マーチン先生の恋愛教室

恋はあなたと私の関係

「 私という一人称。あなた(彼・彼女)という二人称 」


   

マーチン論の格言ともなった「恋はあなたと私の関係」。
この言葉の核心を・・・今回はお話したいと思います。

▼ 相手の気持ちを考えるわけ ▼
人を好きになったとき、「あの人は私のことをどう思っているのだろう?」と相手の気持ちを考えるものです。このとき、


あの人が私のことを少しでもいいと思っているなら、
私ももっと好きになりたいんだけどな。


という無意識の願望があります。
恋は早い段階であれば、気持ちにブレーキをかけることが容易です。そのため「いこうか、いくまいか」の判断をしようと相手の気持ちを考えているのです。

「いくか、いかないか」の判断のため、相手の気持ちを考える。
この考え方は「行動するかしないかを決めるため」なので、前向きだといえます。しかし、この「相手中心の思考」のままで恋に突入し、全てのことについて「相手中心の思考」になってしまうと「悩みの無限ループ」に陥ることになるのです。


▼ 相手中心の思考 と 自分中心の思考 ▼
相手の中心の思考とは、例えば、こういうものです。

「ずっとセカンドだったのでそれが辛くて別れました。
 しかし、その後、毎日のように彼が優しく誘ってくるんです。
 彼はいったい、どういうつもりなんでしょうか・・・?」

これ、そのまま彼の気持ちを考えるなら、「本命の彼女もあなたも両方欲しいと思っているのです」という回答で終わりです。しかし・・・この答えを得たところでどうしようもないこと・・・おわかり頂けると思います。

例のように、彼中心の思考では「彼のしたいことに、こちらが合わせるか合わせないか」という判断をするだけで、自分自身の望むことやしたいことができるわけではないのです。つまり大切なことは、「自分はどうしたいのか」という「自分中心の思考」なのです。

自分中心なんていうと誤解を招きそうですが、何でもかんでも自分中心に考えるということではありません。「どうすべきか」と悩んでしまい、考える道しるべを見失ったときは、まず自分を中心に据えることが大事・・・ということなのです。


▼ 恋はあなたと私と、その他大勢の関係!? ▼
自分中心に考えられない人は、こんな風にも考えてしまいがちです。
例えば、先程のお話では登場人物が「私」「彼」「彼の彼女」と3人いました。こういう場合に

「はぁ〜、どうしたらいいんだろう・・・。
 彼とちゃんと付き合いたいんだけどなぁ・・・。
 でもなぁ・・・彼には彼女がいるしなぁ・・・。
 私が頑張ってもダメだろうなぁ・・・。
 彼女にも悪いしなぁ・・・」

と、このように現実逃避というのでしょうか、
本題から目をそらして、「彼と彼女」のことばかり考えてしまうのです。

「彼女がいるから、頑張ってもダメだろう」という思考は「あきらめるための理由」に他なりません。もともと今悩んでいるのは、あきらめるためではなかったはずです。この恋を成就させたかったはずなのです。であるなら、

あきらめるための理由を探すのではなく、
行動するための理由を探していくべき


なのです。
また、「彼女に悪いから」なんていう理由は更に陳腐なもので、100%負け組みの思考回路になっています。これまで幾度か恋をした人が多いと思いますが、ほとんどは「新しい人ができた」ことが理由で、ひとつの恋が終っているはずなのです。

人生とは戦いであり勝負です。
入学試験しかり、ビジネスしかり、プロ野球しかり。
人生の上に成り立っているもの、全てがそうなのです。
つまり・・・恋愛も同じなのです。


本音論、恋は奪った者勝ち


です。
もしも、この言葉を受け入れづらかったら、


恋は実らせた者勝ち


と、覚えておきましょう。


▼ 恋はあなたと私の関係 ▼
恋に悩み、途方にくれてしまったときは、


私という一人称。あなた(彼・彼女)という二人称。
この範囲で全てを考えることが大切です。


これが、「恋はあなたと私の関係」ということです。

余裕があるときなら、周囲の人のことも考えて構いません。
しかし、途方にくれたときは、既にいる恋人のことや、家族の意見など、
その他の三人称のことを考え始めると、全く思考がまとまらなくなるのです。

悩んだときは「あなたと私」という範囲でだけ考えましょう。
そして、自分をその中心におくことで、悩みを前向きに解決できるようになるのですよ。



written by Martin 2004.07.10



   恋愛教室のプレミアムバージョン、
       「マーチン先生の恋愛教室PREMIUM」も好評配信中!

  − まぐまぐ有料メルマガ 恋愛・結婚カテゴリ 常時TOP3入り−

    < 恋愛教室PREMIUM、ご案内・お申し込みはこちら! >




講義一覧に戻る | マーチン先生の恋愛教室TOPに戻る