マーチン先生の恋愛教室

それぞれの武器

「 攻撃成功 」
「 それぞれの武器? 」
「 本当の武器 」

   
「彼を寝取られちゃったの・・・」


「色気は女の武器」という言葉。もちろん聞いたことがありますよね。そして、「うんうん、その通り」と思っている方も多いことだと思います。

「色気は女の武器」

実はこれ。
間違ってはいませんが、正解でもないのですよ・・・。


▼ 攻撃成功の基準 ▼
恋の武器。それは、「異性を振り向かせる、又は自分のものにしてしまう魅力」と言い換えることができそうですね。

武器を使うからには、相手に対して「アタック=攻撃」をするわけですが、あなたの「攻撃成功の基準」・・・、つまり「目標の異性をGETしたという判断基準」は何ですか?

恐らく、

形式と中身がポイント


になると思います。
形式とは「付き合ってください」「はい」・・・という「彼氏彼女の関係」を


言葉として認め合うこと


です。
一方中身とは、例えば・・・


週1、2回逢ってデートをしてSEXをする


といったことです。
両方揃えばもちろん最高なのですが、なかなかそうはいかないのが現実ですね。

・・・そこで、質問です。
あなたは、どちらが優先だと思いますか?


▼ 形式優先 ▼
「付き合ってる人でなきゃ、SEXなんてしないもん」
「簡単にSEXなんてできません」

・・・と思っているあなたは、形式を優先していますね。
また、殆どの女性には賛成論ではないでしょうか?
これは一般論で、


女性の多くは、形式優先である


ということを意味しています。

もしかしたら潜在意識の中で「体の関係は、女がその気になればいつでも結べるから、形式を優先しなければならない」と思っている・・・のかもしれませんね。

また余談ですが、この話。
女性の多くが、「体は女の切り札」と思っている・・・ということの裏付けにもなりそうですが、いかがでしょうか?


▼ 中身優先 ▼
「男と女、SEXの関係があってナンボでしょ」
「SEXがお互いを理解しあう一番の方法でしょ」

・・・と思っているあなたは、中身を優先しています。
中身を知らずして、どうするの?と考えていることでしょう。

ここで、ハッとした人・・・いませんか?
先程、自分は形式優先だと思った人。
あなたは・・・


結婚前に、SEXしておくべきだと思いませんか?


これでYESの返事なら、あなたも極論は・・・


中身を知らずして、形式はありえない


と思っているのですよ。


▼ アタックの成功基準 ▼
この答えは既にお気づきでは・・・と思います。
しかし答えの前にもうひとつ、お話ししたいことがあります。

「浮気の成立について」です。

・・・なぜ、浮気の話になるのか?

実は「ふたりが結ばれていると判断する基準」は、「浮気が成立していると判断する基準」と同じなのです。

あなたの浮気の基準・・・いえ、あなたが「恋人に浮気されたと思う基準」は何ですか・・・?

「実は、○○さんに付き合おうって言われて、うんっていったの」
「実は、○○さんとSEXしちゃったの」

どちらが、がっくりしますか?
・・・やはり後者ですよね。

つまり、アタックの成功基準とは、


SEXの関係を結べるか否か


にかかっているのです。


▼ それぞれの武器? ▼
女性には母性本能があります。これは赤ちゃんを見ただけで・・・

・可愛いと思う。
・胸がキューンとして抱きしめたくなる。
・お世話をしたくなる。
・・・etc

ということです。
実はこれをくだいて説明すると、「二頭身で、まるまるしてて、目がくるっとしてて、手足が短いものを見ると刺激を受ける」のです(これは科学的に証明されています)。

多くの女性に、ぬいぐるみが人気です。

ぬいぐるみは、「二頭身・まるまる・目がくるっとしてる・手足が短い」という条件を全て満たしていますよね?だから女性の多くは、ぬいぐるみを見たら「可愛い!」と思ってしまうのです。

そして、赤ちゃんを連想させるしぐさにも弱いのです。
「私がいなければダメなんだ」と思わせるのは、赤ちゃんの得意技・・・ですよね。

CLASS PREMIUM で講義予定がありますが、「ペットを飼う女性」というのは、ここにリンクする面があるのです。

さて、ここからはマーチン論。
実は男性は・・・


女性のナイスボディを見ると、胸がキューンとする


のです。
純粋に「おおぉ〜、綺麗だなぁ〜、ステキだなぁ〜」と感動します。
母性本能の男性バージョンだと僕は思っています。

エッチなことを考えているわけではないのです。
前を歩く女性がボディラインの目立つような服を着ていると、目に入るだけで気になってしまうのです。


女性がぬいぐるみを見て可愛いと思うのと、
男性が女性のナイスバディに見入ってしまう


のは、同じレベルの話なのです。

「色気は女の武器」・・・というよりは、「男は色気に弱い」ということなのですね。

巷で認められている言葉。

「色気は女の武器」
「母性本能をくすぐる男」

は、武器というよりも、


それぞれのウィークポイントを攻める方法


だったのです。
そしてそれは、それぞれの本能に訴えかけるアタックとして、とても有効です。使える人は積極的に使うべきだと思いますよ。

「色気で誘うなんて・・・」と非難の声もあるかもしれません。
確かに過程というのは大事です。しかし・・・


結果はもっと大事


なのです。


▼ 本当の武器 ▼
お話の原点に戻ります。
恋における武器とは、「異性を振り向かせる、又は自分のものにしてしまう魅力」といいました。

「魅力」、それは・・・

人それぞれ違う

のです。
男だから、女だからという話ではないのです。
巷でいう「それぞれの武器」とは、アタックの方法・・・いわば戦術です。

つまり、あなた自身に「あなたの魅力」がなければ結果として、意中の人を振り向かせることはできないのです。

あなたの魅力は何ですか・・・?
その魅力をトコトン磨いてください。

意中の人にアタックするとき。
石や槍や弓矢・・・といった弱い武器をいくつも持っているよりも、とても強い武器をひとつもっている方が強い・・・とは思いませんか?

   
ニャイス・バディーはやっぱり強いのかにゃー☆  You were armed with good figure.
 君のナイス・バディにやられたのさ。
written by Martin 2001.12.26



   恋愛教室のプレミアムバージョン、
       「マーチン先生の恋愛教室PREMIUM」も好評配信中!

  − まぐまぐ有料メルマガ 恋愛・結婚カテゴリ 常時TOP3入り−

    < 恋愛教室PREMIUM、ご案内・お申し込みはこちら! >




講義一覧に戻る | マーチン先生の恋愛教室TOPに戻る