リアル恋愛教室で講義をする際に、よく僕が使うワードがあります。
それはこちら!

「昔から○○っていうじゃないですか?(笑)
 それって、本当にその通りなんですよ」

恋愛に関する諺……というのは大げさかもしれませんが、昔から言われている言葉がたくさんがありますよね。例えば次のようなものです。

・通い妻
・胃袋を掴む
・嫌よ嫌よも好きのうち
・男は度胸、女は愛敬
・変わりやすいのは女心と秋の空
・遠き人より近くの他人
・金の切れ目が縁の切れ目

こういったお話について、

『男女間の恋愛について、19年専門的にお仕事をしてきた僕はっ!!』

ほとんどが正しいと感じています。

「そういう言葉があるから → こうなんだよね」ではなく、
「実際の人たちを見てきて → やっぱりそうなんだ」と感じているのです。

これはつまり、どういうことか?

昔からある、こういった言葉に素直に学ぶ姿勢を持てたら、恋愛上手になれる!ということなのです。……というわけで今回は、ぜひ覚えて頂きたい「恋愛に関する諺」を取り上げてみたいと思います。

◆ これらの言葉を覚えておこう! ◆

では早速、上記であげた言葉から、僕が多用しているものをピックアップ!これらは僕が実際に「うん、その通りだよね」と感じて、アドバイスする際に使っている言葉です。

・通い妻

婚活の相談が多くなってから10年になります(僕のメルマガに「婚活」というワードが初登場したのが2009年です)。この10年間、ご成婚に至るお二人のお付き合いを見ての共通点は、交際のスタイルが、女性が男性の家に通って泊まる「通い妻のスタイル」で
あることです。

結婚に至る交際の場合、その多くが半同棲になって週3~5日は寝起きを共にするようになります。二人共にひとり暮らしの場合はほぼ確実に。男性がひとり暮らしで女性が実家の場合は、実家がどれくらい口を出すかによりますが、それでも恐らくは半数以上は同じ状態になるように感じます。 ←ご相談事例からそう感じます。

また、「通い夫」という言葉がないことにも注目です。通い夫と同意のような言葉は「間男」になって、女性が浮気をする際に連れ込む男性を指す意味合いになります。「通い妻」とは、全然意味あいが違いますよね。ここで実際のご相談例を19年見ている、僕の意見を添えますとっ!!

男性が女性の家に通って会うスタイルになっている相談の大半は、男性が向き合っておらず「やめた方が良い男性」とのお付き合いになっています。間男のように女性側に悪い要素はないのですが、実りがある交際にはなっていない…という点では繋がってしまうのです。というわけで、通い妻のスタイルを意識すると良いのです。

・胃袋を掴む

はいっ! これは説明するまでもなく、成功者のお話で証明できると思います。女性が交際中の男性に結婚を意識してもらうために、お料理は欠かせない必殺技になります。お料理をせずに他のありがとう法を頑張って、ゴールインできた事例は……あったのかなぁ? あるのかもしれませんが、僕の記憶にはありません。

また「胃袋を掴む」とは、「俺の好きな○○を作れるのは君だけ」という存在になることです。下記、その一例になると思います。

みそ汁で変わった人生
https://www.martin.ne.jp/?p=2835

他には「外で食べるよりも、作ってくれた方が美味しいから作ってよ」と言われるようになったら、ゴールイン間近です! 同じことを言われた事例が、いくつかありましたので、そう思って頑張って頂けたらと思います。そうそう、お料理に関して時々出てくる相談なのですが、

・彼が自分よりも料理が上手だけど、どうしたらいいのか。
・彼の仕事が料理人で、どうあがいても太刀打ちできない。どうしたらいいのか。

こういった話があります。この答えはいずれの場合も、「そんな彼に誉めてもらえるように頑張ること」です。特に彼が料理人だからと言って、家でまで彼にお料理をさせるのは酷な話だと思います。「せめて家では、ゆっくり私のお料理を食べて欲しい」という気持ちで頑張って頂けたらと思います。

あと、この話で忘れてはいけないのが、男性諸君!!この「胃袋を掴む」は、ある意味、男性側にも当てはまると思いますヨ!女性をデートに誘う際、一般的な決まり文句は「今度よかったらお食事でも」です。要は初回デートの大半は食事をするわけで、その時、美味しいお店にエスコートできるかどうかが、デートの成否でかなりのウエイトを占めるのです。 ←言い切る!

うーん……もちろん、男性本人のトークとか魅力とか、そういうものも必要ですが、

・マズイ店、イマイチな店にエスコートしたら、女性のテンションだだ下がり!
・美味しいお店にエスコートできたら、女性のテンションあげあげ!

……くらいの違いは出てくる、ということです。ぜひ、覚えておいてくださいね!

・男は度胸、女は愛敬

語呂がいい言葉ですね(笑) これも僕は、的を射ている良い言葉だと思います。「男は度胸」は、「男らしい男」のことで、頼りがいがある男、強い男、強引さ、そういう意味あいです。

でっ!! 真面目に婚活している男性は、およそ全員コレが欠けています(不真面目に婚活している男性にはありますが、とても女性にお勧めできません)。そう思ってご覧の男性諸君は、度胸を身につける意識を持って欲しいと思います。

どうやったら身につくかと言うと、できている男性のマネをすることです。話し方、笑い方、女性との接し方、考え方、そのままコピーしたらいいです。好きな芸能人、会社の同僚や先輩、友人の中から「コイツ、かっこいいよな」と思う人、女性にモテている人のマネをしましょう。それっぽい人がいない場合は、僕のマネをするのが早いと思いますよ(笑) ←リアル教室においで~。

そして「女は愛嬌」は、僕が「女性の武器は、笑顔、お料理、エッチです」とお伝えしている中の笑顔にあたります。これは理屈抜きです!とにかく笑顔でいるだけで、男性ウケは間違いなく良くなりますヨ。

昨年、僕の紹介所でご成婚になったOさんが、四六時中笑顔の絶えない方でした(^^) 何度かメルマガでも紹介しており、ご成婚の報告はこちらにあります。

PREMIUM No.807【一本立て】結婚できない理由と、結婚できる理由
まぐまぐ:http://www.mag2.com/archives/P0000272/2018/09/
FC2 :http://dr-martin.jp/blog-entry-1360.html

Oさんは、挨拶する時も、お話する時も、聞く時も(つまりは、黙っている時も)、本当にほとんど、ずっと笑顔でした。「普段のお顔が笑顔」と言えば良いかと思います。そういえば僕は常々、「常日頃のレベルアップ(ベースアップ)をしましょう」とお話していますが、この「常に笑顔でいる」ことも、これに該当していますね。今更ながら気づきました!

◆ 面白い言葉もあるよ ◆

・手が入れば足も入る

はい、これ意味がわかりますでしょうか?
ヒントは女性について述べた言葉です。考えてみてくださいね!

はい、これはちょっとエッチなお話です。女性は、一旦スキンシップを男性に許してしまうと、そこから次々と入りこまれて結果的にはエッチを許してしまうようになる、という意味です。

で、この言葉っ!「ううん、その通りじゃんかーーーーっ!」と思いましたぁぁぁ!

まあ、手を繋ぐ程度のことはわかりにくいですが(それでも僕は、当たっていると思うけど)、例えば、デートで並んで座って、女性の肩をこちらに抱き寄せて。女性の頭を「コテン」と自分の肩に抱き寄せたとして。

こんな感じです。この写真は既にラブラブなので抱き寄せてはいませんが、女性の頭が「コテン」となっています。

この時、男性が横を向けば、そこに女性の頭がありますよね。ここで、僕なんかは髪にキスをするのですが、これを許してしまうと……!!僕の実践上は、100%キスまでいけます! ←断られたことないのよ。うん。

そして、「キスできたら、ほぼその日のうちにエッチできる!」の法則通り、結果的にエッチまで行くのです。

ほら、「手が入れば足も入る」になるわけです。
男性諸君、活用せにゃあかんぞーっ(笑)

そして、こんな言葉もありました。

・恋に師匠なし

これはですね、恋愛は人に教えられなくても、時がくれば誰もが自然に覚えてしまうものという意味です。その通りのハズなのですが、最近はそうではなくなりました。

だから、僕がいるのです(笑)

「恋に師匠あり。その名はマーチン!」

これが令和にふさわしい言葉ですね。
これからも一緒に頑張っていきましょう(^^)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
恋愛教室PREMIUM 初月無料でご覧頂けます

個別相談のお申込み

毎週2回開催 / リアル恋愛教室
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`fc2` not found]