「今日はお疲れさまでした!(^^)
 とても楽しかったです~(^o^)

 さっき言ってたカニのお店、ここです!
 ぜひ、わたしもお供させてください(*^^*)
 http://www.~(お店のURL)」

「お疲れさまでしたー。
 女の子と行ったら、彼女に怒られてしまうかもしれないなぁ。
 他に誰か誘えたら行けるかも(^^; カニ好きな人いるかなぁ」

お二人は会社の先輩後輩。日頃、仕事で話をすることはないのですが、今年の新年会で話す機会がありました。そこで「カニが好き!」と話が盛り上がってLINE交換。直後が上記のやりとりです。

まず、ここで皆さんに問題です。あなたは原野さん(女性)の立場で、この恋を頑張りたいと思っています。彼に彼女がいることは、このやりとりで初めて知りました。さあ、あなただったら、この後、どんな返答をしますか?考えてみましょう!

はい、ではスタートです。

◆ 自らクロージング ◆

原野さんは、こんな返事を送りました。

「そうなんですね~。
 それは失礼いたしました(_ _;)

 ○○さんとか、△△さんなら好きかなぁ?
 わたしは女子の人たちを誘ってみますね!」

うん、0点ですね!
清々しいくらい、全然頑張れていません_| ̄|○ガックリ

原野さんはリアル教室の生徒なので話を聞いたところ、「彼女がいるんだ」と知って、焦って取り乱したそうです。でも、教室のテキストには、こんな問題があるのです。「彼女いるんですか?」と聞いて、「うん、いるよ」と言われた時に頑張りたいなら、どう返答したらよいか。

答えは「でも、募集もしてるとか!(笑)」です。

これ、教室では原野さんも出来ていたのですが、全然生かせていませんでした。今回のやりとりで、この返答がそのまま使えるわけではありませんが、考え方は活用できるはずなのです。模範解答はこのような感じです。

「お疲れさまでしたー。
 女の子と行ったら、彼女に怒られてしまうかもしれないなぁ。
 他に誰か誘えたら行けるかも(^^; カニ好きな人いるかなぁ」

「ええ~、行きましょうよぉ(^o^) 大丈夫ですよ(笑)」

さて、実際のLINEは次のように続きます。

「そうなんですね~。
 それは失礼いたしました(_ _;)
 ○○さんとか、△△さんなら好きかなぁ?
 わたしは女子の人たちを誘ってみますね!」

「誘ってくれたのにごめんよ~。
 そういうの気にせずに行きたいところだけどねぇ……」  ←行きたいオーラ!

「いえいえ!全然です!(^^)
 はい、カニ仲間見つかったら行きましょう(^^)!
 おやすみなさい☆」

なななな、なんじゃ、こりゃー!!です。彼はこう言っています。

> そういうの気にせずに行きたいところだけどねぇ……。

「気にせずに行きたい」と言ってくれているのです。だったら、この時点ででも、「えー、じゃあ、二人で行きましょうよ~\(^o^)/」といった返しをしたら、よかったのです。これが「自分の目標に向かって頑張る」ということなのです。

また、先の模範解答をしていたら、どうなっていたか。彼が「そういうの気にせずに行きたいところ」と返してきたことを踏まえると、「えー、じゃあ、行っちゃおうか!?(^^;」などの返答が来た可能性も十分あったのではないかと思えます。実際のやりとりは、その後こうなって終わりました。

「いえいえ!全然です!(^^)
 はい、カニ仲間見つかったら行きましょう(^^)!
 おやすみなさい☆」

「優しいねぇ……。
 カニを楽しみに生きていくよ~(カニの絵)
 おやすみーzzz」

◆ 原野さんが気付いていなかった点 ◆

「えー、そんな返ししちゃったの?」 ←全て終わった後に聞きました。
「はい、そうなんです。これ、どうしたらいいでしょうか?」

「ええーっ。これ、こちらから終わらせてしまった形になってるからねぇ」
「えっ? それはどういうことですか?」

「だってさ、彼は“そういうの気にせずに行きたいところ”だって言っているのに、原野さんは“カニ仲間見つかったら行きましょう!”ってクローズしてるじゃん。これは“もういいです”って言ってるのと同じだよ」
「ええええーっ!? そんなつもり、全然なかったです!」

「でも、そう取れるよ。いつも言ってるじゃん、恋愛は相手がどう思うかが全てだって」
「ああ……はい」

「はうぅぅぅぅ」
「先生、どうしたらいいですか?」

-この時点で1月末でした-

「もうすぐ、バレンタインがあるから、
 その時に“ハッピーバレンタイン”のLINEを送ろうよ。
 スタバのギフトカードがLINEで送れるから、それをつけてさ」

「ああ、わかりました!やってみます!
 それまでは、何もしない方がいいですか?」

「うん、そうだね。今は、何もしない方がいいと思うよ」
「はい、ありがとうございます!」

そして、2月14日がやってきました。

◆ バレンタインデー・アタック ◆
-----------------
スタバのギフトカード

<かわいいイラスト>

Happy Valentine’s Day!
わたしのささやかな気持ちです(^o^)
-----------------

こんな感じのLINEを送りました。
そしたら、彼からすぐ返信がありました。

「ハッピーバレンタイン。ありがとう~~~」

「うっわー、寒いねぇ」
「……はい」

「これは寒いわぁ~(笑)」 ←笑い飛ばして明るくします。
「先生……。この後、どうしたらいいんでしょう?」

「まだ頑張るんだ?(苦笑)」
「はい、頑張りたいです」

「だったら中途半端せずに、ちゃんと頑張ろうね~」 ←1月の失敗を言ってます
「はい」

「原野さんも、ちゃんと考えるんだよ。僕に丸投げしちゃダメだからね」
「はい!」

さあ、ぜひ皆さんも考えてみて下さいね。

↓これを送ったら、
-----------------
スタバのギフトカード

<かわいいイラスト>

Happy Valentine’s Day!
わたしのささやかな気持ちです(^o^)
-----------------

↓これが返信で来たのです。
「ハッピーバレンタイン。ありがとう~~~」

頑張るためには、どう返したら良いでしょうか?

原野さんは、こんなLINEを考えました。
「どういたしまして(^^) カニも食べに行きましょう」

「……何これ? ありえないんですけど(^^;
 “どういたしまして”はナイよ~(苦笑)」 ←僕

『うん、これはヘン。噛み合ってないよー』 ←教室の生徒さん

「えええ、そんなにヘンですか?」

「“どういたしまして”がおかしいし、カニが脈絡なさすぎるんです」

『そうそう』

「これはね、次のように送ったらいいと思うよ」

------------------------
あたたかい物とか飲んでくださいね。
よかったら、カニも食べに行きましょう(*^^*)
------------------------

- 実際に送りました -

「先生、ありがとうございました!ほんとに助かりました」
『よかったねぇ~(^^)』

ここで僕は、全員に言ったのです!!

「こらこらこら! ここで安心するから実らないんだよ!」

今すぐ、ここで考えるべきことがあるのです。
というか、僕はそれを考えたからこそ、上記の案を出しているのです。

さあ、それは何なのか!?
次回、後編(2/22・木)に続きます。お楽しみに!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
個別相談のお申込み

無料相談掲示板 悩みの足跡
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`fc2` not found]