今週の恋愛教室PREMIUM、内容はこちらです。
─────────────────────────────────────
                               2018/02/06

 -/ マーチン先生の恋愛教室PREMIUM /-

   『 素直に、まっすぐ、真心を持って- 』

   18年間、のべ1万人を超える実績で磨かれ続ける、マーチンの恋愛論

恋愛の全てがわかる!更新中です。>> https://www.martin.ne.jp/?page_id=2905
━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆━
☆ I N D E X
━☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆━

<1>これぞメイン!マーチン論の極意 超・実践マニュアル
    PREMIUM講座/

   【一本立て】ヘタレ男子よ、刮目せよ。これがNGデートの実例だ!

<2>最後にもうひとつお話を☆
    あとがき/自分たちの意識を変えることが大事

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
●マーチン先生の恋愛教室PREMIUM/超・実践マニュアル
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Ω 【一本立て】ヘタレ男子よ、刮目せよ。これがNGデートの実例だ!

「過去最高にいい男性……と言いますか、
 僕が見ても、ステキな男性だと思いますよ!」

「はい、お会いしてよかったです(^^)」

「正式交際に繋がるように、頑張っていきましょう」

「はい!」

これが昨年12月半ばのこと。
女性Aさんが僕の結婚紹介所のメンバーで、お見合いをしたのでした。

実はその男性からは、以前にも一度お見合いのお申込みがあり、その時は、
Aさんがお断りをしていたのです。しかし、再度「どうしてもお会いしたい」と
お申込みを頂いたので、「それなら」ということでお会いしたのです。

結果、非常にきちんとした身なりでいらっしゃり、ご挨拶もしっかりできて、
お話もちゃんとできて……と、ほとんど文句のつけようのない男性でした。

「お見合いの時点では!!!」

しかし……結果は題名の通りです。
その理由、詳細に報告を受けていた僕にはわかります。
でも、当の本人には、どうしてそうなってしまったのか永遠にわからない。
わからないから、こういうデートになっているのだろうなぁ……と感じました。

だから、デートのヘタな男は、
目ン玉見開いてコレを読むべしーーーっ!!!

おっ、おほん!
つい厳しい言い方になってしまいましたね!!
どうぞお読みあそばせ。おほほほほ♪

◆ 初回デートはラブラブで、ほとんど満点! ◆

女性からのメールをご覧頂きたいと思います。
文面からテンションの高さも読み取れますので、そこを見逃さないようにして
いきましょう。(影響がない範囲で、加筆修正していますのでご了承下さい)

-------------------------------------
12月24日(日)、お見合い後の初デート。(お見合い一週間後)

駅で待ち合わせでした。
予約時間まで1時間あったので、ゆっくりお散歩しながらお店に向かいました。
お店は彼がクリスマスディナーのコース料理を予約してくれて、
お料理もおいしく、色々なお話で盛り上がりすごく楽しい時間を過ごせました。

食事代も全額支払ってくださり、半分出そうとお金を渡したのですが
受け取ってもらえなかったので、たくさんお礼をお伝えしました。

別れ際にチョコレートとクリスマスプレゼントをお渡ししました。
彼もプレゼントを用意してくれていたのでプレゼント交換になりました。
びっくりしましたが、とてもうれしかったです♪

次回は30日の夜に、ご飯に行くことになっています。
今回ご馳走になったので、次回は私がご馳走するつもりでいます。
-------------------------------------

その後、年末、お正月と2回のデートがありました。
出会ってから約2週間で合計3回デートになりますので、かなり順調そうです!

-------------------------------------
1月○日、デートしてきました。(4回目)
週1回は会えるようお約束できています。

お話していて、あまり会話が途切れることもなく、
楽しいと感じるのですが、ちょっと気になる部分がありモヤモヤしています。

彼の優しさなのかもしれませんが、デートの場所や時間を決める際に
毎回「合わせるので好きな時間と場所決めて下さい」と言われます。
特に案も提示してくれないので、私が調べて時間や場所を決めている状態です。
初回デートの際も、時間とお店は私が提案しています。 ←そうだったんだ(^^;

お正月デートの際、お参りがいつ終わるかわからなかったので、
お店の予約はしていませんでした。彼はノープランだったようで、
その場で私がお店を調べて、向かうことになりました。

私が調べている間も、一緒に調べてはくれず……。
私に決めさせようとするところ(?)に、ちょっと疑問を感じてしまいました。
-------------------------------------

はい、ここで初めて問題が浮上します。
この時僕は、次のようなお返事をしました。

まず、これは「どうでもいい問題」ですか?
それとも「重要な問題」ですか?と。
……と言われたら、皆さんも答えがお分かり頂けると思います。

このお話、「結婚相手を探す」という視点では、ほとんどどうでもいい話です。
「毎回、自分の好きな所でデートできるからいいじゃん」と考えたらよいのです。

100点満点のお相手なんて、いないです。
それはAさんご自身もそうですし、マーチン先生だって同じことです。
「結婚相手を探す」という大きな目標のなかで、大事なことを大事にする。
そういう感じで頑張っていきましょう……と。

しかし、ココ!男性諸君はしっかりご覧下さい。
「女心」という視点で考えますと、これは「男らしくない」のです。
男らしくない男を好きになれるかというと、難しい。そういう感じなのです。

この時は、こういう話が初めて浮上したのもありましたし、他の所で良い点が
もっと見えてくるかもしれない。ですので「お互いに100点満点じゃない」という
視点で見て、頑張る方が良いとお話しました。

これは、お相手が向き合ってくれているなら、どんな事例でも同じです。
婚活する際に一番大事なことは、向き合ってくれるお相手と交際すること。
ここがOKであるなら、1つや2つ、他の問題が出てきても頑張るべきなのです。

あと、男性向けのアドバイスとして、
この日のデートで彼のNGだったところ。


ご興味頂けましたら、こちらからどうぞ。
・まぐまぐ 
 ご購読ご案内

・FC2ブログ 記事1本からご購読頂けます。
http://dr-martin.jp/blog-entry-1243.html

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`fc2` not found]