マーチン先生の恋愛教室

ふたりで一緒に

「 まずはエッチになろう 」
「 いつも一緒に 」
「 昔のあたし と 今のあたし 」

    恋とセックス。
それはどうやっても切ることができない深い関係にあります。しかし、なぜか「話してはいけないことなのでは・・・?」という不安にかられ、思いを胸に秘めてしまっている方も少なくありません。


誰にも話せない・・・。


セックスについての悩みが尽きないのは、ここにポイントがあるようです。

SEXLIFE最終回、セックスについての悩み解決方法。
それは、いったいどうしたらいいのでしょうか・・・?


▼ ふたりで考えよう ▼
セックスについて、お悩み中の方、その悩みを相手に伝えていますか・・・?きっと友達には相談していても、本人には話していないと思います。セックスの悩みを解決する第一歩は、


ふたりで考えること


なのです。
いつもお話するように、恋は「あなたと私でするもの」です。
そして、それが一番如実に現れるのがセックス・・・なのです。

僕はとってもエッチです。でも僕に限らず、人はみんなエッチだと思っています。だから、友達、恋人、親に至るまでセックスについては何でもオープンに話します。

・・・だって、みんながしてることだから、別に恥ずかしいことじゃないし、隠す必要もないじゃないですか?!僕はそれが幸いして、明るくオープンにエッチの話ができるようになりましたよ。

え?
「いいえ!私はエッチじゃないっ!」て・・・
それは、


もったいない


ですよ。
ズバリ人生の半分以上損しています。ムリ強いはしませんけれど、できることならエッチになった方が、いいコトたくさんありますよ。


▼ まずはエッチになろう ▼
「彼が喜ぶから、○○してあげる」

よくある話ですし、微笑ましくもあります。
しかし悲しいかな・・・これではいつになってもエッチにはなれません。大切なことは、


あなた自身が感じようとすること


なのです。
あなたが気持良くなることが、一番大事なのです。

「感じようとする」とは・・・?

例えば、男性はよく女性に口でしてもらいますよね?
ちなみにあれ、


男性がいこうと努力しないと、ずっといけない


のです。
つまり、女性の努力だけでは、いつまでたってもいけないのです
(もちろん例外はありますヨ)。つまり普通は、男性も一緒に努力しないと
「精神的満足感だけで、肉体的満足感は得られない」ということなのです。

この状態が、一般にいうエッチが嫌いな女性なのです。
感じようという努力をしていない・・・のです。

また、こんな勘違いもおこっています。
これについてのご相談で「どうやったら男の人は気持ちいいのですか?具体的に教えてください!」「上手な女性は何回も彼をいかせることができるって、本当ですか?」という内容を週に数件は必ずいただきます。

いただきますが・・・「具体的に教えて欲しい」と言われても困りますよネ。

これ、本質は「気持ちよくしてあげよう」というものではないのです。
上手な女性は、


彼が感じるのを楽しんでいる


のです。
あなた自身が感じること。
相手を感じさせることに、喜びを覚えること。
それが大切なのですよ。


▼ いつも一緒に ▼
恋をする人は、みんなふたつのものを欲しがります。

ひとつは精神的満足。
そしてもうひとつは、肉体的満足です。

どちらかに不満が残る場合、人は苦しみ彷徨います。そして別の人によってそれが満たされたとしても、心にポカンと穴があいてしまい、どこかブルーになってしまうのです。つまり・・・


同じ人で両方の満足を得なければ、幸せにはなれない


ということなのです。
セックスについての悩みの多くは、「ふたりが一緒ではないこと」に根ざしています。

ふたり一緒に・・・。

感じるのも、楽しむのも一緒。
幸せを感じるのも一緒。
そして、悩むときも一緒。

それが、本当のセックスなのです。

最後に・・・
「セックスは男のためにある」と思っていた女性が、わいわいROOMでのご相談をへて180度変わられた例をご紹介します。
あなたのSEXLIFEの力に・・・きっとなってくれると思いますよ。


▼ 昔のあたし と 今のあたし ▼
・・・彼女たち、本当に昔のあたしです。

「イッたことがない」

セックス=男は体の満足、女は心の満足。

そういう段階でした。

とても思うことがありました。
セックスに関する情報が偏っている気がするんです。
セックス特集の雑誌を見ても。

「○○してイっちゃいました」
「私初めてイったんです」

そういう情報が溢れていて、イケない人のことはあまり書いてなくて。

「女はイクものだ、しかも中で感じてイクものだ」

何故かあたし達には、そういう観念のようなものがあるんです。
どうしてあたしはイケないのだろう・・・と余計に焦ってしまう。

イケない自分はおかしいのではないか?
そうか、あたしはそういう体質なのかもしれない・・・。

そうやって、感じる努力をしなくなってしまう。
悪循環になってしまう。
本当は全然違うのに・・・。


=昔のあたしが思っていたこと=

頑張ってイカせようと、努力をしている彼に対して・・・。
本当は「イっていません」なんて、いうことが出来ないんです。
申し訳なくて・・・。
だから、たまにはイったフリをしてしまう。
そして、余計に言い難くなってしまう。

心の満足なんて・・・。
最初はそれで、本当に満足していても、段々と無理が貯まってくる。そして、セックスが憂鬱になってしまう。

前戯は好き、あれは気持ち良いから。
でも、セックスそのモノは嫌い。
始まると・・・早く終らないかなって思っちゃう。


=今のあたしが思うこと=

イケないのは、女だけの責任じゃないんです。
かと言って、男の人だけが悪いものでもないんです。

両方が悪いことなんです。

きちんとふたりのセックスについて、話をするべきなんです。
恥ずかしいとか、おかしいとか・・・
そういうのを気にしてたら始まりません。
そもそも、セックスって本能だし。

裸になってする事だから・・・、そこに嘘を1つ入れると大変なんです。その嘘をずっと続けないといけなくなる。

一度イった振りしたから、次もそうしないと・・・。

その次もその次も・・・。

これって、とっても損をしていると思うんです。

あたしの感想。
女の子の体は「徐々に開発されていくものだ」って思った。
だから、焦る必要はないの。
ゆっくり、ゆっくりふたりで開発するもの・・・なんですね。
うん・・・、だから男の子にとって女の子は余計に愛しいのかもしれません。

そうそう、「回数を重ねたら・・・」って昔よく言われた。
ただその回数っていうのがクセモノなんです。
沢山の人と・・・ではなくて、ひとりと何度も・・・が正解だと思います。

感じるあたし・セックスでイクあたしに出会うために。

それに必要なものは、薬でも道具でもないんです。
それは愛する人だけで充分。
それとふたりの努力です。

あたしの中で、セックスのイメージが変わりました。
上手く説明できないかもしれませんが、前は「綺麗」とか、作り物のイメージで・・・最近は「本能」とか、「欲」という感じです。

上手く伝わるでしょうか・・・?
決して悪い意味ではありません。

マーチンさんの役立てば・・・と思って、忘れないうちに急いで書きました。

はぁ・・・こんなこと書いてたら、したくなっちゃいましたよ!
早く彼に逢いたいです!

Uより。

   
「一緒じゃニャイのは、ふたりの責任ニャンだって!」  Your message proved to be very useful.
 Uちゃん、貴重なメッセージをありがとう。
written by Martin 2002.04.09



   恋愛教室のプレミアムバージョン、
       「マーチン先生の恋愛教室PREMIUM」も好評配信中!

  − まぐまぐ有料メルマガ 恋愛・結婚カテゴリ 常時TOP3入り−

    < 恋愛教室PREMIUM、ご案内・お申し込みはこちら! >




講義一覧に戻る | マーチン先生の恋愛教室TOPに戻る