「“一線引いた方が良いと思う”って、言われてしまったんです……」

「……」 ←僕

「私があんなことしなければ……」

「…………」 ←僕だよ☆

「先生、どうしたらいいんでしょうか……(;_;)」

「大丈夫ですよ。今回のことって、失敗じゃないんです。いつもお話していますが、間違った反省をしちゃダメなんです。今回のことは前進だったと思いますよ」

頑張っているお相手に「一線引いた方が良いと思う」と言われてしまった。けれど、それは前に進んでいると考えてよい。

「はぁ!? ナニソレ?(@_@)」ですよね!

というわけで、お話していきたいと思います。

◆ これまでの流れを踏まえて考えると ◆

元々、これはこんなお話です。ざっくりお話しますと、二人は会社の上司と部下の関係で、彼が上司です。女性をAさんとしますね。

1.仲良くなって、二人で飲みに行くようになって。
  ↓
2.彼が他の女性社員と仲良くなった感じがして、Aさんがヤキモチを妬いて彼を責めてしまい。
  ↓
3.疎遠になって。(ここからマーチン先生に相談。2018年9月でした)
  ↓
4.2018年11月頃から、また二人で飲みに行けるようになって。
  ↓
5.彼が手を握ってくれたこともあって!(恋人つなぎでした!)
  ↓
6.今回、勇気を出して腕を組んでみたところ「一線引いた方が良いと思う」と言われた。(2019年3月)

という話なのです。今回、腕を組んで歩くところまではいい雰囲気で、来月飲みに行こうという約束も具体的に日程まで決まった、ということでした。その分、彼女の落ち込みはひどく、「私が余計なことをしなければ、来月も一緒に行けたのに…」と嘆いていたのです。

「いや、そうじゃないでしょう?」
「えっ?」

「だって、彼との関係を進めたかったわけですよね?」
「はい」

「先日、彼からも手を繋いでくれたこともあったので、チャンスがあったら、自分からも手を繋ぐとか、腕を組むとか、チャレンジしようって話してたじゃないですか」
「はい」

「それができたわけです。やるべきことができたんですよ?」
「…………」

「いつもお話しているじゃないですか。恋愛はやるだけやってダメなら仕方がないものだって。そして、やるべきことをやることが大事なんだって」
「……はい」

「これまで、ずっと自分からは行動できなかったじゃないですか? それが出来たのですから、私は“よく頑張りましたね!”って思いますよ」
「…………」

「でね、すっっっごく落ち込んでおられるようですけど、そんなに落ち込むことないと思いますよ(^^)」
「……え?」

「たぶん、これまでと変わらず、また二人でも飲みに行けるようになると思いますよ」
「ええっ!? ど、どうしてですか?」

まず補足しますと「一線引いた方が良いと思う」と言われた時に、次のような話もされています。

・飲み友達として、仲良くするのはいい。
・Aさんはモテると思うし、Aさんのことは好き。
・若い頃だったら、このまま男女関係になったのかもしれない。
・でも、もういい年だし(40代後半)同じ会社だし、仕事のこととか考えたら、そういうことはできない。

そして前述のように、少し前に飲みに行った際に、彼から手を繋いできたシーンがあったのです。これらを踏まえて僕が「ピーン」と来たのは、これ!!

デート前日に、「明日は終電で帰らなきゃいけないから」と言う女性は口説ける!

という定説です。 ※終電ではなく「23時に帰らなきゃいけない」などでも同じです。

これがどういうことか、わかりますでしょうか?
はい、特に男性諸君、考えてみましょう!!(女性も考えてね)

はい、それは、こういうことなのです。

◆ 「明日は終電で帰らなきゃいけない」と言う女性の心理 ◆

どうして、前もって「明日は終電で帰らなきゃいけない」と言うのか。それは、「言っておかないと、流されてしまうかもしれないと心配しているから」です。これが前もって、こういったセリフを言う女性の心理なのです。

女性の立場で考えてみましょう。「絶対にそんな関係にはならない」と思う男性……と言いますか、眼中にない男性と飲みに行くとして、前もってそんなことを言うでしょうか? 言うわけありません。だって、終電になったら帰ったらいいだけですもの(笑)

前もって言うのは、「言っておかないと帰れないかもしれない」と思うからです。それはつまり、相手の男性を男として見ていて、しかも脈があるということで、前もって言っておかないと、流されてエッチしちゃうかもしれない……と心配しているということなのです。だから「明日は終電で帰らなきゃいけないから」と言う女は口説ける!のです。

で、この「明日は終電で帰らなきゃ~」のセリフと、彼のセリフ。「一線引いた方が良いと思う」がそっくりだと、お気づき頂けますでしょうか!?

Aさんのことが「ありえない女」だったら、黙って飲みにいけばいいのです。だって、ありえないのだから、一線引くまでもないですもの(笑) しかも彼の場合は、少し前に彼から手を繋いできたシーンがありました。それも「恋人つなぎ」です(指を一本ずつ絡めるヤツね。きゃー☆)。

……ということは、彼から「一線に迫るシーン」があったわけで、500%、彼はAさんのことを女として意識していることが確定!そして、「一線引かないとヤバイ。超えてしまいそうだ」と感じたからこそ、「一線引いた方が良いと思う」と口にした、ということなのです!!

Aさんは、これまで自分のことを女として見てくれているのか、不安に思っていたことが何度もありました。(女性は不安になるの大好きですからね・笑) でも、今回の彼の発言で、その心配は完全に払拭されたのです!

……え?「一線引かないとヤバイ」って思うなら、どうして彼は、この前、手を繋いだのかって?

その時は、繋ぎたかったからですよーっ☆ 女の子だって、エッチしたい気分の時があるじゃないですか?(笑) 人の気持ちは揺れるのです。だから、恋愛はタイミング(=お相手が自分を求めてくれている時)を掴むことが大切なのです。

◆ 今回も私って、表面的なことしか ◆

「なるほど!!! 先生、すごく納得できました!!」
「うん、よかったです!(^^)」

「そっかぁ、そういうことだったのかぁ~(^^)(^^)(^^)」
「そうですよ(笑)」

「先生……。今回も私って、表面的なことしか見てなかったんですね……」
「おおお、そうです! その通りです!!」

「表面的なことしか見ずに、落ちこんでしまって。ちゃんと中身を見れば、全然違う真実だったのに……」
「そうですよ。だから、正しい現状把握が大事だって、いつもいつも、お伝えしているんです(^^)」

「私、“Aさんはモテると思うから”って言われた時も、“だから、他に行ってくれていいんだよ”って言われたと思ってました」
「はぁ~っ!?!?(@o@;)ナンデソーナルノ?」

「表面的なことしか見ずに落ち込んでたから、思考が病んでたんですね……」
「うんうん、その通りだと思いますよ(苦笑)」

……というわけですので、Aさんが会社で今まで通りに接していたら話もできるし、すぐまた飲みにも行けると思います。4月の約束も話が出た際に「飲み友達として行きましょうよ(^^)」と伝えたら、まず大丈夫だと言えるでしょう。

…………。

今回のお話、彼の言葉だけ見たら「フラれた」と思えてしまうお話です。でも、その真実は、ほとんど真逆の内容だったのです。お相手の言葉は、そのままが真実の時もあれば、その裏側に真実が隠れている場合もあります。臨機応変に、真実を見つけられるようになりましょう。

◆ P.S.マーチン先生の予言は当たる!? ◆

思えば、この時。

1.仲良くなって、二人で飲みに行くようになって。
  ↓
2.彼が他の女性社員と仲良くなった感じがして、ヤキモチ妬いて彼を攻撃してしまい。
  ↓
3.疎遠になって。(ここからマーチン先生に相談。2018年9月でした)

ご相談日の当日夜に、僕はAさんに次のようにメールでお伝えしていました。
----------------------------
お電話でもお話させて頂きましたが、
私は彼とまた親しく話せるチャンスが来ると思います。
もちろん、絶対などと保証できるものではありませんが、
そんなに遠くなく、年内にはそういう日が来ると思います。
----------------------------

予想通りと言いますか、11月には再度飲みに行けるようになったのです。マーチン先生のこういった予言(というか先読み)は、ほとんど当たります! ということは、この予言↓↓も当たる可能性が高いのです。

> 「たぶん、これまでと変わらず、また二人でも飲みに行けるようになると思いますよ」

Aさん、元気を出して頑張りましょうね(^^)

◆ そして、上記メルマガ発行の10日後 ◆

やっぱり、当たりました!
このメルマガ執筆は3/19だったのですが、
約10日後の3月末、お二人はまた飲みに行くことができました。

Aさんも、皆さんも、
お相手の目先の言葉に振り回されずに、頑張っていきましょう!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
個別相談のお申込み

恋愛教室PREMIUM 初月無料でご覧頂けます
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`fc2` not found]