今週の恋愛教室PREMIUM、内容はこちらです。
─────────────────────────────────────
                               2019/05/28

 -/ マーチン先生の恋愛教室PREMIUM /-

   『 素直に、まっすぐ、真心を持って- 』

   19年間、のべ1万人を超える実績で磨かれ続ける、マーチンの恋愛論

恋愛の全てがわかる!更新中です。>> https://www.martin.ne.jp/?page_id=2905
━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆━
☆ I N D E X
━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆━

<1>これぞメイン!マーチン論の極意 超恋愛論&実践マニュアル
    PREMIUM講座/【特大号】一連のヨミと行動。
                        これが「頑張る」ということ
<2>定番の恋愛相談コーナー
    恋のQ&A/言葉を欲して不安になる時の奥義

<3>最後にもうひとつお話を☆
    あとがき/「俺、告白待ちだから」自分で言えーっ☆

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
●マーチン先生の恋愛教室PREMIUM/超恋愛論&実践マニュアル
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Ω 【特大号】一連のヨミと行動。これが「頑張る」ということ

はい!今日は絶対失恋者チェック風に、参りたいと思います(^^)

都内合同研修、3日目。
あなたは管理職候補として、1週間研修を受けています。

班になって課題を進めていく中、同じ班のAさんが気になるようになりました。
そこで勇気を出して、Aさんをお食事に誘ってみたのです!
(まだ個人的に話したことはなく、研修以外では挨拶程度のみです)

たまたま、休憩室で一緒になった時に「お疲れさまです(^^)」と声をかけて、
その流れで「今度、もしよかったらお食事でも」と伝えたところ、
意外にあっさり「はい、いいですよ(^^)」とお返事を頂いたのです。

その時にLINEを交換して日程を提案したところ、

「はい、○日で大丈夫ですよ。友人も一緒にいきますね(^^)」

とのお返事。

Aさんの友人は、別の班で研修を受けているそうです。
あなたの同僚も何人か同じ研修に参加しており、1人は同じ班です。

さあ、ここで……!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
★絶対失恋者チェック!

Q:あなただったら、どうお返事しますか?

A.はい、わかりました! じゃあ、私も友人を連れていきますね(^^)
B.はい、わかりました! 私も友人を連れて行った方がいいですか?
C.はい、わかりました! ○日楽しみにしていますね!(そして、ひとりで行く)

(回答はコーナー最下部にあります)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

答えを考えてから、読み進めてくださいね。

◆ 正解率20%!? ◆

はい! これは僕でしたら……

「はい、○日で大丈夫ですよ。友人も一緒にいきますね(^^)」

「ええええーーーーっ!?(T_T)」

と送ってすぐに、

「なんて、大丈夫ですよー。かしこまりました!
 ○日、楽しみにしていますね(^^)」

と連投して送るかなぁ、と思いました(笑)

これができるかどうか……と言いますか、
やっていいかどうかは、その人のキャラ次第だと思います。

僕みたいに少しユーモアがある人は ←だいぶあるだろ。
やっていいと思います(^^)

というわけで、正解は「C」。
正解率の予想は20%。いかがでしたでしょうか?

これ、多くの方がAを選んだのではないかと思います。
Aさんが友人を連れてくるというので、それに合わせた方が良いだろう、と。
それが悪いとは言いませんが、でもそれは「考えていない」と思います。

「お相手が二人だから、こちらも二人がいいだろう」

そう自動的に思った感じです。
でも、よく考えてみましょう。

そもそも、この食事は1:1が理想です。
これは誰もがわかることだと思います。

Aさんの立場で考えますと、ほとんど話したことがない異性から話しかけられて、
その場で「今度、もしよかったらお食事でも」と誘われたのです。ということは、
誰だって「この人は自分に好意を持っているだろう」と、何となくわかります。

では、どうしてAさんは友人を誘ったのか?です。
「脈がないから」ではないのです。

その理由、また考えてから読み進めて下さいね。

◆ Aさんが友人を誘った理由と、誘い方 ◆

自分に脈がないなら、LINEで具体的に誘われた時に断ればいいだけです。
断ると言うよりも「研修が終わるまでは、ちょっと忙しいので……」と
伝えるなど、いくらでも先延ばしにすることはできる、ということです。

それをせずに受けたということは……


ご興味頂けましたら、こちらからどうぞ。
・まぐまぐ 
 ご購読ご案内

・FC2ブログ 記事1本からご購読頂けます。
http://dr-martin.jp/blog-entry-1490.html

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`fc2` not found]