マーチン先生の恋愛教室

毎日電話をする男

「 彼が求めているものは・・・? 」


   

アタシの彼、毎日電話くれるのよ〜♪


そう言って、喜んでいらっしゃる方を時々見受けますが・・・
これ、本当に喜んでいいこと・・・なのでしょうか?


▼ 一般的に男が電話をしない理由 ▼
世間一般的に、男性は女性に比べてあまり電話をしません。
これは男女の相違点、「会話」についての考え方が原因だと思います。

女性は「会話」というコミュニケーションをすることに、意義があると感じており、男性は「目的」とか「結果」に意義があると感じています。

例えば、彼が彼女に電話をするとき・・・というのは、「明日逢えない?」とか、「今夜、仕事でちょっと遅くなるんだ」など、


何かを伝えるとき


が大半です。
「会話」そのものには、大して意味を感じておらず、「会話」は何かを成し遂げるための「手段」だと感じているのです。つまり、早い話が、


用事がないと電話はしない


のです。
対する彼女が彼に電話をするとき・・・というのは、「今、家に帰ったところなの〜」とか、「今日、コンビニでおいしいアイスをみつけたの!」など、


まるで目の前に相手がいるかのごとく、
普通の会話をするように電話をする


のです。
別に、それを今伝えなければどうなる・・・というものはありません。ただ、純粋に会話そのもののために電話をするのです。

これが男性が電話をしない理由、そして女性が電話を好む理由・・・なのです。


▼ マメに電話をする男 ▼
「でも、私の彼は電話をまめにくれますよー」という方もいらっしゃいますよね。もちろん電話が好きな男性もいらっしゃると思います。ですから、「男性は全員電話がキライなんだ〜!」と決め付けてはいけない・・・とは思うのです。

いけないと思うのですが・・・ちょっと気になることがあります。

これまで、何千件というご相談を伺いながら感じたのですが、マメに電話をくれる男性にはある法則があるのです。

それは、


決まった時間に電話をしてくる


ということです。
しかも、その時間も決まっています。


夜22時〜0時、又は朝7時〜8時


なのです。
そしてもうひとつの特徴は、


電話にでるまで延々と鳴らしつづける


ということです。
留守電に切り替わっても、切ってかけなおしてくるのです。
これは、何を意味しているのでしょうか・・・?






▼ 行動の裏側にある心理 ▼
全ての行動には裏付けがある・・・と僕は思います。
そう考えると、これら一連の行動の裏にある心理が、


お前の声が聞きたいからさ


と言われても、そうは思えないのです。
これが本当の理由ならば、いつ電話をしてきてもいいでしょうし、電話にでないときがあっても、延々鳴らし続ける・・・という迷惑なことはしないはずなのです。

例えば、あなただったら・・・しませんよね?
多分最後にメールを送って、「ちょっと話がしたかったのに残念(>_<) おやすみなさい〜」という感じでしめると思うのです。

これができない彼。
つまり、その裏側には、


なんらかの「目的」がある


ということなのです。


▼ 毎日電話をする理由 ▼
では、それは何なのか?
2001年12月20日の恋愛教室PREMIUMで「疑惑の心理」というお話をしたことがあります。その内容に繋がる部分があるのですが、マメに電話をする彼は・・・


彼女が浮気をしていないか確かめるために電話をして
「安心」を手に入れようとしている


のです。

夜22時〜0時。
もしも他の男といっしょなら、一番怪しげな時間です。
そして、付き合っている二人なら、電話を気軽にかけられる最終の時間帯でもあります。

そして朝7時〜8時、これも同じですね。
他の男と夜を共にしているなら、まだ側に男がいそうな時間です。
そして先程と同じく、付き合っている二人なら気軽にモーニングコールができる時間なのです。

電話を毎日かけることで、他の男との関係に歯止めをかける。
電話に出なければ出るまで鳴らすことで、「彼の電話は無視はできないんだ」という暗示をかけてしまうのです。

これらの行動が、「本当の愛」に根付くものもあるでしょう。
しかし、表面化しているのは「嫉妬心」や「疑心暗鬼」です。
これでは、大人の恋とはいえない・・・と思うのです。


▼ 心あたりのある人は・・・ ▼
あなたが男性で、「本当に彼女の声が聞きたいだけなんだー」という方は、電話をかける時間をバラバラにしましょう。毎日電話をすること自体は、多分彼女に喜ばれている・・・と思いますから。

もしも、僕が申し上げたこと・・・つまり、彼女を縛るような行為に心あたりがあるなら・・・それは、もうやめましょう。疑いは更なる疑いを招くだけであり、何も前向きな事象にはつながりません。

そして女性の場合、こういう「縛り」を「愛されている」と感じる方もいらっしゃいますよね?しかし、それはあまりお勧めできないと思います。

お互いがそれを良しとしているから、相性がいい・・・ように感じますが、これは「よくない依存関係」ではないでしょうか?

お互いが自立してこその、大人の恋愛です。
お互いを尊重できるお付き合いを目指しましょうね。


ekoさん、かわいいネコちゃんをありがとう!  I want to feel your love.
 お前の声が聞きたかったんだよ。
Illustrated by eko written by Martin 2003.04.19



   恋愛教室のプレミアムバージョン、
       「マーチン先生の恋愛教室PREMIUM」も好評配信中!

  − まぐまぐ有料メルマガ 恋愛・結婚カテゴリ 常時TOP3入り−

    < 恋愛教室PREMIUM、ご案内・お申し込みはこちら! >




講義一覧に戻る | マーチン先生の恋愛教室TOPに戻る