マーチン先生の恋愛教室

こんなことしてもいいのかしら 〜セックス編〜

「 まっとうな恋をしたいなら、自分をみせるしか・・・? 」


    CLASSIIの講義、「うまくいくとき、いかないとき」の最後に、こんな一節がありました。
。_。_。_。_。_。_。_。_。_。_。_。_。_。_。_

ちょっと慎重すぎるあなたへ。


こんなことしてもいいのかしら?!


と思うようなことを女性がすると、うまくいくことが多いみたいですよ。えっ?どんなことかって・・・?それは、ご自分でお考えくださいね。
。_。_。_。_。_。_。_。_。_。_。_。_。_。_。_

このお話は、「恋が実るかどうか」という時期に焦点をあわせていたのですが、実は、セックスにおいても同じような悩みを持つ方が多いものです。


女の子なのに、
こんなことしてもいいのかしら?!


・・・どうなのでしょう?
さあ、一緒に考えてみませんか?
男性諸君も彼女のために、ぜひお考え下さい!


▼ 恋愛で大切なこと ▼
恋が実るか実らないか?
恋が長続きするかしないか?
お互いに幸せなセックスができるかどうか?

恋愛で大切なことは、


自分を出せるかどうか。
そして、相手に自分の気持ちを上手に伝えられるか。


が、とても大切なポイントになります。
確かに、付き合いはじめていきなり自分をさらけ出すのは、できない人もいるでしょう。しかし、いつまでも自分を抑えたままの状態では、「楽しい幸せな恋」にはならないのです。少しずつでも構いません。会話のキャッチボールのように、


1枚ずつ服を脱いでいくように、
お互いに少しずつ、自分の中を見せていくこと


がとても大事なのです。

そうそう。
僕が「セックスは大事ですよ」と、いつも申し上げるのは、


お互いに本当に服を脱ぐから


だったのですよ。


▼ 女の子からセックスを誘ってもいいのでしょうか? ▼
なかなか押し倒してくれない彼をもつと、100%女の子はこの悩みを持ち始めます。・・・まったく不甲斐ない彼ですね☆

「あたし、魅力ないのかしら・・・」
「あたしから誘うしかないのかしら・・・」


「あたしから誘ってもいいのかしら・・・」


「男女関係をおし進めるのは男」という固定観念は、たぶん多くの人が持っていると思います。そしてこの考えは「だいたいそうなる」という意味で基本的に間違っていません。

しかし、だからといって、女性から誘っていけないなんてことはないのです。・・・それに、今あなたがそう思っているならね、


彼より、あなたの方が行動派である


ということなのですから。
つまり、今抑えても、その気持ちはまた顔をだすことがあるのです。それに・・・


女性だってセックスしたい


のですから☆
自信を持っていいんですよ。

「ええ?女の子もホントにそうなの?」と思った男性諸君!
そうなんですよ。もちろん・・・


大好きな、あなたとなら。


ですけどね。


▼ 口でするのが大好きなんです ▼
こんなご相談を頂いたことがあります。

。_。_。_。_。_。_。_。_。_。_。_。_。_。_。_

私は、好きな人のあそこを、口でするのが大好きなんです。
大好きなひとが、私と一緒にいて大きくなっていると、とっても愛しく思えてキスしたくなるんです。
彼に「口でして」って言われる前に、女の子からしちゃうのは、やっぱりまずいことでしょうか・・・?
。_。_。_。_。_。_。_。_。_。_。_。_。_。_。_


いいえ、そんなことはありませんよ。
 どんどん、してあげましょう。


というのが、僕のお返事です。
もちろん、賛否両論あるかな・・・とも思います。

「ええー!だって、いきなり女の子からそんなことしたら、
 遊んでるかと思われて、ひかれちゃうよ!」

・・・ごもっともかもしれません。
しかし、です。

「彼のものを口でしたいけど、女の子からそんなことしていいのかしら?」なんて悩んでいるあなたは、他のことでも同じように「○○してもいいのかしら?」と悩むことがあるでしょう。

そんなとき、毎度毎度悩んで、「彼にひかれてしまう」と行動しないようにしてしまうと、何かにつけて自分を出せなくなってしまいます。・・・そんな恋をあなたは望んでいらっしゃいますか?・・・望んではいないと思います。つまり結局のところ、


まっとうな恋をしたいなら、どこかで自分を見せるしかない


のです。
でしたら、様子をうかがわずに出せそうなときに出すのがタイミングなのです。ヘタに抑えてしまうと、抑えるクセがついてしまい、出せたはずの自分の姿すら出せなくなってしまうのですから。

・・・え?
でも、彼にひかれたらどうするのって?


今日でも1ヵ月後でも、ひかれるものならひかれます。


先程も申し上げましたが、まっとうな恋をするなら、どこかで見せるしかないのです。つまり、極論になりますが、「同じ傷つくなら早いほうがいい」・・・ということなのです。

ほら、大切なマーチン論。


行動しないための理由よりも、
行動するための理由を探しましょう。



いっしょに裸になろうよ。

Accept to give myself to you.
いっしょに裸になろうよ。


   
written by Martin 2002.07.20



   恋愛教室のプレミアムバージョン、
       「マーチン先生の恋愛教室PREMIUM」も好評配信中!

  − まぐまぐ有料メルマガ 恋愛・結婚カテゴリ 常時TOP3入り−

    < 恋愛教室PREMIUM、ご案内・お申し込みはこちら! >




講義一覧に戻る | マーチン先生の恋愛教室TOPに戻る