今週の恋愛教室PREMIUM、内容はこちらです。
─────────────────────────────────────
                               2018/10/09

 -/ マーチン先生の恋愛教室PREMIUM /-

   『 素直に、まっすぐ、真心を持って- 』

   18年間、のべ1万人を超える実績で磨かれ続ける、マーチンの恋愛論

恋愛の全てがわかる!更新中です。>> https://www.martin.ne.jp/?page_id=2905
━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆━
☆ I N D E X
━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆━

<1>これぞメイン!マーチン論の極意 超恋愛論&実践マニュアル

    PREMIUM講座/【一本立て】

    「ごめん、二人では会えない」からの大逆転。奇跡の軌跡

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
●マーチン先生の恋愛教室PREMIUM/超恋愛論&実践マニュアル
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Ω 「ごめん、二人では会えない」からの大逆転。奇跡の軌跡

久しぶりに恋愛相談師、本領発揮!
婚活ではなく恋愛、恋の相談で奇跡を成し遂げましたーっ!!
(最近は、婚活相談師になってるからねー・笑)

成し遂げたのは、Aさん(47歳)!

「Aさんとは友達であって、それ以上の関係を求めるつもりはありません」
「他に好きな人がいます。なので、正直もうあまり会いたくないので……」
「お花見でも行かない?」→「ごめん、二人では会えない」

そこからの大逆転、「奇跡の軌跡」をご紹介したいと思います。

◆ 34年ぶりの再会 ◆

「コイツもまだ独身だからさ、よかったら二人でメールの交換でもしたら?」

「あ、うん。じゃあ、よかったら……」

「あ、はい。こちらこそ」

2017年9月。
二人はこうして、やりとりをするようになりました。

Aさんと彼は、同窓会で34年ぶりに再会した中学の同級生。
中学時代は顔と名前を知っている程度で、特に交流はありませんでしたが、
互いに独身だったので友人からお勧めされたのです。

「家が近いので、よかったら食事でもできたらいいですね」 ←Aさん

「そうですね。では、今度の週末にでもどうですか?」

こうして数日後の9月29日。
二人は初めて食事に行きました。ランチしてお散歩→夕方解散というデートです。
翌日、Aさんから「昨日はありがとうございました」とお礼のメールをしたところ、
「またゴハン行きましょう」と言って頂けました。

そして10月9日、2回めのデート。
これも前回と同じくランチをして、その後はお茶をしてお別れしました。
この後、彼に仕事の〆切があったため暫く会えず…

11月 3日 3回目 植物園に行って探索。
11月11日 4回目 奥多摩の足湯に行って、夕食。そして、

「そういえば、Aさんは11月24日、誕生日だよね?」

「うん、覚えててくれたんだ(^^)」

「どこか行こうか。どこに行きたい?」

「えっと……じゃあ、海に行きたいな」

「じゃあ、湘南に行こう」

こうして5回目のデート、11月24日に会うことになりました。
前日まで待ち合わせが決まらず、ちょっと心配な気持ちもありましたが、
当日はちゃんと会うことができました。

「それで海を見ながら、ちょっといい雰囲気かなと思って、
 彼の肩により添ったんです」

「はい」

「そしたら、払いのけられた感じがあったんです……」

「うわっ、それは……。
 そういえば、お誕生日だったんですよね? プレゼントは頂けたんですか?」

「はい。でも……」

「でも……?」

「瓶入りの甘酒だったんです」

「甘酒っ!?(@_@)」

うん、さっぱり意味がピーマンな贈り物です。 ←訳:わけわからん
別に甘酒が好きだとか、そういった話があったわけでもないそうです。
っていうか、瓶入りの甘酒なんて、よくそんな重いものを持ち歩きましたよね。
っていうか、どういう発想で甘酒になったのか。

彼が部屋を見渡したら、それがそこにあったのでしょうか。
まあ、どうであれ、ひどい贈り物には違いありません。
で、当然進展も何もなく、お誕生日は終わったのでした。
この後は、一気に彼の態度が冷たくなります。

12月8日、6回目のデート。

「クリスマスどこか行こうよ」 ←Aさん

「えぇ!?」

「ゴハンとか作って、お家に持って行ってもいいよ」

「いや、そういうのはいいよ」

「じゃあ、クリスマス会えないの?」

「会わないとダメ?」

「ええ……悲しい……」

と気まずくなって解散になります。ここでAさん、
「これはいけない、何とかフォローしなければ」と思ってメールしたところ、
「Aさんとは友達であって、それ以上の関係を求めるつもりはありません」と
言われてしまいます。

その後は、1月に1回、2月に1回会えました。
2月はバレンタインなので、何かプレゼントをしたいと思いました。
そこで負担にならないものと考えて、

「ポケットティッシュのケースをプレゼントしたんです」

「うん、いらないですねぇ(笑)」 ←バッサリ。

そして、2月後半に「またお会いしませんか?」とメールをしたところ、
「他に好きな人がいます。なので、正直もうあまり会いたくないので……」
と言われてしまいます。この時に、

「なんで、もっと早く言ってくれなかったの?」

と、不平不満をぶつけてしまうのです。ぐはぁ。
この後、3月に「明日の同窓会行く?」と聞いて「行かない」。
更に「お花見でも行かない?」→「ごめん、もう二人では会えない」と
言われてしまうのです。

その後、特に意味のないメールのやりとりをして、当然彼の反応が冷たく。
ここで焦って「○○くんのこと、モット知りたいシリーズ(^^)」とメールをした所、
返事がなくなったのです。

「そりゃ、なくなるでしょうねぇ……_| ̄|○」

「はい……。なんか、やってしまいました」

「うーん……。」

「それで後日、“能天気なメール送ってしまってごめんなさい”って送ったら、
 “うん、正直、あれは気持ち悪かった”と返事がありました」

「返事があったんだ!(驚)」

そして、この2週間後、
4月12日にマーチン先生の所に面談にいらしたわけです。

「先生、どうしたらいいでしょうか……?」

◆ また連絡が取れるだけで ◆

「正直、諦めるのがベストだと思います。
 いくらなんでも、こじらせすぎでしょう……」

「それはわかるんです。でも、何とかしたいんです」

「いやぁ……何とかしたいのはわかりますが、この状況ではねぇ……」

「また連絡が取れるだけでいいんです。
 また彼とやりとりできるようになったら、それでいいです」

「やりとり、ですか?」

「はい」

「…………うーん。
 ほんとにそれだけだったら、何とかなると思いますけど」

「えっ!? ほんとですか?」

「はい、普通だったらですね、
 “知りたいシリーズ”の後は、何を送っても返事がないものなんですよ」

「……はい」

「なのに、彼は返事をくれています。彼の性格だと思いますが、
 きちんとした性格というか、そういう面が垣間見えるんです」

「はい、彼はすっごくきちんとした人です!!」 ←妙に力が入るっ!

「なので、上手にすれば、
 また返事はもらえる可能性があると思いますよ」

「先生、どうしたらいいんですかっ!? 教えて下さい」

話を聞くと、5月26日に彼の誕生日があると。
なので、その時に連絡をしてみるのが良いだろう、と提案しました。
ただ、マーチン先生論「時間を置いて解決する問題は、ひとつもない」のです。

「ただ、時間を置くだけでは意味がありません。
 こうなってしまった根本的な原因を改善をしないと、
 仮にまた連絡が取れても、同じことの繰り返しです」

「はい」

「まず、見た目の改善。正直言って、女捨ててる感じがします。
 これでよくデートしてもらえてたね……という感じなのです。
 きちんとお化粧して、くすんだ色の服をやめて華のある服にして」

「はい!」

「その上で中身も徹底的に改善です。
 このお話、そもそも秋の間にきちんと頑張ったら、
 ゴールインできた可能性は普通にありました。それを逃したことがひとつ」

「はい」

「そして、彼のテンションが下がってから、ただ不満を言うだけだった体質。
 更に、攻撃してしまうような体質を変えないと、です」

「…………」

「わかりますか? 彼に好きな人がいると言われて
 “なんでもっと早く言ってくれなかったの?”とぶつけた話ですよ」

「……はい」

「なので、ぜひ恋愛教室にいらしてください。来れるだけ毎週2回通って、
 勉強しながら、また、他の人の事例を聞きながら恋愛力のベースアップを
 すること。体質改善をすることが急務です」

「はい、わかりました!」

こうして4月、「茨だらけの道」が始まったのです。

◆ まずは、当初の目標達成 ◆

相談から約1ヶ月半、5月26日(土)。
彼の誕生日に合わせてこんなLINEをしました。

「○○くん、お誕生日おめでとう。お元気ですか?(^^)」

ちょうど土曜日だったので、リアル教室のお茶会の時に送りました。これだと
お返事が頂けた時に、それに対する返答を僕が一緒に考えることができるので
最高の受け答えができるのです。

同席の皆さんも、一緒に考えることができてもの凄く良い勉強になります。
こういったことが多々ありますので、リアル教室は、本当にリアル教室なのです!

そしてLINEを送ると、すぐに彼から

「メッセージありがとう。
 これから~に出張で、今空港です。これから行ってきます(^^)」

といった内容の返答がありました。
これにAさんは歓喜!! まずは目標達成です。
で、これについてAさんが返答を考えたのですが、嬉しさのあまり血迷って、

・また早く会いたいとか。
・メッセージありがとう!お仕事で出張なんですよね、とか。
・その他、あれやらこれやら。

と、長~~い文章を作っておられました。
ありがちな「調子に乗りすぎる失敗」です。
これをこのままやると、温度差でほぼ引かれる原因になります。

なので、バッサリ全て却下!!!

「お返事ありがとう。出張頑張って来て下さいね(^^)」

といったシンプルな返答をしたのでした。

◆ 次回の連絡はいつが良い? ◆

「先生っ! 次回はいつ頃連絡したら良いのでしょうか?
 彼が出張から戻ってくる、来週くらいがいいのでしょうか?」

「はあっ? そんなのありえないです。早すぎます(苦笑)」

「でも、先生のサイト見ていたら……


ご興味頂けましたら、こちらからどうぞ。
・まぐまぐ 
 ご購読ご案内

・FC2ブログ 記事1本からご購読頂けます。
http://dr-martin.jp/blog-entry-1373.html

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`fc2` not found]