●PREMIUM No.1072 アラフォー、アラフィフ。婚活がうまくいかない理由と解決法/怒らせてしまって、連絡が取れなくなった時の奥義、他計4つ

今週の恋愛教室PREMIUM、内容はこちらです。
2024/03/29
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

/ マーチン先生の恋愛教室PREMIUM /

『 素直に、まっすぐ、真心を持って- 』

24年間、のべ1万3千人を超える実績で磨かれ続ける、マーチンの恋愛論

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
☆ I N D E X
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

<1>婚活教室/アラフォー、アラフィフ。婚活がうまくいかない理由と解決法

<2>恋のQ&A/怒らせてしまって、連絡が取れなくなった時の奥義

<3>課外授業/そして、会いに行く時の心構え

<4>あとがき/これもまた、「姿勢が伝わる」一例

<お知らせ>今月のオンラインお茶会についてご案内

【お願い】PCでご覧の方はメールの幅を狭めて、縦長の画面にしてご覧ください。スマホでもご覧頂けるように作成してありますので、宜しくお願いします(^^)
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
●婚活教室
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

Ω アラフォー、アラフィフ。婚活がうまくいかない理由と解決法

近年、ご相談者の年齢層は「20~30代:40代以降」=「1:1」のイメージになっています。以前は完全に30代がコア層だったのですが、ネットを使い慣れた世代が時を経て、今のようになっていると感じます。 ←僕自身もそうですし(^^)

そして、婚活という言葉が出てきたのが2009年で、それから15年。ゆえに40代~50代で婚活をしている人が増えるのも道理です。

さて、40~50代で婚活をしていて成果に恵まれない方には、男女に共通する「ある傾向」があります。さあ、それは何でしょう!?(^^)

クイズのつもりでいいですヨ!
ちょっと考えてみてくださいね。

もちろん、20代、30代でも大事なことですので、一緒に考えて下さいね!

はい、では参りましょう~!

◆ 誰と付き合っても、気になる点はある ◆

さあ、皆さんの答えはどうしょう?

「恋愛が上手でないこと」ですか?

うん、確かに(笑)上手でしたら、マーチン先生に相談しなくても、お相手できますからねー。それは当たりだと思いますが、もうちょっと具体的にいきましょう。僕は次の2つが、大きな点だと感じています。

1.お相手の気になる点を次々にあげていくこと。
2.気になる点を解消しようとしないこと。

特に2が、男女交際の支障になっていると感じています。順に説明しますと、こうなります。

「1」はお見合いや初デートを経て、「またお会いしましょう」となった後です。何度かやりとりをしたり会う中で、デートで選ぶお店がイマイチとか、あまり誘ってくれないとか、お金払いが悪いなど、気になる点をどんどん積み上げてしまうのです。

この傾向がある方にデート後の話を聞くと、楽しかったとか、嬉しかったとか、こういう進展ができたといった話ではなく、「こういう気になる点があった」「これも気になった」という報告に終始してしまうのです。

だから、話し終わると「どんより」してしまうのです(泣)
この時点で、実る気がしなくなりますぅ~。 ←ほんとに。

そこで「2」の話です。気になる点を積み上げた後に、「だからこうしようと思う」とか、「こうしたらいいよね」のように、解決しようとする思考にならないのです! これが特に問題だと思うのです。

結果「~が気になるんですよね……」(どんより)となって終わるので、誰と、どんなデートをしても、気になる点だけが積もっていくのです。

ここで1つ、超大切なポイントがあります。
それは、「誰と付き合っても、気になる点は必ずある」ということです。
これを、忘れてはならないと思います。

◆ まずは、気になる点を「製造しない」 ◆

誰と付き合っても、気になる点は必ずある。
それがないお相手は、存在しないと思った方が良いのです。

もしも「私の彼(彼女)にはないですよ」と思った方は、そのお相手に死ぬほど感謝して、今週末はご飯をご馳走しましょう~!(笑)

それで、です。誰と付き合っても気になる点があるということは、「その気になる点を消化しない限り、男女交際は成立しない」ということなのです! ですが、アラフォー、アラフィフで婚活中の方々には、この意識が非常に低い(無い?)ように感じるのです。

また、こういった年齢になると、それまでに何度かはお付き合いの経験があるものです。すると、これまでに付き合った異性の「良いところ取り」をして、目の前にいる異性を採点しがちなのです。

例えば、ある男性とデートした場合、このように考えてしまいがちです。


ご興味頂けましたら、こちらからどうぞ。
・まぐまぐ 
 ご購読ご案内

・FC2ブログ 記事1本からご購読頂けます。
https://dr-martin.jp/blog-entry-2428.html

Follow me!