マーチン先生の恋愛教室

あのとき言ってくれたなら

「 タイミングを掴むことの重要性 」


   

あのとき言ってくれたら、OKだったのに。


そんなことを言われたことは・・・ありませんか?


▼ 本物とは言えない? ▼
タイミングを逃してしまった・・・と言ってしまうと、それで片付いてしまうかもしれません。確かにこんなことを言われると、「え・・・!?」とショックですよね。

「う〜ん・・・確かに、そのとき“もしかしたら”とは思ったんです。
 でも先生。タイミングタイミングっていいますけど、
 そのときOKの気持ちだったなら、
 今だっていいんじゃないですか?
 それに・・・


すぐに気が変わるくらいなら、
その気持ちって、本物とは言えないと思いますけど・・・


これ、正論のように感じますが・・・あなたは、どう思いますか?



▼ タイミングとは? ▼
タイミングとは何か?
一言で言ってしまうなら、


決断と行動が可能なとき


です。
例えば、あなたもいろいろなことで悩んでしまうと思います。悩むことは多いのですが、実は、決断できないままフェードアウトしていることが、ほとんどなのです。



「クミ〜、あたし浩司くんに付き合ってくれって言われちゃった」

「へぇ〜、いいじゃん彼。まぁまぁかっこいいし」

「うん、そうなんだけど・・・
 今まで友達だったから、なにか踏ん切りがつかなくて・・・」

「まぁ、そうだよね・・・」

「う〜ん・・・」

こんな感じです。
で、結局この後に、

「そうそう!駅前にできたお菓子屋さん知ってる?
 あそこのクッキー、すっごい美味しいのよ〜」

「えーー!食べたーい!」

「行こう!行こう!!」


・・・と、フェードアウトして終わってしまうのです。
ここで、もしも。


〜略〜

「うん、そうなんだけど・・・
 今まで友達だったから、なにか踏ん切りがつかなくて・・・」

「えー、私だったらそんなの関係ないよ!
 それに今付き合ってる彼とも、もう終わりそうなんでしょ?」

「うん・・・もう、3ヶ月会ってない」

「じゃ、決まりよ!浩司よ!!」

「うん・・・そうね!
 そうしよう!」


と、なっていたら、


今日という日が、浩司くんの気持ちを受け入れられる日


になるのです。
そして、そう思った彼女の気持ちに、ウソはないのです。


▼ 決心は薄れていく ▼
しかし、この決心。
・長く続くもの・・・ではないのです。

人は、「ある境界線」を踏み越えるときに、戸惑います。
それを越える決断ができたとき、人は、


境界線の目の前で、
向こうへジャンプしようと身構えている状態


になります。
ここで、本当にジャンプして向こうへ渡れるのは、さらにもう一段階自分で「足を踏み出す決断」ができたときか、又は、


誰かに背中を押してもらうか、手を引っぱってもらえたとき


なのです。

つまり、あなたが相手を口説いているなら・・・このときに、相手の手をとって思い切り引っ張ってあげることが大切なのです。

それができないと・・・相手はジャンプ体制を解いてしまって、元に戻ってしまいます。そして、ああ・・・無念。タイミングを逃してしまうのです。


▼ タイミングにのれると、気持ちは本物になる ▼
先程、「その気持ちって本当なの?」という疑問がありました。この答えは、「タイミングにのれると本当になる」というのが、適していると思います。

境界線を渡って、一度向こうへ行ってしまうと、


今度は、こちらへ戻ってくるにも
決心と行動が必要になるのです。


例のお話でいうと、一度浩司くんと始まってしまったら、余程のことがない限り、元の彼に戻ることは難しい・・・ということです。

タイミングを掴むことの重要性、おわかり頂けましたでしょうか?
相手の気持ちを本物にできるか、できないか。
それは、あなたの力にかかっている・・・のですよ。


ekoさん、かわいいネコちゃんをありがとう!  I cannot decide which to take.
 ・・・あなた次第よ。
Illustrated by eko written by Martin 2003.11.22



   恋愛教室のプレミアムバージョン、
       「マーチン先生の恋愛教室PREMIUM」も好評配信中!

  − まぐまぐ有料メルマガ 恋愛・結婚カテゴリ 常時TOP3入り−

    < 恋愛教室PREMIUM、ご案内・お申し込みはこちら! >




講義一覧に戻る | マーチン先生の恋愛教室TOPに戻る