マーチン先生の恋愛教室

愛は見返りがないと続かない?

愛とは無償の行為である
私、いつまでも待ってるから
それって・・・ホ・ン・ト??

    あなたも一度は聞いた事があるでしょう?

愛とは無償の行為である。

賛成ですか?反対ですか??
まず考えてみて下さい。ご自分の意見が固まった方は、Let's Read!!

▼ 愛とは無償の行為である 
僕は反対派です。マーチン論、これはウソなのです。
確かに愛には見返りを求めていないように思える場合もあります。
しかしそれは・・・

1.その時その場での見返りを求めていない場合
2.愛を与えていたいとき

なのです。
2.は解り易く言えば「自分の為に行動している」のです。

これは違った例でよく見掛けます。
親兄弟が「勉強しなさい!あなたの為を思って言ってるのよ」というアレです。確かにあなたのため・・・という意見は否定しませんが、「ウチのコは勉強しないで大丈夫なのかしら、不安だわ」という「不安を解消するための行動」という場合がほとんどなのです。

▼ 私、いつまでも待ってるから ▼
と僕に言って、待ってくれなかった人が何人もいました。
「あなたが私のこと見てくれるまで、私諦めない!」なんてかっこいいこと言っといて「ごめんなさい、やっぱり私には無理」なんて・・・。どうしたのか聞いてみると、決まって答えは同じです。

「好きな人ができた」

つまり、見返りがない人を、いつまでも見ている人はいないのです。

▼ 相手をしてくれない恋人 ▼
これが1.の例だといえます。

相手をしてくれない恋人を持った場合、無償の愛を与え続けることになります。暫くは「好きだからいいの!」と頑張れますが、与え続けるだけだと、徐々にパワーダウンしていきます。

そしてそれを見計らったように、男女問わず狼さんが登場するのです!この狼さんは決まってこう言います。

「私は、あなたの事を大切にするから」

▼ 諦める理由 ▼
待っている間は「遠い先にある、いつか叶うであろう自分の願い」がご褒美なのです。では、なぜ諦めるかと言うと「果たしてそこに辿り着けるのか?」という不安がまずひとつ。

そしてもうひとつ、傍で愛を与えてくれる人の存在が大きいと思います。この人は愛の見返り+安心を与えてくれるのです。

愛が継続していく為には、これらが必要だということでしょう。
+ときめき?というスパイスも欲しいですが、これはまたの機会に・・・。

▼ 見返りは求めた方がいい? ▼
マーチン論、見返りは求めた方がいいと思います。お互いが対等の立場で向かい合って行く為に必要ではないでしょうか?

多くの場合、恋愛は追う者と追われる者の、追いかけっこになります。真実に無償の愛を与え続けるのは、絶対に追いつけない追い駈けっこをしているようなものなのです。

誰も追うばかりじゃ疲れちゃいますよね・・・。

   
疲れちゃった羊さん。狼さん来ないかなぁ・・・?
 もう疲れたわ・・・。
 I'm tired out...
written by Martin 2000.10.09



   恋愛教室のプレミアムバージョン、
       「マーチン先生の恋愛教室PREMIUM」も好評配信中!

  − まぐまぐ有料メルマガ 恋愛・結婚カテゴリ 常時TOP3入り−

    < 恋愛教室PREMIUM、ご案内・お申し込みはこちら! >




講義一覧に戻る | マーチン先生の恋愛教室TOPに戻る