マーチン先生の恋愛教室

エッチが支える大事なコトとは?

彼氏彼女とは?
エッチしないとわかり合えない?
私はどうなるんですか〜!

    恋愛における永遠のテーマはいくつかあります。
みなさんは、エッチをどの程度重要に考えていますか?

今日は「エッチが大事だ!」と言い張る、僕の根拠なるものをお話したいと思います。

▼ 彼氏彼女とは? 
マーチン流、彼氏彼女の定義。それは・・・「裸で抱き合っても続く関係」。

おおっと、いきなりっ!て感じでしょうね。だって終わる人は素晴らしくあっさり終わりますから・・・。

お話しかしない友達関係というものは、多少嫌なヤツと思っても、続けようと思えばそれなりに続けられます。しかし、エッチして嫌だったら絶対続けられません。

しかし、僕がこれを語ると必ずこんな意見が出ます。

「エッチが全てじゃないし・・・」

その通りです。エッチが全てではありません。しかし、一部分であることは間違いありませんし、「これが恋愛の全てだ!」というものも何もないのです。

それを踏まえて敢えて言います。
「男女、殆どの部分が、それによって支えられている」と。

▼ エッチで何がわかる? ▼
常日ごろ「わからない」「もやもやしている」ところがスッキリします。
いわば男と女を上手くリンクさせる部分・・・そんなイメージです。

「あいつは俺の事を本当に好きなんだろうか?」
自然とわかります、伝わってきます。

「今の不安な気持ち。いつ話したらいいんだろう?」
自然と話せる時間が生まれます。言い忘れましたが僕が言うエッチとは、そのものだけを指しません。むしろ重点は「いちゃいちゃ&ピロートーク」にあります。

いちゃいちゃは「スキンシップ・コミュニケーション」と呼ばれ、コミュニケーション方法のひとつとして確立されています。人間はコミュニケーションの殆どを言葉で賄っていまが、言葉では伝えきれないモノは確実に存在するのです。言葉で全てを賄えるのであれば「手紙=文字」で全ての気持ちを他人に伝えることができる・・・という話になります。

それは無理ですよね?

▼ エッチしないとわかり合えない? ▼
言葉では表現しづらいモノが「スキンシップ・コミュニケーション」の得意分野なのです。それは「気持ちを伝えること」が殆どです。自分の気持ちを出すことは、誰もが難しいとするところ。それを補ってくれるのです。

先程「男女、殆どの部分がそれによって支えられている」と言ったのは、こういう事なのです。

お互いの気持ちの上に、さまざまな行動がのっている。その気持ちを支えるのがスキンシップ・コミュニケーションなのではないか?と言うことです。

エッチをすれば、彼氏彼女と言っているのではありません。
彼氏彼女の必要条件として、エッチがあるということです。

俗語になりますが「夫婦と障子は、はめれば直る」と言う言葉があります。ギクシャクした時、つまり気持ちを素直に出せない時程、エッチは有効だという昔からの言い伝え・・・なのです。

▼ 私はどうなるんですか〜! ▼
まだ未経験の方へ。
僕は自分が見たり経験したりしてきた「僕の恋愛」という枠でお話をしています。この枠は、ずっと変化してきました。そして5年、10年経てばまた変わっていくかもしれません。まだまだ広がり、枠の形も変わるかもしれません。

僕にも未経験の時代はあったのです。
他のみんなもそうなのです。だから「私はまだ」という人は、「いろいろ考えた、その意見」でいいのです。

焦らないでください。
手も握らずにお話して、それでもドキドキして、家に帰ったら幸せな気分が押し寄せてくる・・・。それでいいのです。いつかあなたの「恋愛の枠」が広がった時に、もう一度考えてみて下さい。

すると、納得してもらえるかもしれません。

それでも、納得できなかったら「枠の形が変わった時」、もう一度だけ考えてみて下さい。今度こそ納得行く部分があるかもしれません。

それでも納得できなかったら・・・?
「こういうヤツもいるんだな」と思って下さい。そして「マーチンに対抗!○○の恋愛論」なんて教えてください。僕もまだまだ勉強すること、たくさんありますから・・・。

男女のことは永遠の課題だから、ずっと勉強しなきゃ!・・・なのです。

   
いっぱいHしてますか・・? やだ私、凄いこと言ってる?!
 エッチは大事なことなんだからね!
 It's important to have sex!
written by Martin 2000.10.31



   恋愛教室のプレミアムバージョン、
       「マーチン先生の恋愛教室PREMIUM」も好評配信中!

  − まぐまぐ有料メルマガ 恋愛・結婚カテゴリ 常時TOP3入り−

    < 恋愛教室PREMIUM、ご案内・お申し込みはこちら! >




講義一覧に戻る | マーチン先生の恋愛教室TOPに戻る