マーチン先生の恋愛教室

あたしの側にいるあなた

「 出会いとは? 」


   

最近、出会いがないんです。


・・・そうなのですか?
でも、「出会い」というものは、みんなに公平にあるものですよ。
例えば、学校や職場、お友達の友人などなど。


う〜ん、でも同じ学校とか会社は
やめた方がいいんじゃないでしょうか?


えっ?どうしてですか?


だって、周りの目が気になるし、
別れたときに大変だから・・・


付き合う前から、付き合ったときのこと。
付き合う前から、別れたときのことを心配してしまうのってヘンじゃないですか??気持ちはわからないでもありませんが、だからといって


身近な人をいきなり対象外にするのは、
出会いのほとんどを無にしている


と思いますよ。


▼ 僕の基本スタンス ▼
ええーーっ!と驚くかもしれませんが、申し上げます。
僕の基本スタンス。恋人募集中のときなら・・・


女性は全員恋人対象です。


えっ!!
やっぱり、「ええーーっ!うっそー!!」ですか!?

ええーーっ!でも、ホントなんですよ!!
とにかく聞いてください。

僕が考えるに、この基本スタンスは、「本当にいい人と出会うため」には、必須だと思うのです。なぜかと申しますと、


あなたは、恋人を探すときに
「条件」と「中身」のどちらを優先しますか?


ということなのです。
・・・あなたは、いかがですか?

この質問をすると、ほとんどの人が「中身に決まってるじゃん」と言われます。ちなみに僕もそうです。

で、あるなら、


先に、「同じ学校や同じ職場」といった条件で
ふるいにかけるのは矛盾している


と思うのです。
だから、恋人募集中!の人は、


全員対象→中身を見る→中身によってふるいにかける


という順序を大切にしなければならない・・・と思うのです。


▼ 出会いを大切に ▼
いきなりですが、「出会い」と「出会う」は異なります。
例えば、学校や会社での仲間のように、出会うための努力をしなくても自動的(?)に会えることが「出会い」。

対して、友人の紹介や合コン、パーティのように


出会うための努力をしないと会えないのが、出会う


なのです。

ここで、「出会い」と「出会う」を比べた場合、どちらが多くの異性と会えるか・・・と考えますと、僕が申し上げるまでもないですよね。

「出会い」の方が圧倒的に多いです。
きっと、10倍、100倍・・・といった具合かと思います。

例えば、今、あなたの身の回りに10人の「異性」がいるとします。
その内訳を考えると、次のような感じではないでしょうか?

1.ほとんど毎日、イヤでも会える人 ・・・6人
2.定期的、又は時々会う人 ・・・2人
3.何らかの交流があり、会おうと思えば会える人 ・・・2人

あなたにとって「いい人」が、どのグループにいるかは全くの運です。・・・ということは、グループ1にその人が入っている可能性が一番高いわけ・・・ですよね?

つまり、身近な出会いを否定してしまうと、いい人を逃してしまう確率が高くなる・・・ということなのです。


▼ インターネット時代 ▼
だって、同じクラスなんですもん。
だって、同じ会社なんですもん。

これに加えて、最近よく聞くのはこれです。


でも、ネットでの出会って、なんか信用できないし・・・。


・・・いったい、どういう出会いだったら納得がいくのか、教えてくださいーーっ!

確かに、対人関係。特に男女の出会いというのは、「出会ってナンボ」というのが今までの考え方であり、僕もそう思っていました。

しかし、その例外が、


インターネットでの出会い


なのです。

例えば音楽が趣味で、ミュージックサイトに行ってみた。
ゲームが好きで、ネットゲームをやっていた。

すると、そこに掲示板があった。
メッセージのやりとりをした。

こうして、「自然な出会いの舞台」が生まれるようになったのです。これは自然なことなのです。

そして、この出会いには、リアルの出会いにはない大きな特徴があります。・・・お気づき頂けるでしょうか?それは、


共通の趣味や価値観を持った者が集まっている


ということなのです。
当たり前といえば当たり前です。しかし、これが最大の特徴であり、最大の利点なのです。

きちんと数字をとったわけではありませんが、皆さんから寄せられる相談を見たり、世間の話を聞く限りでは、


インターネットでの出会いは、
リアルな出会いに比べて恋が実る確率がはるかに高い


傾向にあります。
その理由が先程の点。つまり「共通の趣味や価値観を持った者が集まっているから」なのです。






▼ 出会いとは? ▼
インターネットのおかげで、僕たちは「自分の側にいない人でも好きになることができる」ようになりました。

出会いとは、必ずしも Meet ではなかったのです。


出会いとは、Communication のことだった


のです。

これまでは Meet(会う) しないと話はできないし、手紙を送るにも送りようがありませんでした。ところが、インターネットの登場で、必ずしもMeet しなくても、話もメールもできるようになったのです。

つまり、「出会い」が増えたのです。
つまり、


あなたの側にいる人が増えた


のです。

出会い・・・。それは、あなたの側に人がいるから生まれるのです。

学校の人だから。
会社の人だから。
インターネットだから。

あなたは、まだそうお考えになりますか?



ekoさん、かわいいネコちゃんをありがとう!  The two have something in common
                   with each other.
 どっか似てるんだよね。
Illustrated by eko written by Martin 2003.05.17



   恋愛教室のプレミアムバージョン、
       「マーチン先生の恋愛教室PREMIUM」も好評配信中!

  − まぐまぐ有料メルマガ 恋愛・結婚カテゴリ 常時TOP3入り−

    < 恋愛教室PREMIUM、ご案内・お申し込みはこちら! >




講義一覧に戻る | マーチン先生の恋愛教室TOPに戻る