マーチン先生の恋愛教室

失恋を防ぐためにできること

「 恋が長続きする秘訣? 」


    早速ですが、質問です。

恋が終るときの、ふたりの立場を考えたとき。
あなただったら・・・


フル方とフラれる方。
どちらが悪いと思いますか?


▼ 恋が終る原因 ▼
恋の終わりには、いろいろな原因があります。
本人同士に原因がある場合、周囲の人間が反対した場合、遠距離が原因になった場合・・・などなど。

どんな理由でも、根本的には「本人たちの意思」に全てがかかっているわけですが、よ〜く考えてみると、キッカケになる事柄が何かしら存在することがわかります。

例えば・・・ご経験のある方は、思い出してみてください。

どちらかが、他の人を好きになった。
どちらかが、浮気をして発覚した。
相手のある部分がキライになった、許せなくなった。
「あんな人は信用できない」など、両親に反対された。
遠距離で逢えない日が多い。

様々思いつきますよね。

別れというのは、ツライものです。
だから僕たちは別れのとき、ついついそこから目をそらして逃げてしまいがちです。しかし、これでは・・・


何度でも、同じ失敗を繰り返してしまう


のです。

恋を長続きさせるポイントのひとつ。
それは、別れに至った原因を突き詰めて考え、反省すること・・・ではないでしょうか。これができると、



恋を長続きさせることができるようになる


と思うのです。



▼ 考え方 ▼
「どちらが悪いなんて問題じゃないよー!」

そう、お考えになる方も多くいらっしゃると思います。

実は僕もそう思います。
恋愛関係、人間関係の問題は、「どちらが悪い」なんて簡単に切り分けできるものではないのです。では、なぜ敢えて僕が切り分けてお話するかと申しますと、


自分が反省するため


です。
僕は、いくつかの恋をしていくなかで、別れも自然と経験してきました。そのとき、いつも思っていたことは、


もう、こんな思いはしたくない!


なのです。

「同じ失敗を繰り返さないためには、どうしたらいいのか?」

僕は、これを追求していく中で、「自分でどうにかできること」「自分ではどうにもできないこと」があることを学びました。

つまり、「自分でどうにかできるはずなのに、ダメになった」場合は、「自分が悪かった」と反省するようになったのです。

ですので、フル方とフラれる方のどちらが悪い?というのは、


責任を押し付けるための考え方ではありません。
自分自身が反省するための考え方


であることをご理解くださいね。


▼ 究極論でいうと、どちらが悪い? ▼
結論から申し上げますと、


フラれる方が悪い


と考えるべきだと思います。
理由は簡単。もしもあなたが「フラれた」と感じたなら、


あなたは、まだお付き合いしたい


のです。
理由が何であれ、それを断られた・・・ということは、自分自身の力不足だったと考えなくてはなりません。

先程、僕が「もう、こんな思いしたくない!」と思うところから出発したとお話しましたが、これがそもそも論、大半の場合はフラれたとき・・・なのです。

ちょっと例を変えてお話ししてみます。


泥棒さん と 泥棒された人、どちらが悪いか


という話はいかがでしょう?
これ、僕は泥棒された人が悪いと考えるタイプです。

そりゃあ!
家のカギを叩き壊して、「カネを出せ!」というのは論外ですけどっ!でもでもでも・・・


泥棒を未然に防ぐための努力をしていないのであれば、
それは、自分が悪いと考えましょう


・・・ということです。

バックをカパーーッと開けて、財布をころんと入れておいたら、スリにあってしまった・・・とか、机の上に財布をおいておいたら、いつの間にかなくなっていたとか。

それは、無用心な方が悪いのです。
そう考えないと、


永遠に泥棒され続ける


ことになるのです。
いくらお巡りさんがいても、全ての泥棒さんを捕まえられるわけがないのですから。

今のお話ですと、バックの口はきちんと閉めておく。机の上に財布を出しっぱなしにしない・・・というのが解決策です。では、恋の話に立ち返りますと、例えば浮気をされた場合だと、

1.浮気をする時間を与えた自分に原因はないか?
  →100%相手の要望をかなえられないまでも、
    極力一緒に過ごすように努力をしたか?

2.心を掴む努力をしていたか?
  →「相手の気持ち」をほったらかしにしていなかったか?

3.男性・女性としての魅力を大切にしていたか?
  →「もう付き合っているから」という理由で、魅力を感じない
    服を着たり、お化粧をサボったりしていなかったか?

などにおいて、「自分にできることは全てしたか?」と考えるのです。もしも、それができているなら、この恋はご縁がなかった・・・と考えればいいのです。


「泥棒が悪い」「心変わりをする方が悪い」「浮気をする方が悪い」なんていうのは、他力本願やグチであり解決策ではありません。大切なことは、他人を責めたり他人を頼ることではなく、


自分に何ができるか?
自分で何をするか?


なのです。


▼ 失恋を防ぐためにできること ▼
よく「釣った魚にエサをやらない」と言います。これは男性が女性を口説いた後、ほったらかしにすることを例えていますが、もちろん逆の場合もあります。

女性が男性を口説いた後、いきなり女っぽくなくなる・・・とか☆

ここで、イヤになった人が逃げると「エサを与えなかった男が悪い、態度が変わった女が悪い」となりますよね?じゃあ、解決策は、


イヤでもエサを与え続けるようにする。
ムリにでもネコをかぶったままでいる


ことなのか・・・?ということです。

これ、僕は違うと思います。
確かに、全く不要だとは思いませんが、これが根本的な答えでもないと思うのです。

泥棒さんの話に立ち返りますと、解決策は「自分自身のスキをなくす」ということになります。これはつまり、


自分自身を高める


ということなのです。

失恋を防ぐためにできること。
あなたの答えが、見えてきたでしょうか・・・。



ekoさん、かわいいネコちゃんをありがとう!  We simply can't take our eyes off you
                              for even a moment.
 いつも頑張れってことかい!?
Illustrated by eko written by Martin 2003.05.31



   恋愛教室のプレミアムバージョン、
       「マーチン先生の恋愛教室PREMIUM」も好評配信中!

  − まぐまぐ有料メルマガ 恋愛・結婚カテゴリ 常時TOP3入り−

    < 恋愛教室PREMIUM、ご案内・お申し込みはこちら! >




講義一覧に戻る | マーチン先生の恋愛教室TOPに戻る