最近多いご相談事例に、こういったお話があります。
「1~2ヶ月くらい いい感じでお付き合いできていた(と思っていた)けれど、急に連絡が取れなくなった。LINEが1行だけの返事や既読スルーになった」というものです。

ポイントになるのは、「いい感じだと思っていた」という部分です。つまり、前兆と言いますか、違和感になるような出来事がやっぱりあるのです。今日は、そういった事例の見分け方と、LINE既読スルーになった時の対処法について、お話したいと思います。

◆ 既読スルーになる経緯 ◆
まず、ある女性Aさんの事例をご紹介したいと思います。
週一で会えていたので順調だと思っていたところ、ある日彼が、「知り合った所とは別のマッチングサイト」に登録しているのを見たのです。「なぜ、そのサイトを見てるんですか~」という突っ込みどころもあるわけですが、結局、Aさんはこの話をスルーしたそうなのです。

まあ、今のように突っ込まれて言いにくいし、「言ってどうなる、というものでもない」と思ったそうです。でも、これは「自分自身が交際に向き合っていない」ことになるのです。

よく「向き合ってくれるお相手と、お付き合いすることが大事」とお話しますが、そのベースには「自分自身が交際に向き合うこと」が必須です。当たり前すぎて自覚していない方が多いですが、無意識に都合が悪いことから目を逸して、自分自身が交際に向き合えていないことがあるのです。そしてその後、暫くはこれまで通り週一で会えていたのですが、ある日突然、LINEの返事が素っ気なくなり、既読スルーになったのです。

うん、なるほど。

他の女性Bさんの事例では、初めて会ってから3週間後、5回めのデートで「付き合って欲しい」と言われて承諾。その時に「よかったら一緒に泊まりたい」と彼に誘われたそうなのです。その際「ホテルに泊まろう」と言われたので、「あなたのお部屋に行ってみたい」と伝えたところ、

「うーん、ウチは散らかってるし……」
「そんなの全然構わないよ」
「でも……」
「じゃあ、お部屋は別に来週とかでもいいよ?」
「うーん、でもねぇ……」

と歯切れの悪い返事で、結局、その日はバイバイになったのです。 ←えええっ!?
そして、それからも毎週デートはするのですが一度もエッチに誘われることがなく、先日、「今日はもっと一緒にいたい」と伝えたところ、「明日も仕事があるし」とその日はお断り。翌日から急にLINEの返事が遅くなり、やがて既読スルーになったのです。

なんじゃ、そりゃー。
と言いますか、どちらも他に女の人がいるとしか思えないです_| ̄|○

前者は、サイトに登録している時点で、彼が向き合っているとは言えないです。そして、後者は家に行くことを拒否したこと。更に「来週でもいいよ」と言ってもOKしなかったことから、同棲?結婚?している可能性が非常に高いと思います。いずれもその時点で、きちんと問題に向き合っておけばキズは浅かったのですが、それからも交際を続けて、どんどん好きになった後に表面化してしまったのです。

以前にもお伝えしましたが、「延命」は延命でしかありません。
必ず「終わり」がきますので、これを皆さん覚えておいて頂けたらと思います。

◆ どのように伝えたらいい? ◆
では、 お二人のこの状態から頑張るには、どうしたらいいかです。
(他に女性がいても頑張る、という前提です)

さあ、皆さんだったらどうしますか?
どうするのが良いか、本気で考えてみましょう!
どちらの事例でも、答えは同じですよ。

はい、では予想される答えから。

「あのね、今度時間作ってもらえるかな?」
「ちょっとでもいいから、会えないかな?」
「ちょっと話があるんだ」

どれも0点、最悪です!
こんな風に言われたら、間違いなくネガティブな印象しかしませんよね。結果、更に既読スルーになるか、話が出来たとしても 別れ話一直線です。なので、どんな場面でもこんな言い方してはダメですよ。

いいですか? ホントのホントに、
どんな場面でもこんな言い方してはダメですよ。
どんな場面でもこんな言い方してはダメですよ。
よく覚えておいて下さいね!

では、どう伝えたらいいのか。
マーチンの回答は次のような感じです。

「こんばんは、今日もお仕事お疲れさまでした。あのね、○○さん、他にも女の人がいるのかな…? もしそうだとしても、私は○○さんの彼女でいたいと思っています。一度、ちゃんと聞かせてもらえたら嬉しいです」

「他に女の人がいても頑張る」と決めているわけなので、そこにきちんと向き合って話をすることが大事です。これが「自分自身が向き合う」ことになるわけですね。また、何らかの問題が起きた時に、「取り敢えず会って話をしたい」と考える人が多いのですが、これは超NGです!問題が起きたときに、ただ話し合うと、そのまま流れていくだけです。つまり、まず間違いなく「問題が悪化する方向に行く」のです。

大事なことは「話し合い」ではなく、「提案、誘導すること」です。上記の僕の回答を見ると、

1.問題に向き合うこと。
2.自分の意思を伝えて、これからの交際像を提案していることがわかります。

「どうしたらいいと思う?」と聞くと、「別れた方がいいと思う」と普通は言われます。だから、会う前に「このように伝えよう」というセリフをきちんと考えておくことが、とても大事なのです。

◆ ここが一番の肝! ◆
更に問題です。伝えた結果「女なんていないよ」と言われたら、どうしたら良いでしょうか?言われる可能性、普通にありますよね。男性も女性も、しっかり考えてみましょう!

はい、答えはこちら!

<1つ目の事例だったら、これ>
「ええ? それは申し訳ないけど信じられないよ。○○さん、×××のサイトに登録してたでしょう? 私、友達が教えてくれて知ってたんだよ(;_;)」

<2つ目の事例だったら、これ>
「ええ? それは申し訳ないけど信じられないよ。 じゃあ、どうしてお部屋に行かせてくれなかったの?」

このように「それは信じられないよ」と、そのまま伝えるのが正解です。きっと、皆さんの回答には「そうなんだ、よかった……」など、取り敢えず信じるような案が多かっただろうと思います(他に答えようが思いつかない) 。しかし、それは膿を出しきっていないのです。せっかく「他にも女がいるんでしょ?」と、問題に向き合って話をしているのです。なのに、相手が目を逸した回答をしてきて、それを受け入れては意味がないのです。

こういった状況で他に納得の行く理由は、99.99%ありません(延べ1万人で1人ありました)。そう思ったからこそ、上記のように伝えたのです。同じ過ちを繰り返さないように、話をしたのですから、自分はもう逃げないできちんとケジメをつけましょう。

…………。

既読スルーになった相手は、文字通り、
あなたからのLINEに向き合ってくれていません。

1.そうなった理由を、わかる限り明確にして。
2.まず、自分がその理由に向き合って。
3.その上で解決案を考えて、行動していきましょう。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
個別相談のお申込み

マーチン先生の恋愛教室、生徒募集中
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`fc2` not found]