マーチン先生の恋愛教室

上手な幕の下ろし方

「 綺麗な別れ?美しい想い出? 」
「 別れ、それはウンチと同じ 」
「 別れの意味 」

    別れ・・・。
初めから、それを祈っている人はいないでしょう。
しかし気持ちとはうらはらに、別れを経験してしまう人は後を絶えないのが現実です。


出逢いがあるから、別れがあるのか。
別れがあるから、出逢いがあるのか・・・。


どちらが先か・・・、なんてことはわかりません。でも、どうせなら綺麗に美しく別れたい・・・そんなことを考えてしまいます。

上手な幕の下ろし方とはいったい・・・?


▼ 綺麗な別れ?美しい想い出? ▼
僕は別れが苦手です。得意な人・・・というのもヘンですが、別れが上手な人は確かにいらっしゃいます。


できれば、綺麗に別れたい。
美しい想い出にしたい。


誰もがそう思うことでしょう。
しかしこれは、全て別れを切り出す側の勝手な言い分でしかないのです。別れを告げられる側は、みんなこう思うのです。


別れたくない

と・・・。


▼ 別れ、それはウンチと同じ ▼
綺麗な別れ・・・。マーチン論、それはありえません。


別れ、それはウンチなのです。


「いきなりなんだ?!」と思うでしょうが、こういうことです。
例えば「ウンチを美味しく食べるには?」なんてことをいくら考えても答えは出ないでしょう?そもそも食べるものでもないし、ましてや美味しいはずはないのです。・・・試したことはありませんがっ!!

別れはそれと同じで、「もともと美しくないし、綺麗ではないもの」なのです。それを美しく、綺麗にしよう・・・ということ自体に無理があるのです。

「綺麗な別れもあったぞ?!」とおっしゃる方もいらっしゃいますか?それは・・・


ふられる側が、美しくひいてくれただけ


なのです。
あなたが美しいと思った分、相手の心はどしゃぶりの大雨だった・・・のですよ。


▼ キーポイント ▼
なんだかんだ言っても、愛し合っていたふたりです。別れを切り出す側にしても、はじめから「顔も見たくない、声も聞きたくない」とまでは思いません。涙のひとつは流れるものです。

この涙している状態で別れられるかどうかが、別れ上手・フラレ上手のキーポイント、上手な幕を下ろすとき・・・だといえます。

しかし、ここで別れ下手な人は執拗に追いかけてしまい、そして、こじらせてしまうのです・・・。


▼ 別れの意味 ▼


人と出逢って人は変わり、
人と別れて人は成長します。


別れはとてもツライものです・・・。
しかしそれを乗り越えたとき、大切な人を失った分、大切な何かを得ることができるのです。これは恋愛に限ったことではありません。親、兄弟をなくしたときにもいえること・・・なのです。

そして反対に、このツラさを乗り越えることができないと、「大切な人は失うが、得るものは何もない」ということになってしまいかねないのです。

だから・・・。
別れを決めた、覚悟した後、やり直すつもりがないのなら・・・。
ただ「綺麗にしたい・・・」そんな想いのためだけなら、もう逢うべきではないのです。

何事もそうですが、特に恋では二つのものを同時に得ることはできないのです。

あなたが別れを切り出すなら、あなたが悪役になる覚悟をしましょう。あなたが別れを告げられたなら、一度だけ想いを告げて祈りましょう。

それが上手な幕の下ろし方であり、一縷の望みをつなぐ道・・・なのです。


人は何かを得るには、必ず何かを失っています。


やってきた別れ・・・。
それはさらに大きな幸せを得るために巡ってきた試練なのです。


生まれてきたから出逢いがある。
生きていくから別れがある。


僕は、そう思うのです。

   
別れをプラス志向で乗り越えろ!  I seem to have matured as a result of
                   that experience.
 ・・・成長しただろ?
written by Martin 2002.03.19



   恋愛教室のプレミアムバージョン、
       「マーチン先生の恋愛教室PREMIUM」も好評配信中!

  − まぐまぐ有料メルマガ 恋愛・結婚カテゴリ 常時TOP3入り−

    < 恋愛教室PREMIUM、ご案内・お申し込みはこちら! >




講義一覧に戻る | マーチン先生の恋愛教室TOPに戻る