マーチン先生の恋愛教室

撫でてくれるのが一番幸せ

「 1日100回 『愛してる』 と言ったことがありますか? 」


    あなたは、「セックスの相性」と聞いて、ピンとくるものがありますか・・・?僕がセックスの相性を初めて感じたのは、


彼女が僕の体を撫でてくれた


ことが、キッカケでした。


▼ 気持ちいいということ ▼
セックスの気持ち良さには、二種類あります。
ひとつは、動物の本能としてセックスをしたいと思う「快楽」の良さ。
もうひとつは、


肌で愛を感じる良さ


です。
「肌で愛を感じるって、どういうこと??」と思われる方は、残念ながらまだ感じたことがおありでない・・・ということでしょう。
難しいですが、これを言葉で説明するなら、

・「もっとして欲しい、とても気持ちいい」と思う。
・気持ち良くて安心して眠くなる。
・あっという間に時間が過ぎてしまい、
 週末ずっとベッドの中・・・なんてことも。

このようなときに、幸せを感じているはず・・・です。
いかがでしょうか?


▼ 喜んでもらうには? ▼
ときどき、このようなご相談に出会います。

「あまり経験がないので、どうしたら彼女が喜んでくれるか
 わからないんです」

「彼を気持ちよくさせてあげたいんですけど、
 どうしたらいいんでしょう?」

確かに、セックスにはマッサージのように、「こうしたら気持ちが良くなる」という技の要素もあります。しかし究極的には、「喜んでもらうには、どうしたらいいのでしょう?」という質問は、


肌で愛を伝えるには、どうしたらいいでしょう?


という質問に置き換えられる気がするのです

仮に、超ウルトラ☆テクニシャンの人がいたとして!
でも、その人が全然あなたの好みでなかったら・・・どうでしょう?

それでもあなたは、気持ちいいと感じるでしょうか・・・。


▼ 愛撫の本当の意味 ▼
「愛撫」という言葉を聞くと、どうもエッチな感じがしてしまいますよね。
しかし、本当の意味は文字の通りだと思うのです。それは・・・


愛しながら撫でてあげること


です。

こんなことがありました。
エッチをしているとき、僕は彼女の名前を呼ぶのですが・・・

えっ?
呼ばないですか??

呼んでくださいーーーーっ!!

名前を呼ぶのって、
「愛してるよ」以上の告白だと思いますよ。

でっ!
名前を呼ぶのですが・・・。

ただ、普通にエッチをしながら「○○、○○」と、名前を呼んでいただけで、


彼女はうれし涙をながしてくれた


のです。
「えっ!どうしたの?」と思わず聞いてしまった僕ですが、
「・・・ううん、ただ嬉しいの」と・・・。
そして、「ぎゅうっ」と抱きついてきてくれました。

・・・こっちまで、もらい泣きしちゃいます。

同じような話を、もうひとつ。
・・・これもエッチ中の話です。
彼女の名前を呼びながら頭・・・というか、髪を何度も何度も撫でていたのです。このときも、感動して涙を流してくれました。

僕にとっては自然にやっていたこと・・・なのですが、


そんな風に抱かれたら、誰だって涙がでるわよ。


と、マヤ先生・・・あ、いえいえ☆
友人(♀)に言われたことがありました。

なでなでしながら、エッチするだけなのですよ?
技なんて、何もありません。

でも・・・涙がでてくるくらい幸せになれる。

これが本当ではないでしょうか。


▼ 「してあげる」では幸せになれない? ▼
セックスの感じ方は、根本的には意識の問題だと思います。
例えば、先ほどの僕の話。

「そっかー、そうすれば女は喜ぶんだー」

という意識で「よし、名前を呼んでみよう!」と、同じことをしたとします。果たして、彼女は泣きながら喜んでくれるでしょうか・・・?

・・・喜んではくれないと思います。

大好きだから、名前を呼びたくなる。
呼びたいから、名前を呼ぶ。
愛したいから、撫でたいから・・・撫でる。

だから、気持ちがまっすぐに伝わる。
だから、気持ちがいい・・・のだと思うのです。

セックスに不安を感じていらっしゃるあなた。
あなたは、本当に恋人を愛していますか・・・?

愛していらっしゃるなら、技なんていりません。
「○○、愛してる。愛しているよ」と、


100回も200回も「愛している」と言いましょう。


そして全身を撫でながら、抱き合ってください。
きっと、いつもと違う「なにか」が見えてくることだと思います・・・。



   
written by Martin 2002.12.11



   恋愛教室のプレミアムバージョン、
       「マーチン先生の恋愛教室PREMIUM」も好評配信中!

  − まぐまぐ有料メルマガ 恋愛・結婚カテゴリ 常時TOP3入り−

    < 恋愛教室PREMIUM、ご案内・お申し込みはこちら! >




講義一覧に戻る | マーチン先生の恋愛教室TOPに戻る