『スケジュールを決めたがる女、決めたがらない男』

これはもはや定説だと思いますーーーっ!

よくある例は、「会う約束を前もってするか、しないか」ですよね。女性は前もって決めたがり、男性は当日や前日に決めたがるっ☆ といいますか、僕も男性ですので男性目線で意見をお話しますと、予定は前もって決めるほどの価値があることなら、決めるのです。

「えーっ! じゃあ、私と会うのは価値がないって言うの!?」

わわわ、怖いよーっ! そういう話ではありません。交際中なら、彼女と会うのは「当たり前のこと」だから……そんな感じです。

さて、今回は面白い「前もって決めたがるお話」がありました。ある女性に、「彼に手料理を振舞いましょう」というアドバイスをしたのです。これはもうマーチン論では当たり前のお話で……やれる女性は、言われなくても普通にするのですが、やれない女性は、物凄く特別のことのように感じて実行できない、そういうお話なのです。

でっ!こんなメールが届いたのです。

「手作りおつまみ持っていく作戦なんですが、
 予定してた5日、彼に出張が入ってダメになったんです(;_;)
 次の週末は彼が会社の人とゴルフに行くので無理そうです。

 そうするとウイークデーなんですけど、来週は私の仕事がキツくて。
 その次の週はバレンタインで外食する予定なので、
 手作りおつまみは20日の週でも大丈夫でしょうか?」

さあ、これ。僕が何を言いたいかわかりますか?
マーチン先生のアドバイスを読みきってみましょう!

はい、20日の週で悪いとは思わないですが、「なんか違うぞ?」そんな感じなのです。

このお話は「たかが」手作りのおつまみを持って行く、という話なのです。わざわざ改まって2週間以上も先に設定して、決めるほどの話ではなく、「できる時にやればいいじゃん(^^;」、そういうレベルのお話なのです。何が言いたいかと言いますと、「改まりすぎて臨機応変に動けなくなっている」ということです。もっと気楽に実行したらよいのです。

「え!私にとっては、大したことなんです(;_;)」

と思われた方は、ぜひ、その意識改革をなさることをお勧めします。交際をスムーズに実らせられる女性と、そうでない女性の違いに、手料理を気軽に振舞えるか。それとも、改まってなかなか実行できないか、という違いがあるのです。同じような要素に「家に気楽に呼べる性格か、そうでないか」もあります。

「彼(彼女)はステキな人だから、こんな散らかった部屋を見られたら幻滅される」

このセリフを言ったことがある人は、要注意ですっ☆ 幻滅される心配よりも、タイミングを逃す心配をしましょう。話がそれましたが、いずれも例えるなら……そう!

電話するのと変らない。

その程度のことだと考えたらよいでしょう。電話するのに「20日の週にしようと思います」なんて考えませんよね?その感覚で考えたらよいのです。

…………。

先々の予定を決めるよりも臨機応変。
その意識を持っていきましょう!

P.S.
リアル「マーチン先生の恋愛教室」、オープン3周年になりました!
明日2/18(土)は定番の人気講座「神業メールの作り方」開催です。
ご案内 >> https://www.martin.ne.jp/counseling/lesson.htm

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`fc2` not found]