浮かばないんです(^o^)」

これがマーチン先生の凄さですっ!!
……なんておバカな話は置いといて☆

では、ここで問題です。作戦を立てましょう!今回のように「始まっていない遠距離を始めるコツ」、わかりますか?はい、考えてみてくださいね! 気がつく人は1秒でわかると思いますよ。

はい!答えは、文字通り「始めたらいい」のです。つまり、エッチをすることですね。でないと、遠距離は会えませんっ(笑) ←ホントだよ。

遠距離で会おうとするなら、お泊りは必須だと思った方が良いです。この時「お相手の家か、ホテルに一緒に泊まれる」という暗黙の了解がないとあまりにコスパが悪すぎて頑張る気になれませんし、彼の立場で言えば「日頃会えないのに、わざわざ会うメリット」が全くありません。だから、彼に「やっぱり、遠距離は難しいと思う」と言われてしまっていた……というのが実態なのです。

もちろん、エッチしたからといって、付き合えるかわかりませんよ。でも、しないと何も始まらない、ということです。そこで「お持ち帰られ大作戦」を立てて、練習したのです! 僕が台本を作りまして、それを男性の生徒さんと練習したのです。

「あ~、ぼちぼち終電だね。帰ろうか?」 ←彼のつもり
「そうそう、今日シャンパン買ってきたんですよ~」 ←Sさん

「えっ、そうなの?」
「あの、よかったら、この後 一緒に……(..*)」

「うーん……どうしよ……。でも、そしたら紹介してくれた○○さんに叱られちゃうかも(^^;」
「大丈夫です!“お泊りしておいで”って言われましたから」 ←これはホント。

「えっ、ホントに?(笑)」
「はい、ホントです! だから……」

これを10回くらい練習したかと☆ そして、その結果……!!

<メール>---------------------------------

6/1(土)は大変お世話になりました。Sです。講座、とても勉強になりました。内容に納得したつもりでも、口から言い訳ばかり出てしまう自分にも気づけました、、、。

お茶会の際、先生や教室の皆さまにご指導いただいた通り彼をお誘いしたところ、とてもすんなりと「家に来ますか?」と言って頂いたので、泊まらせて頂きました。

正直、食事中いい雰囲気だったわけではなかったので、お誘いするのをかなり躊躇したのですが、皆さんの貴重な時間を頂いたのに、無駄にはしたくないと思い頑張ることができました。本当に1人ではとても頑張れませんでした。ありがとうございました。

彼に、忙しくても会いたいと思ってもらえるように頑張ります!今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。
--------------------------------------

というわけで、無事に合体できたそうですーーーっ!
よかった、よかった(^o^)
次なる作戦会議は5日深夜を予定しています。

そうそう。ひとつ、ズレている箇所を。
誤:彼に、忙しくても会いたいと思ってもらえるように頑張ります!
正:彼に会いたいと思ってもらえるように頑張ります!

「忙しい」が理由で会えないことは「絶対に」ありません。
ここがズレないように、頑張っていきましょう。

<追伸>
その後も「お泊り大作戦」を実行した結果、6/8(土)、6/15(土)と3週連続、彼のお家でお泊りすることができました。これこそが論より証拠!「始まっていない遠距離を始めるコツは、始めること」なのです。

悩んでいる人は、今すぐマーチン先生に相談して作戦会議をしましょう!
ご相談のご案内 >> https://www.martin.ne.jp/counseling/

◆ セフレにもなれていない、そんな状況から ◆

次なるお話は、こちらのお話。
同じように、まずはご覧になってみてくださいね。

信じられないほど距離が縮まりました
https://www.martin.ne.jp/?p=4275

題名の通りに、本当に「信じられないほど」なのです。

こちらも影響のない範囲でざっくりお話しますと、非常に厳しい状態のスタートで、最初はほとんど相手にしてもらえていないような状況でした。しかし、Uさんがある日チャンスを掴んで頑張って、彼とエッチできたのです。しかし、その後がやっぱり会えない……。キツイ表現ですがセフレにもなれていない、そんな中で僕に相談があったのです。

しかも彼とは遠距離です。
あれ? そう言えばSさんも遠距離でしたね。偶然だぁ(^^; それで、彼に会うためには自分が出向くしかないのですが、約束が取れない。予定が立たないので行くことができない……と。

では、ここで皆さんに問題です!このような場合、約束をしようとしてはダメなのですが、どのようにしたら会える可能性が高まると思いますか? はい、考えてみましょう!

はい。約束をしようとするのではなく、自分が勝手に行くことにして「よかったら、どうですか?」という感じで連絡をしたらいいのです。例えば、木曜日の夜に次のように送るのです。

「明日から日曜日まで、大阪に行きます♪
 よかったらいつでも連絡してくださいね。
 出張マッサージにお伺いいたします(*^^*)」

これで、彼の気が向いたら連絡がもらえる、ということです。脈のない相手に予定を聞いても、教えてもらえるわけがありません。また、そんな相手に前もって約束しようとしても、してもらえるわけがないのです。

だから、自分で決めて、自分で行く。
会えなければ、観光でもして帰ればいい。
会えるか、会えないか、わからないけれど行く。

これを「頑張る」というのです。 ←この認識が、皆さん甘い。

で……初めの頃、木曜日に上記の連絡をするじゃないですか? でも当然(?)、彼から連絡がないので、大阪に行かなかったのですよ~。そしたら案の定、金曜の夜に彼から「今、どこにいるの?」と連絡があったのです。

あいたたたた、チャンスを逃してしまいましたー。

中途半端なことをしてはいけないのです。これは、チャンスを逃す & 彼に嫌な思いをさせてしまう、ダブルの失敗です。彼にしてみれば「君が来るって言ったから、連絡してやったのに」となりますので気分の悪い思いをさせてしまったことになるのです。→この失敗をすると以後に響きやすいので、この作戦をマネする場合は、必ず行くようにしてくださいね!

他には、金曜日の23:30頃に彼から「今日は○○で飲んでる」と連絡があったのです。Uさんは、これを「だから、会えないんだ」と受け取って、「連絡ありがとう。ゆっくり楽しんでくださいね」といった感じで返してしまったのですが……

はい。これもチャンスさん、バイバイ~(;_;)

どう考えても「じゃあ、今すぐ○○に行きまーす!(^o^)」と返答して、その場所に向かう一択です。また状況次第で、彼の家の最寄り駅に向かって、「では、○○駅でお待ちしておりまーす♪」と送ればよいのです。

え? そんなことして引かれないかって?

引かれるわけがありません。会う気が全くなかったら、23:30の終電間際に連絡して来ないですよ~。これは完全に「こちらの出方を見ている連絡」です。

来ると言うなら、それでよし。
そうでないなら、それでよし。
そういう気分なのです。

こういう本音を掴むことが大事なのです。

また自分自身も、彼に会うために大阪まで行ったのです。だったら、最大限会うために、会える可能性を高める行動をするべきです。最寄り駅に行って、その後彼から連絡がなかったらファミレスで時間を潰せばいい。ただ、それだけなのです。

こういった失敗を重ね、僕に叱られながら(笑)彼に会える日もあって。会えた時にはマッサージをして、ありがとう法に努めていたところ、

・マッサージ気持ちいいからいつもして欲しい。
・一緒にお風呂に入りたい。
・膝枕してちょうだい。
・そのアイス僕にも食べさせて。
・休みの時はいつもUさんと会っているよ。
・こんなに僕のことを心配してくれる人は、Uさんだけだよ。

などと言ってもらえるようになったのです!!
これ、彼の心がUさんに向いてきたことがわかります。

でもUさんは、なかなか自信を持って、そうは思えないようでした。上記URLのページにもありますが、正しい現状把握とは、悪いことだけではなく、良いことも正しく把握することが大事なのです。

Uさんと彼、今は連絡もかなり取れるようになって、会う頻度も目に見えて増えました。相談当初の昨年末は、2~3ヶ月に1回くらいのイメージだったのですが、今は月2回は会えるイメージです。「イメージ」というのは、Uさんがチャンスを掴みきれていないからです(笑)

ちゃんと彼の男心を理解すれば、チャンスを逃すことなく掴めて月2~3回は会えると思います。遠距離ですので、これなら事実上の交際成立にリーチなのです。というわけで、ほら!!

昨年末:ほとんど相手にしてもらえていない状況。セフレにもなれていない。
今現在:月2~3回は会える状況で、事実上の交際成立にリーチ。

「信じられないほど距離が縮まりました」なのです。

…………。

男性が頑張る時は女心を。
女性が頑張る時は男心を理解して、交際に生かす。

特に「会う約束の取り方=誘い方」が大切です。
それができれば小さなチャンスを育てて、交際できる可能性がぐっと高まります。

そして、いい感じでお付き合いできるようになっても、安心して油断しない。お相手の「女心、男心」を尊重して、丁寧に、丁寧に。会えた時にすることは、ありがとう法、これ一本です。

あとは、お相手が向き合ってくれるかどうか、それ次第です。中途半端な行動をしないように、しっかり頑張っていきましょう。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
 このメルマガのPREMIUMバージョン、
「マーチン先生の恋愛教室PREMIUM」初月無料!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`fc2` not found]