マーチン先生の恋愛教室

友達以上恋人未満

「 男と女の関係 」
「 友達レベルの境界線 」
「 友達以上恋人以下でない理由 」

    あなたは男女の友情が成立する派ですか?それとも成立しない派ですか?そして、あなたの「友達と恋人の境界線」はどこですか・・・?

▼ 男と女の関係 
まず、同性の関係で考えてみましょう。
人と人の関係を大きく分類すると、まず二つに分けれらます。

「どうでもいい人と、どうでもよくない人」

そして、どうでもよくない人は「知り合いレベル」、「友達レベル」、「親友レベル」に分けられます。知り合いレベルとは「仕事など必要上お付き合いがある」という関係です。そして友達レベルとは「知り合い以上、親友未満」です。

ここまではいいでしょうか?

さて、この親友レベル。同性の場合には説明がなくとも、皆がほぼ同じ認識をしているので問題にはなりません。しかし、これが異性の場合には・・・

「友達レベル」の上が「恋人レベル」になる人と、
「友達レベル」の上が「親友レベル、又は恋人レベル」となる人に分かれるのです。

実はこの違いが、男女の友情が成立する派と成立しない派の違いなのです。

▼ 男女の友情が成立しない派 ▼
マーチン論は、こちらです。
それは、「男女間に親しい友人関係があった場合、少なからず相手を異性として認めている部分があるから」なのです。 つまり、同性の友人を測る物差しと全く同じ物差しでは測っていないということです。

例えば劇的な口臭を放つ同性の友人がいたとします。
同性ならなんとか耐えられるし、最後には「口臭うよ〜」とも言えるでしょう。しかし、異性がそうだったらどうでしょう?同じように付き合えますか?

僕は・・・逃げると思います。

どこかで「君は女なんだから」とか「男の前くらい気をつけろよ」とか思っているのです。同性と同じ物差しでは見ていないのです。

別の話ですが、友情が成立する派の友人に質問してみました。

「もし、相手が迫ってきたら断れるか?」

答えは「多分」も含めて8割がNoでした。男女ともにです。

合コンの幹事同士がくっつく例、紹介者が紹介する相手に恋をしていた・・・等の話はこの例だと思っていますし、多くの実例も見てきました。

マーチン流に言うと、「男女間の友情は、恋心を押し殺して成立させている」ように思えます。奇しくも表面上は「友情が成り立っている」のですが、それをピュアな友情とは呼びたくありません。

自然な気持ちのままで、友情が成り立つ人はそれでいいと思います。

しかし、あくまで僕の考えですが・・・
「異性を親友にしたいと思う・親友にする」のは不自然ではないかと思うのです。そこまで良い人がいたら、恋人にしたいと思う方が自然ではないでしょうかねぇ・・・?


▼ 友達レベルの境界線 ▼
ある女性Mさんの話です。
彼女は、仲良くしている男性H君の家に一人で遊びに行ったのです。そして、その理由をこう語りました。

「私がね、H君の家に一人で遊びに行ったのは、彼をお友達だと思っていたからよ。もし、男として見てたら行くわけがないじゃない」

これを聞いた僕はシビれました。
しかしなるほど、こういう解釈もあるのかと学びました。
当事者H君は、「一人で家に遊びにくるのだから、その気があってのことだろう」と思っていたのです。僕だってそう思いました。

これは何を意味するのか?
単純に「ガードが甘い」とだけ言えば済む問題でもないようです。

男女の感覚の違い・・・?いや、そうではないでしょう。
これは「友達レベルでどこまでするか」という境界線の位置が違っていることを示しているのです。更にMさんはこんなことも言っていました。

「男の子が二人で遊ぼうと言ってくれるのは、普通は友達としての好意じゃないの?私も断る理由もないし、付き合ったんだけど・・・」

確かにそう考えられなくはありません。しかし、何故その誘いが君にいったのか?別の人でも良かったのではないか?等など考えていくと少し無理があるような気がします。

彼は、友達レベルを超えた関係を求めていた・・・と考えるべきでしょう。

こんな二人は、友達以上恋人未満なのでしょうか・・・?


▼ 怪しい二人の関係は・・・? ▼
「集合体の性能は最低なものに合わされる」

この意味、おわかりでしょうか?
例えば、車のタイヤは4つでワンセットです。3つのタイヤは時速200kmまで耐えられても残り1つが時速100kmまでしか耐えられない場合、車は100kmでしか走ることはできません。

先ほどのMさんとH君。
はたから見ると怪しい関係に思えますが、Mさんは彼を友達レベルとしてみており、H君は彼女を恋人レベルとしてみている。二人の関係は・・・?
そう、結局友達でしかないのです。この二人は友達以上恋人未満ではないのです。


▼ 友達以上恋人以下でない理由 ▼
以下・以上はそれを含み、未満・超えは含みません。
つまり、友達以上恋人未満とは「(友達から)恋人になる直前すれすれまでの関係」のこと・・・。例えばこういう関係です。

「お互いに恋人がいる二人。それを崩してまで・・・とは思わないので踏み入った関係にはならない。しかし気持ちは通じ合っている」

「お互いの気持ちは通じ合っているAさんとB君。AさんはB君にアタックしているが、B君はあと一歩どこか踏み込めない。しかしその理由はわからないしAさんを切る事はできないので、グレーな関係が続く」

恋人レベルになる事を二人が視野にいれているが、両方又は、片方の意思で「恋人レベルになれない・ならない関係」。いわば「心だけの恋人関係」が友達以上恋人未満の関係と呼べるでしょう。

友達以上恋人未満。
それは特殊な関係、「心の恋人関係」なのです。

敢えて先ほどの関係レベルで白黒はっきり言ってしまえば、友達以上恋人未満→「友達≦関係<恋人」。故に「友達=関係」。要するに友達になってしまうのです。

だから、やっぱり友達以上恋人「以下」はありえませんよね。
だってそうしてしまうと「友達≦関係≦恋人」→「友達=関係=恋人」になってしまいますから。

え?!それもアリなんて言わないで下さいね!


   
友達?恋人?!
 Lover or Friend ?!
 一体どっちよ?!
written by Martin 2001.04.29



   恋愛教室のプレミアムバージョン、
       「マーチン先生の恋愛教室PREMIUM」も好評配信中!

  − まぐまぐ有料メルマガ 恋愛・結婚カテゴリ 常時TOP3入り−

    < 恋愛教室PREMIUM、ご案内・お申し込みはこちら! >




講義一覧に戻る | マーチン先生の恋愛教室TOPに戻る