マーチン先生の恋愛教室

恋の天敵

「 恋の段階と天敵 」
「 ○○期の天敵 」
「 最大の敵は・・・?!」

    何をするにも邪魔な「敵」が存在します。
多くの場合それは「他人」と思いがちですが、あながちそうとも言い切れないものです。恋の敵とは・・・?!その対処方法は・・・?そんな「恋の天敵」を考えていきましょう。

▼ 恋の段階と天敵 
恋には「告白期、成立期、安定期」の3段階があります。そして、それぞれの場合においてあなたを妨害する「天敵」が存在します。代表的なものは・・・

・告白期 → マイナス思考
・成立期 → 相手との相性
・安定期 → 日々の生活

といった具合です。
では、それぞれを具体的にみていきましょう。

▼ 告白期の天敵 ▼
告白期には、「あの人は私のことをどう思っているのだろう」などと「相手の気持ちはどうなのか」を考えてしまいます。考えても決して解決できる問題ではないのですが考えてしまう。その原因は・・・そう!あなたのマイナス思考なのです。

恋愛上手への足がかりは、ココにポイントがあります。

つまりスタートが切れない人は、いつまでも恋の入り口から中に入ることができないのです。あなたに両想いの経験がない、又は少ないならば、あなたの天敵はマイナス思考と言い切って良いでしょう。

スタートを切る為にしなければならないこと・・・。それは「自分の気持ちを伝えること」です。こういうと「告白」と思いがちですが、僕は敢えて告白は勧めません。要は気持ちが伝わればいいのです。

ではどうするのか?
相手が学校の友人や会社の同僚の場合は、「サインを送ること」が一番の方法でしょう。具体的には、「え?!」と思わせることを言うのです。

「私、○○君みたいな明るい人が好きなんだよね!」

「好き」、「私のタイプ」、「かっこいいね」、「かわいいね」・・・。
こういった単語を言えるようになると、上手にサインが送れるようになります。ちなみに、この中で一番効果的なのは「好き」という単語です。

あと多い例で、「ハッキリしない関係の二人」の場合。
そんな二人には必ず「いい雰囲気の時」があります。その時に・・・

キスしてしまいましょう。

これは・・・効きます。

恋とは不思議なもので、自分に好意を持つ人がいるとわかった時点で、自分も相手のことを意識するようになります。その後は、悪くない確率で気持ちはプラス方向に動きます。つまり・・・

「気持ちを伝え、相手に自分のことを考えさせる」

ことがポイントなのです。
恋する気持ちとは、「側にいない人のことを考える気持ち」と言い換えることもできますからね。

恋人から電話がかかってくると何故嬉しいか?
それは、「電話をかける時、あの人があたしのことを考えているから」なのですよ。


▼ 成立期の天敵 ▼
「相手との相性」といってしまうと誤解があるかもしれません。これは決して「相手次第」といっているわけではないのです。

一般的に「相性=先天的なもの」と捉えがちです。しかし、肌の相性も性格的な相性もそうではありません。相性とは後天的なもので「価値観がどれだけ同じか」を測って言っているに過ぎないのです。

「酢豚に入っているパイナップルが許せない」
「映画を見て吹き出すシーンや、思い出の場面が同じ」
「わだかまりを捨てきった、感じるセックスができる」

こういう時に「相性がいい」と言います。
価値観とは生きていく中で培っていくものです。そして映画や音楽、絵を見て感動するのは「感性」だといいますが、感性も磨きをかけなければ感じる力はありません。そういう意味でやはり後天的なものといえるでしょう。

セックスもそうです。
「この人とのセックスは心地よい」と思っていても、別の人とのセックスで「え?!すごい!」と思うことがあります。こう思ったが最後、その後はたとえ以前の人とセックスをしても、心地よいと感じることはないのです。そして、これまでのセックスとは全く違ったスタイルになっていきます。こう考えると肌の相性すらも後天的なもの・・・と言えるでしょう。

そしてもう一つ。
色々な価値観を持つにつれて「異なる価値観の人」に多く出逢うようになります。ここで大切なこと、それは・・・

「感性を磨き価値観を高める為には、異なる価値観を受け入れることが大切な役目を果たす」

ということなのです。

究極論、いくら相性がいい相手と出逢っても100%同じ人はいません。つまり、あなたが「異なる価値観をどれだけ受け入れられるか」が付き合っていく中で問題になるのです。これが成立期の天敵・・・「相性」です。

異なる価値観を受け入れることができれば、あなたは恋人を得ると同時に、他の大事なもの・・・も得ていることでしょう。


▼ 安定期の天敵 ▼
日々の生活。それは「過去からの束縛。現在の不満。そして未来への不安」です。人間は機械ではありません。だから毎日同じように、あるいは昔と同じように振る舞うことはできません。気分が落ち込む日もあれば、他の人が気になることもあるのです。

そんな時に、不安や不満を相手にぶつけてはいませんか?

勿論、気持ちをぶつけることが大事な時だってあります。しかし、日々の生活ではそっとしておくことも大事なのです。今日元気がなくとも、ごはんを食べて眠れば明日は元気になっているものです。

過去からの束縛・・・。
「昔はもっと優しかった」
「昔はもっといろいろ遊びに行った」

あなたは、こんなことを相手に言われていい気持ちがしますか?これを聞いて「よし、優しくしよう」「遊びに行こう」と思う人はいません。それより自分自身を振り返ってみましょう。原因はあなた自身にあるのかもしれないのです。

現在の不満・・・。
「仕事が忙しくて逢えない。お金がない。お互いの家が遠い・・・」
そんなことを理由にして、いい恋ができるわけがないのです。

大した恋じゃないから、仕事を優先するのです。1ヶ月まるまる仕事で逢えないはずはないのです。抱き合ってキスするのにお金は1円もいりません。距離が遠ければお互いが出向けばいいのです。全ては今の不満を正当化するための理由なのです。

そして未来への不安。
「このまま付き合って、将来どうなるのかな?」
適齢期・・・、特に女性に多い不安です。将来は「どうなる」ものではなく、あなた自身が「どうする」ものです。

現在は過去に勝てませんが、過去は未来にはかないません。一番強いのは、これからのあなたにある「未来」なのです。

不安に負けないで、楽しい今日を過ごしましょう。
そして、待ち遠しい未来を描いた人が、恋の・・・そして人生の勝者なのです。

▼ 最大の敵は・・・?! ▼
もうお分かりでしょうか?そう、最大の敵は・・・

「あなた自身」です。

マイナス思考、相性、日々の生活。どれをとっても最終的には「あなたの不満や不安との戦い」であることに気が付いたでしょうか・・・?

この「最大の敵」と戦えない人は、恋のスタートがきれません。
耐えられない人は、一人の人と長く付き合うことができないのです。

心当たりのある人は、まず戦うことから始めてください。戦わない限り、あなた自身がどんどん弱くなってしまいます。そして戦っていけば、だんだん勝てるようになっていきます。

しかしあなたが強くなれば、その分目標や夢・・・未来が大きくなるので、この敵も強くなっていきます。しかし、その強くなった敵と戦う事で、再びあなた自身が成長していくのです。

そんな敵・・・手ごわくなっていく自分自身と戦い続けていくことで、男も女も魅力的になっていくのではないでしょうか?

   

 There is no one anywhere who is a match for us.
 向かうところ敵なしよ!
written by Martin 2001.05.09



   恋愛教室のプレミアムバージョン、
       「マーチン先生の恋愛教室PREMIUM」も好評配信中!

  − まぐまぐ有料メルマガ 恋愛・結婚カテゴリ 常時TOP3入り−

    < 恋愛教室PREMIUM、ご案内・お申し込みはこちら! >




講義一覧に戻る | マーチン先生の恋愛教室TOPに戻る