マーチン先生の恋愛教室

 恋の終わりは美しく

「 思いやりも恨みも目には見えない 」


   

恋の終わりは美しく


そう思っている人が多くいらっしゃる・・・そう感じます。
しかし、本当にそういうものなのでしょうか?
僕は、疑問を感じてしまうのです。


▼ どろどろした問題? ▼


マーチンくん、どろどろした問題はないかい?


僕が社会人になって、1年と半年が過ぎたときでした。
当時勤めていた会社の部長さんから、こんな質問をされたのです。


どろどろした問題??


そう思ったのですが、僕なりにピンときました。

「ああ、ありますねー。

 『なんで、この仕事はこうなってるんだろう?
  こうしたら、もっと時間も短くなるし間違いも減るのに』

 と、誰もが疑問に思いつつ、誰もが見て見ぬふりしている。
 そんな仕事が結構ありますよ」

と答えました。
すると、


あはははは、そういう問題じゃないんだよ。


と言われたのでした。

・・・じゃ、なんなんだ??

このとき、結局僕には答えがわかりませんでした。
あなたは、いかがですか?


▼ 部長さんの手腕 ▼
この部長さん、社内ではある有名人でした。
それは、「コミュニケーションの鬼」とでもいいましょうか・・・、


人をまとめる天才


だったのです。

ピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが・・・どんな仕事でも人と人のつながりが必要です。それができない人、つまり、他人とのつながりを保てない人は、どんなに優れた能力を持っていても、宝の持ち腐れになってしまうのです。

例えば、あなたが今、ホームページを作りたいと思って、これから1年間誰かに仕事を頼みたいとします。そこに、AさんBさんのふたりの人がピックアップされた・・・と想定しましょう。

Aさんは、なんかイヤ〜な感じの人だけど技術はすごい。超一流。
Bさんは、とっても楽しく仕事ができる人だけど、技術はまぁ普通。

あなたは、どちらの人を採用しますか??

多分、ほとんどの人がBさんを採用すると思います。僕もそうです。
ビジネス的な視野でみると、Aさんを採用をすべきという見かたも、もちろんあります。しかし、普通に考えるなら誰もがBさんなのです。

理由は、述べるまでもありませんよね。
これが、仕事というものであり、


「人」というもの


なのです。
これを部長さんは、誰よりもしっかりと認識されていらっしゃったのです。人間関係のトラブルを持つ部署にいかれては、1、2年でチームをまとめる・・・そんな仕事をされていました。

そうです。
もうおわかりかと思いますが、部長さんが言われていた「どろどろした問題」とは、


人間関係の問題


だったのです。
仕事の上に人がいるのではなく、人の上に仕事がある。
そして、


人の上に、恋がある


と、僕は思うのです。


▼ もっともどろどろした人間関係 ▼
職場のように、「仕事だから」という浅くなりがちな人間関係でも、どろどろしているのです。ということは、


恋愛なんていうものは、どろどろの極め


だと言ってよいのです。

叫びながら、気持ちを伝える。
涙を流しながら、抱きしめる・・・。

そんな恋が終わりを迎えてしまうなら、


美しいはずはないのです。


・・・別れが好きな人は、たぶんこの世にいません。
しかし、そうなってしまったなら、なるべくスマートに・・・と思うことは自然な発想です。

相手のことが気になるから、まだ言えない。
まだ、言うときではない。

しかし、別れを選択する・・・ということは完全に自分自身の都合、思考の結果です。そこへ、「相手への気遣い」を添えようというのが、そもそも筋違いなのです。結果、スパッと伝えるのが誰にとっても一番であり、


どろどろしながらも、一番美しい姿


になるのです。


▼ P.S.僕が受けた衝撃 ▼
部長さんとの仕事の中で、僕が「一生忘れないだろう・・・」というくらい、衝撃を受けたお話をご紹介します。

・・・

「マーチンくん、うちの職場って女性が多いじゃない?
 女性の生理ってわかるかい?」

「はい!?!?」

「私はね、ほとんどの女性の生理の日を把握してるつもりだよ」

「え゛ーーーっ!?
 なっ、なんなんですか、それーーっ!」

「私たち男には一生わからんが、
 女性は生理で体調も気分も変わってしまうんだ。
 ・・・もし、マーチンくんが女性で今日生理だったら
 仕事頑張れるかい?」

「・・・サボります」

「だろう?それが毎月あるのに
 全く考慮しないのが当たり前なんてヘンじゃないか?」

「・・・」

「男女平等っていうのは、なんでも同じということじゃない。
 それぞれの特性を活かした上で、最大限に力を発揮
 できるようにすることが、本当の平等だと思うんだ」


・・・すごい。

なんていうか・・・発想がすごい。

普通の人間には、こんな発想できない。
なるほど・・・コミュニケーションの鬼なわけだ。

・・・。


思いやりであれ、恨みつらみであれ・・・
人が人を想う気持ちは目に見えません。

だからこそ、せめて自分の恋人には


「愛してる」も「さようなら」もハッキリ告げたい


そう思うのです。


 I could not say a word at our parting.
 ・・・何もいえなかったんだ。
written by Martin 2003.02.19



   恋愛教室のプレミアムバージョン、
       「マーチン先生の恋愛教室PREMIUM」も好評配信中!

  − まぐまぐ有料メルマガ 恋愛・結婚カテゴリ 常時TOP3入り−

    < 恋愛教室PREMIUM、ご案内・お申し込みはこちら! >




講義一覧に戻る | マーチン先生の恋愛教室TOPに戻る